さくら好み日記

着物にまつわる日々の記録です。
*Kimono Diary*


テーマ:

小さくてきれいなもの好きなので、豆皿同様、ハンカチも素敵なものを見つけるとついつい買ってしまいます。


六本木ヒルズのハンカチ専門店、「CLASSICS the Small Luxury」で見つけました。




色はネイビー。数年前にネイビーがかなり流行りましたが、その名残りで紺の洋服もありますし、紺地の小紋もあるので買ってみました。


ハンカチの片面がレースになっているので、畳み方によって、またひざ掛け時にレースを楽しむことができます。


イニシャルのフォントも様々選べるので、ハンカチと相性の良さそうなものを選んでみました。





にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

暑い一日です。


春先からプライベートで様々なことが起こり、身体がだいぶこたえていたので、予定のない週末はひたすらゆっくりして体力温存(&仕事・・・)です。


先日、仕立てていた龍村の威毛の帯を引き取りました。




様々な地色で織られている威毛の帯。合わせやすいと言われているのは黒地だと思いますが、白地がいいとずっと思っていました。


色無地、千總の訪問着に合わせれば、着物がまた違った表情を見せてくれるかもしれないと楽しみにしています。


・・・でも正直な気持ちとしては、改めて手にしてみて、品格、風格、経験・・・すべてにおいてこれを自分が身につける資格があるのだろうか?と問いただされているような気がします。





にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


夏に習い事で大切な行事を控えているので、訪問着のコーディネートを考えました。


去年求めたぎをん齋藤さんの菊柄の縦絽の訪問着です。



盛夏の準礼装もいずれ必要になるはず、と思い、去年思い立って誂えた訪問着。用意しておいてよかったです。


涼しげなブルーの暈しと、流れるような縦のラインを作ってくれる菊の文様で、ひと目で気に入った着物です。


帯は川島の七宝の袋帯で。ぎをん齋藤さんのグレー地の袋帯を持ってきてもいいと思ったのですが、桔梗柄なので花&花になってしまうので、今回は着物を引き立てる七宝にしてみました。



レースの帯締めはだいぶ前に色違いで揃えていたものの、まだ出番がなかったものです。手持ちのものは小物でも何でも活かしてあげたいので、ようやくこの帯締めも使える組み合わせができて嬉しいです。


帯揚げはゑり萬の白とピンクの暈し。美しいキモノで、木村孝先生が同色で色味を抑えたコーディネートをおすすめされていましたが、そんなイメージで仕上げてみました。




先週末は、実家から菖蒲が届きました。田舎ではまだ旧暦で行事が行われています。家族で菖蒲湯を楽しみました。





にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

息子に浴衣を誂えることにしました。


息子には2歳から浴衣を用意しています。当時は一年に一回袖を通してくれるかどうか・・・という状態でしたが、身近に着物や浴衣がある生活をと思い、また肩上げ・腰上げをしている小さな浴衣が可愛らしく、2年に一度新しいものを買ってきました。


今年はようやく自分から「ゆかたが着たい」と言ってくれたので、一緒に選びに行きました。




仕立て上がりのものではなかなかいい柄が見つからず、反物から誂えることにしました。贅沢ですよね、竺仙の反物です。


柄は蜻蛉。前へ前へと進むことから、「勝ち虫」と呼ばれ、縁起のいい柄です。


涼しげな柄なので、ブルーの兵児帯を結んで。親子で花火でも観に行きます。





にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

袷の時期も終わりですね。


もう日差しも強いので、なるべくさわやかな組み合わせを心がけました。



着物も帯も黄色にし、帯締めに爽やかなブルーを持ってきました。写真ではよく分かりませんが、帯揚げはやはり黄色の飛び絞り。ブルーの飛び絞りもありかと思いますが、たぶん黄色のほうがすっきりするはず・・・


ケースバイケースだとは思いますが、帯締めと帯揚げは色を合わせない、という自分なりのルールを決めています。同じ色にすると、着姿の縦のラインが二箇所で分断されてしまうからです。もし色を合わせたい場合は、帯揚げの色を少し帯締めより薄めにするなどして、帯締めとのリンクを弱くします。


せっかくの着物姿・・・縦の美しいラインを保ちたいなぁと思います。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


モダンなホテルでのパーティーでは、新緑をイメージした組み合わせで。着物は単衣です。


着物は神坂雪佳の百花文様型友禅染の小紋で。こちらは着物が総柄なので、帯締めはすっきり同系色が合います。



千總の本によると、昭和10年頃の同じ柄の小紋の裂地が残っているようですが、色をたくさん使った華やかな裂地です。今は色味を抑えるのが主流なのかもしれないですね。


袷の着物は、だいたい悉皆に出してしまいました。


これから短い単衣の季節。夏衣は着物を好きな方は大好きなはず。涼しい顔で夏衣をまとい、暑い夏を乗り切れるといいですね(^-^)





にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)