素直になる、優しくなる

テーマ:

自分に素直になるって簡単なようで難しい。

人に優しくするのも、身近な人になればなるほど難しい。

本当はもっと優しくして、甘えたいのに、なんだか自分ばっかりとか

そんなにしたら相手がつけあがるとか(付け上がらないかもしれないのに)

そんな思いが邪魔をしたりする。

 

そして、「察して欲しい」「優しくして欲しい」「かまって欲しい」

という自分の欲望にだけは大いに目がいってしまう事も多い。

 

だって、「・・・してくれないのに」「私だって・・・」

そんな言葉ばかりが頭の中に出てきてしまい

素直に甘えたり、優しくする事を邪魔してしまったりする。

 

でも、その結果、相手は嫌になるよね。

当たり前。

 

自分の苦労も、ストレスも言わずに分かってもらおうなんてそんな

うまくは行かない。

そのストレスをただ不機嫌という形で表現しても何も伝わらないというか

嫌な印象しか伝わらない。

本当は違うんだ。なんて心の中で思ったってそんなの意味がない。

 

他人には簡単に優しく出来たりする。

それって、他人という距離が自分をいい人に見せようとする見栄とかが

あったりするのだろう。

でも、自分の家族や恋人にもそれが出来ているか。

なぜ、他人ばかりにいい顔を見せてしまうのか。

 

確かに日々そこにいる人に他人のような距離感を持って接するのは難しい。

ついついストレスや自分のイライラで相手に冷たくしてしまったりする。

それもたまになら許されるかもしれない。

でも、ベースにちゃんと優しさと愛情を持っていないとね。

持っているのなら、それをしっかり見せて行かないとね。

 

察してもらおう、やってもらおうではなく、ちゃんと話さないとね。

そして、やってもらいたいなら、自分が先にやらないと。

やってもらえるのは当たり前じゃない。

やってもらえる事に感謝しないとね。

だって、自分だって感謝してもらいたいから、意地はっちゃったりしてるんだから。

 

自分の事ばかりにならずに

自分の気持ちに素直になって

それをパートナーと分かち合ってお互いに優しい気持ちを持てるように

歩み寄って行かないとね。

 

何をしてもいい関係なんてどんな関係でも無い。

いつもいつも最高にいい人ではいられないかもしれない。

でも、愛情と優しさは忘れてはいけないよね。

 

 

AD

後悔先に立たず

テーマ:

自分がしてきた事が原因で起こる不幸に対して

人はなかなか立ち直れない。

 

なんであの時もっと素直になれなかったんだろう。

なんであの時あんな事をしたんだろう。

 

不本意だろうが、

心の中は違っていようが

相手が受けた印象は最悪。

相手が受け取った事実は最悪。

 

そして、その結果が今。

 

自分のせいだと思うからこそ

余計辛いもの。

相手を責められたり、

相手が最低である方が少しは楽だと思う。

 

 

AD

考えさせられた・・・

テーマ:
今日、朝からとても悲しいニュースで目が覚めました。
お友達からKちゃんが亡くなったとの連絡。


以前から癌で闘病されていた事はなんとなくしっていました。
本人のたっての希望でお見舞いは行かなかった。
私も抗がん剤の副作用などがあるかもしれないし、
見られたく無いという女心を尊重しお見舞いには行かなかった。

また元気な姿に会えると信じてたから。

彼女が時々SNSに投稿するものを見ては安心し
応援し、祈っていた。

すごく素敵な女性だった。
あるチームが一緒だった時彼女がリーダを引き受けてくれ
ワガママな人がたくさんいるそのチームで彼女はとてもうまくリーダーシップを取っていた。
厳しく怒るわけでもなく、威張るわけでもない。
でも、しっかりと自身の意見は述べて、最後までみんなに付き合い寄り添ってくれた。
カオスとはこの事、というくらいみんながめちゃくちゃなのに、
冷静に対処していた。
そして、みんながイライラしたり、怒ったりしている中でも彼女は
声を荒げる事なく、立ち振る舞っていた。

笑顔がかわいく、旦那様が大好きで
そんな二人の可愛らしい姿を見る事もとても微笑ましかった。

本当に心優しい人なんだとすぐにわかった。

そして、彼女はまだ若かった。

すごく寂しくて、朝から涙が出ます。
もう帰ってこないし、時間も戻らない。
そして、この事は現実であり、夢では無い。

誰もがいつかは人生が終わる。
誰だっていつかは死ぬ。

でも、今じゃなくってもいいじゃん。
そう子供みたいな気持ちが止まらない。

今日は彼女のご冥福をお祈りして1日を過ごし
人生、健康、幸せについて考えたいと思います。

皆さんもせっかく生きている人生
せっかくだから楽しくすごしましょう。
彼女はいつも笑顔でした。常に楽しそうに振舞ってました。

four-heart-clover 荻 尚子
AD