• 20 Aug
    • 17歳

      picoさん よりご指名賜りました。17歳のときに自分はどんな人間だったか、とうい企画ですが 「17歳」といえば南沙織さん! 最近は森高千里さんのカバーの方が有名かな。 でも私にとって「17歳」といえば岩崎宏美さんの「センチメンタル」なんです。 岩崎宏美 ベスト・セレクション とまあ、前書きはこのくらいで Q1 17歳のとき何をしてた? 何をしてたんでしょうか? もはや四半世紀昔のことですから。。。 この記事を書くために一所懸命思い出しているのですが。。。 私は4月生まれなんで17歳といえば高校2年生。 私の中では人生の通過点にしか過ぎない。むしろ中学、大学時代の方が印象深いんですが。。。 そういえば 山岸涼子さんの『日出処の天子』にハマって「LaLa」を買い出したのがこの頃。 山岸 凉子 日出処の天子 全7巻 別の高校に行った友人(♂)と月2~3回の割合で文通をしていて、宮崎駿(コナン、クラリスの頃でナウシカの前)、ガンダム、太宰治、三島由紀夫について語ってました。 オタクだったんですね~。オタクという言葉はまだなかったですが。 ラナとクラリスではどっちがいいか、とか、そういったキャラの絵を描いて互いに送りあったりしてました。家はちょっと遠めだったので3月に2回会う程度でしたけど。 あとは。 星を見てましたね。うちは郊外だったんで割りと空がきれいなんです。 『天文ガイド』買って読んでました。で、天文ファンだということがわかって久保田早紀さんのファンになったのがやはりこの頃かな。 Q2 17歳のとき何を考えてた? 行っていた高校ががちがちの管理教育。月一度の頭髪指導に毎朝の鞄の厚さチェックなど。一刻も早く大学生になってこの学校をおさらばしたいと思ってました。 学校はいやでしたけど学生生活は楽しかったですよ。 後は少女漫画家か小説家になりたいと思ってました。 太宰治にはまっていたんで文体も似てきちゃいましたね。 ともかく模倣はわりと得意で、クラスメートの作文の課題を代筆して小遣い稼ぎをしたこともありました。 1回50円だったけど。。。   Q3 17歳のイベントといえば?  ・長良川で縄文土器を焼いた。 夏休みの自由課題にうってつけ、と友人を誘って二人で参加したのだけれど、私たち以外は皆小学生だったのには参りました。 まず縄文土器の作り方をレクチャーされ、その場で作ります。 次に10日ほど保管され、乾いた土器を川辺で焼きました。 都合2回、岐阜まで行ったのですが、私の土器は割れちゃいました。。。 ・一人で岡山へ行き、祖母の家に泊まる 岡山市内から20キロほど離れた所にある農家でした。 初日は祖母にいろいろな観光スポットに連れられました。 タクシーの運転手さんがおばさんだったことと、吉備津神社で 「お前、色男やなあ。うちの娘の婿にならんか」 と酔っ払いに言われたことが思い出です。 翌日以降は単独行動であちこちふらふら。自転車で岡山駅まで行きました。途中で雨が降って夏なのに寒かった。。。 その時買った本↓ マンリー・W・ウェルマン, ウェイド・ウェルマン, 深町 真理子 シャーロック・ホームズの宇宙戦争 Q4 17歳でやり残したことは? ないですね~。21でやり残したことはあるのですけれど。 可もなく、不可もない、おとなしい時期でした。    Q5 17歳に戻れたら何をする? 自分が17歳の頃、というのならそれほど未練はないス。 17歳の肉体に戻れるのなら話は別。 もう一度勉強したいなあ。いや、本当。学校出るとかえって勉強したくなりません? 勉強ってものすごい時間とお金とエネルギーを費やすものなんですよねえ。 もちろん社会人になってからも勉強できるし、そうされている方もたくさんいます。もう尊敬しちゃいます。 ですが17歳の肉体と頭脳、これはもう手に入らない。あの頃はまだ頭も体もしなやかだったと思う。 若い頭脳が欲しい~~! ドクターK、何とかしてくれ~~。 年を重ねて経験が増した頭脳もまた、いいんですけどね。。。     Q6 17歳に戻っていただく人は? ハリーさん! 名古屋に戻っていただいたついでに17歳にもどりませんか?

      8
      テーマ:
  • 17 Aug
    • ミッチ・アルボム 『天国の五人』

      「終わり」から始まるステキな物語 高校生向け課題図書 ミッチ・アルボム, 小田島 則子, 小田島 恒志 天国の五人 高校生の頃、ボクはかなり傲慢な人間でした。 平凡な人生を送ることをよしとせず、 「結婚して自分の血統を残すなんてまっぴら。 生涯孤独で、自分の作品を世に残したい」 とひそかに願っておりました。 高校時代、ボクははじめての挫折を味わいました。 希望する高校に進学することがかなわず、 それまで上位をキープしていた成績も下降するようになりました。 「ボクは本来ここにいる人間ではない。 ボクの居場所はもっと別のところにある」 と考えることもありました。 まあ、ここまで極端でなくても、思春期は自意識が高くなっている時期。 平凡を嫌い、高みを目指し、現状を脱出したかった人もいるのでは。 皆さんはいかがでしたでしょうか。 さて現在のボクは多くのことにチャレンジし、勝ち取ったり敗れたりあきらめたりして 平凡な人生を送っております。今流行の「負け組み」ですか? ところが 平凡な人生を送るのって思ったよりエネルギーが要るんですよ。 この作品の主人公エディも、戦争という特殊体験を挟んでの結果ではありますが、 若き日の夢破れ、望まない人生を送り、そして物語冒頭に事故に遭って死んでしまいます。 その死は英雄的でありましたけれども、やがては人に忘れ去られてゆく存在でした。 妻に先立たれ、子どももなく、80過ぎの老人エディは死にました。 そしてここから物語が始まるんです。 エディは天国(?)へ行き、5人の人物に出会います。これがタイトルのいわれですね。 その5人とはエディの人生になんらかのつながりがある人たち。。。 とこう聞くと、 「父母、妻、兄弟や友人だろうな」 なんて考えちゃいますがさにあらず。 奥さんは出てきますが中にはエディにすら 「一体誰?」 という人物も。 「なぜこの人が彼を待ち受けているのだろう」 読者もエディとともに考えてしまいます。 彼ら5人との出会いを通じてエディは成長してゆきます。 そう、80を過ぎ、事故で死んでしまった主人公が、です。 なんともユニークな設定でありますが、それを奇異に感じさせない展開は見事。 戦争で負傷し、自分の望まなかった人生を歩み、 自分は不幸だと感じて死んだエディ。 そんな彼が自分の人生の別の側面を見つめ、別の真実を知り、 そしてやがてくる誰かの為に天国で待つ存在となります。 ボクたちは若い頃(年老いても、ですが)様々なことを夢見、チャレンジし、 時には夢破れ 時には望まない生活を送る場合もあります。 夢を見ることは決して悪いことではないし、 成功を勝ち取ることはすばらしいことでしょう。 でも誰もがサクセスストーリーを歩めるわけではなく 一種の諦念の中で安らかな暮しを送る人もいる。 「勝ち組」「負け組」なんて簡単な二分法がいかに愚かなものか。 この本が高校生むけの課題図書となったいきさつはわかりませぬが、納得はできます。 もちろん高校生諸君にエディのような人生もいいよ、などと諭すつもりはありません。 しかし人生の明るい側面ばかりを夢見、勝利者になることばかりを奨励されている状況にある人には、 読んでいただけたら嬉しいなと思います。 ボクの天国には誰が待っているんだろう。。。

      8
      テーマ:
  • 14 Aug
    • 山野車輪 『マンガ嫌韓流』

      もう少し配慮して欲しかったなあ 山野 車輪 マンガ嫌韓流 本日は急遽予定を変更しまして。 昨日やっと手にいれたこの本のことを書きます。 「マンガ」とありますので、もう一つのブログに載せるべきか迷ったのですが、 「向こうとこっちで同じ記事を載せちゃえ!」 と開き直っております。 さて。韓流。 マスコミや教育界(教科書では歴史、地理だけでなく国語や英語でも韓国を好意的に取り上げています)では盛んに日韓友好を詠っておりますがその実態はどうか。 翻ってネット上では、私もびっくりしましたが反韓意識が高くなっている。 このギャップはどこから来るのでしょうか。 一体どちらが本当なのでしょうかね。 この本はそんなギャップにうろたえてしまっている、私たち20~30代(私は40ですが)向けの入門書、といった所でしょうか。 戦後補償問題、在日韓国・朝鮮人問題、竹島問題 などよく知られた(そのくせ、内容はほとんど知られていない)問題から 韓国による日本文化の剽窃といった、ほとんど知られていない問題まで扱っております。 いかんせん漫画という制約上、それぞれのトピックスに対して深く記述がなされていないのがやや物足りないですが、 「日韓友好」 を信じ、「韓流ブーム」に乗っかっている人に対しては充分でしょうね。 内容に関してはこの本を読んでいただいて、ご自分でもっと調べてみるのがよいでしょう。この本はそういった話題提供、あるいは調査の入り口。 非常に残念なことが一つあります。 それは韓国人の描写。 表紙を見てお分かりのように、わりと現代風の絵柄なんですが、韓国人だけが皆、 ・頬骨が出て ・釣り目 というワンパタンな描かれ方がされています。 これがこの漫画の品位を落としている。せっかくまじめに問題に取り組もうとしているのに、絵で韓国人を揶揄してどうするのでしょうか。 残念です。

      10
      テーマ:
  • 08 Aug
    • 渡辺益好, 鈴木政浩 『萌える英単語もえたん』

      勉強へのアプローチ、モチベーションのあげ方は様々ですね 渡辺 益好, 鈴木 政浩 萌える英単語もえたん 萌ゆ【もゆ】   芽吹く、発芽する    →古語 萌え【もえ】 (1)マンガ・アニメ・ゲームの少女キャラなどに,疑似恋愛的な好意を抱く様子。特に「おたく好み」の要素(猫耳・巫女(みこ)などの外見,ドジ・強気などの性格,幼馴染み・妹などの状況)への好意や,それを有するキャラクターへの好意をさす。対象への到達がかなわぬニュアンスもある。 〔語源は,アニメ作品のヒロイン名とする説,「燃える」の誤変換とする説など,諸説ある〕                                       三省堂提供「デイリー 新語辞典」より 「萌え」という言葉が定着してから久しいですが、用法が限定されているのがもったいないですね。 「芽吹く」という古語からすれば「ほのかな、それでいて力強さを秘めた想い」「フレッシュな想い」とも解釈できるのですが。もっともっと使える言葉だと思うのですよ。だから 「萌え~」 などと冗談めかして使うだけでなく(これは多分使う方たちの照れや自虐があると思うんですが)、「萌える(ような)想い」とやってみては。「燃える想い」だと暑苦しく押し付けがましくもありますから。時には。 さてさて、夏休み真っ盛り。 受験生および受験生予備軍の方々は長期の休みを利用して英単語力アップに取り組んでいます。 例えば 一番人気、定番はこれ。 宮川 幸久 英単語ターゲット1900―大学入試出る順 また、これも人気が高いです。 風早 寛 速読英単語 1 必修編 増訂第2版 (1) 私たちの世代に懐かしいのがこれ。 森 一郎 試験にでる英単語―耳から覚える 赤尾 好夫 英語基本単語集(豆単) 9訂版 それぞれ「シケタン(あるいはデルタン)」、「マメタン」なんて呼び習わしてました。 そしてついに出た。「もえたん」。 いつかこんなのが出るとは思ってました。表紙は見ての通り、その手の人々にはたまらない絵柄。 さらに、活字なども一昔前の女子高生が使っていた「丸字」(?)です。 内容や例文などもそれらの人向け。 では肝心の単語集としては。。。 基本的なものが無難に集められてます。受験生向けではなく、英語の苦手な、そちらの方々向けでしょうか。 いまや男女問わず、「おたく」の購買力は強く、市場も拡大しております。 これはあきらかにそれを狙った本ですね。 持っているだけでいろいろな意味で注目されるでしょう。 しかし、勉強へのアプローチはその人その人でバラエティに富んでいて結構。 かくいう私も高校時代、少しエッチな本を英語で読みました。 とある英語教師を中心に、3名ほどのグループで読んだのですけれどもね。皆、ものすごい意欲的でしたよ。 ですから「もえたん」、大いに結構。 入り口は何でもいいんです。 (あ、でも、明らかに反社会的なものはダメだよ) 続編(上級編?)も出ました moetan 2 (上) moetan 2 (下)

      8
      テーマ:
  • 07 Aug
    • 幕末編  青松葉事件

      佐幕派が幼君義宜(よしのり=16代藩主。当時10歳)を奪って江戸に下り、 旧幕軍に合流して京都に上ろうと企んでいる。 直ちに名古屋に帰城し、不心得者どもを鎮圧して欲しい。 慶応4年1月(1868年)、当時新政府議定(ぎじょう)として京都にいた元尾張藩主徳川慶勝(とくがわ・よしかつ)の元に、名古屋から密使が到着。驚愕の事実を伝えました。 驚いた慶勝は直ちに在京の家臣たちを収集し、話し合いをします。そして1月12日、岩倉具視(いわくら・ともみ。新政府参与。倒幕派公卿の中心人物)にこの事実を説明しました。1月15日、慶勝は京都を出立。1月20日名古屋に着くや直ちに御前会議を開き、同日夕刻重臣3名を 「朝命によって死を賜うものなり」 (朝廷の命令によって死を与える) と何の理由も説明せずに斬首しました。 1月20日処刑された3重臣  渡辺新左衛門在綱     御年寄列 2500石  榊原堪解由正帰      大御番頭 1500石  石川内蔵允照英      大御番頭格 1500石 また、翌日より25日にかけて次の11名を斬首。 冢田愨四郎有志   安井長十郎秀親   寺尾竹四郎基之   馬場市右衛門信広   武野新左衛門信邦   成瀬加兵衛正順   横井孫右衛門時足   沢井小左衛門貞増 横井右近時保   松原新七直富     林紋三郎信政 その理由はいずれも 「年来姦曲の処置があったので(以前より悪い行いがあったので)」、「年来志不正により(悪いたくらみがあったので)」 「朝命により死を賜う」というもので、先の3重臣同様、どのような「姦曲の処置」「志不正」があったのか、具体的なことがわかりません。 残された家族も家名断絶の憂き目に会い、自害した者までいます。 彼ら以外にも20名が隠居、謹慎などの処罰を受けました。 この尾張藩最大の粛正事件を青松葉事件といいます。 こうして慶勝は多くの血を流して藩内を勤皇に統一、東海の諸藩も雪崩をうって勤皇へと傾くのですが、この事件には大きな謎があります。 事件の真相は? それは次回!

      4
      テーマ:
  • 06 Aug
    • 幕末編 王政復古の大号令

      実はまだ続いております。幕末編。 久々の更新なんで私も忘れてしまいそう。 ちょっと整理してみます。 徳川慶勝(とくがわ・よしかつ) 幕末時の尾張徳川家のリーダー。勅許無しの通商条約締結に抗議したため安政の大獄で藩主の座を追われますが、桜田門外の変後政界に復帰。第一次長州征伐では総督をつとめ、西郷隆盛を参謀に任命。国内相争うの愚を避け、武力衝突を避け、温和な処分で済ませます。 彼は始終福井藩の松平春嶽(まつだいら・しゅんがく)と政治行動を共にしました。 高須四兄弟 尾張支藩高須松平家には尾張藩主となった慶勝をはじめ、幕末の政局で活躍した(あるいは時流に翻弄された)四人の兄弟が生まれました。 ←クリックすると拡大してご覧になれます 四兄弟の中、慶勝だけは幕府よりの立場をとらず、他の三人とは異なる道を歩んでゆきます。 王政復古の大号令 慶応3年10月14日(1867年)、15代将軍徳川慶喜(よしのぶ)は政権を朝廷に返上(大政奉還)。ここに頼朝以来700年続いた武家政治が終わりました。 もっとも慶喜の狙いは武力倒幕派の矛先をかわすことと、倒幕側の政権担当能力の低さを見越して、引き続き己が政務を取ることができると踏んだからです。つまり政権を返上し、一旦は諸侯(大名)と同じ立場になり、その諸侯代表として改めて政権を担う意思があったらしいのです。 事実、政権を支える官僚やシステムは幕府のそれが最も発達していました。明治維新後も新政府は幕府の「遺産」を大いに利用しました。 さて倒幕の密勅を下し、クーデタを画策していた朝廷は肩透かしを喰らいます。 そして慶応3年12月9日(1868年)、王政復古の大号令を出します。 大政奉還を受け、幕府を廃止。ですがここまで2ヶ月近くかかったことを思えば、慶喜の作戦がある程度成功しかけたことが分かるでしょう。 王政復古の大号令で廃止されたのは幕府だけではありません。摂政、関白といった朝廷の旧システムも廃止しました。そして新たに総裁・議定(ぎじょう)・参与の三職からなる新政府が発足しました。  総裁 有栖川宮熾仁(ありすがわのみや・たるひと)親王         →将軍家茂(いえもち)の正妻となった皇女和宮の婚約者だった人  議定 島津忠義(しまづ・ただよし=薩摩藩主。久光<ひさみつ>の子)      徳川慶勝(元尾張藩主)      浅野長勲(あさの・ながこと=広島藩主)      松平慶永(まつだいら・よしなが=春嶽。前福井藩主)      山内豊信(やまのうち・とよのぶ=容堂<ようどう>。前土佐藩主)      他、皇族・公卿ら5名  参与 岩倉具視(いわくら・ともみ)をはじめとする公卿5名、      議定である尾張藩、越前藩、薩摩藩、土佐藩、広島藩から藩士3名ずつ そして同日夜の小御所会議にて 徳川慶喜の辞官納地(内大臣の辞職と徳川領400万石の返上)問題 京都守護職松平容保(まつだいら・かたもり=会津藩主)・所司代松平定敬(まつだいら・さだたか=桑名藩主)の罷免問題が中心議題となりました。 大政奉還がなされ、新政府が発足したといえ、依然として旧幕府の勢力が強いこと、また守護職・所司代が統幕派から憎まれていたことが分かります。 事実新政府にはお金がないのですから、納地問題は避けられないことでした。 ところがこれに慶勝、春嶽、山内容堂らが反対をします。彼らにとって、大政奉還した慶喜は同じ大名。しかも慶勝、春嶽にとっては一族に当たります。 会議は紛糾しましたが、武力倒幕派が暗殺までほのめかしたことによって山内容堂が押し黙ってしまい、ついに慶喜の辞官納地が決まったそうです。 そしてそれを慶喜に伝えたのが慶勝、春嶽。今やこの二人が新政府にあって徳川家の代表となったのです。 このクーデターを知った旗本、会津・桑名・譜代諸侯は二条城に集まり、城内は大騒ぎになったそうです。ですがここで手を出したら「朝敵」として立場が悪くなります。 慶喜は自重し、京都を去って大坂へ。容保、定敬はもそれに従いました。 この後1ヶ月近く、京都大坂でにらみ合いが続きます。慶喜は大坂城に各国公使を招き、政権を奉還したが引き続き外交は「大君」である自分が行うことを伝えました。 旧幕府側が動かなければ武力倒幕のきっかけがつかめません。慶勝、春嶽は慶喜に自重を説き、また、慶喜に嫌われて当時江戸にいた勝海舟も老中に対して自重の大切さを訴えています。 倒幕派は執拗に挑発を繰り返します。 江戸城二の丸が炎上したり、江戸城下で強盗が相次ぐなど。これに激昂した旧幕臣たち。ついに小栗忠順(おぐり・ただまさ=上野介)の命により、庄内藩兵、松山藩兵らが三田の薩摩藩の江戸屋敷を襲撃して焼払います。これを聞いた西郷隆盛は狂喜したといいます。 この報はただちに大坂に届き、旧幕臣、会津・桑名藩士らの興奮が強まり、慶喜の手に負えなくなります。 そしてこれが鳥羽・伏見の戦いへと続くのです。 小栗は ・横須賀造船所建設 ・フランス語学校設立 ・鉄鉱山の開発 ・日本最初の株式会社組織「兵庫商社」を設立 ・金札発行など金融経済の立て直し など多くの功績があり、落ち目の幕府をよく支えた人です。明治政府の行った改革も、その多くは小栗が既に幕末に提唱したことです。西郷、大久保、勝に勝るとも劣らぬ傑物といえましょう。 しかし彼の命で行われた薩摩藩邸焼き討ちが幕府(旧幕府ですが)の命取りになったこと、何より内戦を引き起こしたことは事実です。また、彼らが行った最後の幕政改革の財源が、フランスからの借款を当てにしていたことを考えると、彼の頭には「徳川家」あっても「日本」はなかった、といえましょう。 勝は小栗を「視野が狭いのはあの人のためには惜しかった」と評しています。 話を戻しまして。 慶応四年1月3日(1868年)、鳥羽伏見の戦が起こり、戊辰戦争の幕が切って落とされました。鳥羽伏見の戦は、その緒戦で、旧幕軍の敗北。慶喜は1月8日、海路で江戸に向かいました。 これ以前1月7日、既に慶喜征討令が発せられて、慶勝の嫡子、義宜(よしのり=16代尾張藩主。当時10歳)が征討軍東海道先鋒に命じられました。 ところがこの時、名古屋城から在京の慶勝の元へ密使が到着しました。 国許(=名古屋)で佐幕派が幼君義宜を奪って江戸に下り、 旧幕軍に合流して京都に上ろうと企んでいる。 というのです。 ここに尾張藩最大の藩内騒動、青松葉事件の幕が切って落とされました。

      4
      テーマ:
  • 05 Aug
    • 中村浩志 『甦れ、ブッポウソウ』

      地道な調査の積み重ねとブッポウソウのかわいらしさが胸を打つ 中学生向け夏休み課題図書 中村 浩志 甦れ、ブッポウソウ 日本の国鳥はキジ。国花はサクラで国蝶はオオムラサキ。 各都道府県にも郷土を代表する木、花、鳥が決まっております。 (蝶あるいは虫は決められていないようですが) ボクの住んでいる愛知県では、県の木がハナノキ、花がカキツバタ、鳥はコノハズクです。 皆が住んでいる都道府県はどうですか? 調べてみると面白いでしょうね。 コノハズクは体長20cmほどの小さなフクロウで、本の主役ブッポウソウと大変関係が深い鳥です。 日本では弘法大師(こうぼうだいし=平安時代初期のお坊さん、空海の尊称)の昔から千年以上も両者が混同されていたのです。 「ブッポウソウ」とは「仏法僧」のことで、仏教で大事な三つの宝。その三宝を鳴き声とする鳥が日本にいる。夜になるとブッポウソウ、ブッポウソウと聞こえる。まさしく霊鳥だ、ありがたや。 で、昼間、声の鳴くところには色鮮やかな鳥がいる。まさに霊鳥にふさわしい美しさ。きっとこの鳥がブッポウソウと鳴くのだろう昼間は「ゲゲッ ゲゲッ」としか鳴かないが、夜になったらありがたい仏教の三宝をうたうのだろう。 とまあそう信じられていたんですね。長い間。 ところが本当はそうじゃあない、「ブッポウソウ」と鳴くのはコノハズクだということが昭和10年にわかりました。 それ以来コノハズクを「声のブッポウソウ」、ブッポウソウは「姿のブッポウソウ」ともいいます。 とまあ以上のことはだいたいどこの辞典にも載っている(この本にもくわしく書いてある)のでボクも知ってました。でもそれを 「なんでだろう?」 と疑問に思うことはありませんでした。 「昔は科学が未発達だったからなあ」 ですましてました。 「昔は未発達」「昔の人は物を知らない」 これはなんという傲慢な、偉そうな考え方でしょう。ボクのもっとも嫌うことです。でもそれを知らず知らずの間にやっていた。「なんでだろう」とついぞ思わずに今まで過ごしてました。 昔の人々、ゴメンナサイ。 ボクたちが人から聞いたり、学校でならったり、図鑑などで調べて(あるいは『トリビアの泉』で見て)得た知識っていうのは、実はたくさんの人々の地道な調査の結果わかったことが多い。 ブッポウソウのことだって、そうとわかるまでたくさんの人が調べてきた。何せ相手は野生動物なんだから、人間の都合なんか知ったことじゃあない。人間の方が彼らにあわせてずっと観察を続け、資料をまとめ、あれこれ考察するしかない。 この本を読んで一番強く胸に響いたのはそういった人々の努力。 著者の中村浩志さんは信州大学の鳥類学者。たくさんの野鳥の観察をして、その生態を調べてきたんだけど、このブッポウソウは中村さんとお弟子さんの田畑孝宏さん(現在は小学校の先生)が共同で調査して、知られざるこの鳥の様々な秘密を解き明かしています。 ブッポウソウの巣を見つけて以来、何年もの間地道な観察を行ったことが書かれています。森の中で1日15時間もずっと観察。すごいですね。日の出る前から日が沈むまでずっと巣を見てるんです。ご飯やトイレは親鳥が巣から離れたすきに素早く行う。 そんな苦労の観察結果を惜しげもなく本に書いてくれているなんて、すごいですよ。 もちろん、ブッポウソウの興味深い生態もあますところなく描かれています。 例えば 巣や巣の下に見かける奇妙な物。貝がらやアルミのプルリング(かんジュースの、飲み口の部分。今はプルトップといってかんをあけてもその部分は捨てないけど、昔はその部分が取れて、捨てるようになっていた)。なぜこんな物があるんだろう? これも地道な観察と内外の資料調査で解き明かされます。 その様子はまるで名探偵のよう。 ブッポウソウとの出会い、調査、判明する謎、と読んでいくうちに野鳥の世界にどんどん引き込まれていく構成になっています。 そしてなぜブッポウソウを保護することが大切なのか、どうして絶滅しかかっているのか、また他の野鳥の話、日本の野生動物の現状、と話は広がってゆきます。 これらの本は 「自然を大切にしよう、保護しよう」 というのがお決まりの主張。本当に大切だからこそ皆が言う「お決まり」になるんだけど、その最前線でがんばっている人の言葉だけに重みがあります。 学問としての調査だけでなく、保護に向けて役所や地域に働きかけたり、こういった本を書いて広く世間にうったえたり。「保護しよう」とただ叫ぶだけでなく、実際に動いている。 夏休み。海に、山に、自然に抱かれにいくときにこの本を持っていきたいですね。

      8
      テーマ:
  • 04 Aug
    • ★ああ、勘違い! 自己申告そっくり大会

      昨日に引き続きまたもやぐたさん に便乗して。 いやあ、ぐたさんの企画は面白いものばかりですもんね。★愛しき男たち ベスト5 の方も、いつか別の場所でやってみたいです。 ①あなたは自分では、誰に(何に)一番似ていると思いますか? ポット(写真は魔法瓶ですが)。一昔前の、注ぎ口が下についているタイプ。   ②似ていると思い込む根拠を正直に述べなさないよ。 シルエットが似ているんです。私はの鼻は大きく、鷲鼻なんで。といっても先端はとがってません。ぐっと丸みを帯びています。 ③あなたは誰に(何に)一番似ていると言われますか?  その理由は? ルイス・キャロルの『アリス』に出てくるマッド・ハッター(●●●帽子屋)。これも鼻が大きいから。一説にいっちゃってる目が、授業に夢中になっている私の目にそっくり、とも。その他、過去にダスティン・ホフマン、寺尾聡、究極超人アールに似ていると言われた事があります。   ④それに対してどう思いますか? おもしろいこと言うなあ。とか、なるほど、よく似ているなあ、とか。そんなにいやな気分じゃあないです。 ⑤ぶっちゃけ正直な話、あなたは誰に似ていたら嬉しいですか? お、俺は誰にも似てないぞ! 歌にもあるじゃあないですか、「ナンバーワンにならなくてもいい、もともとひとりのロンリーワン」 とかっこつけはやめにして、やはりこのお方ですよ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 星一徹!(c巨人の星) やはり漢(おとこ)でありたい!  ということでいかがでしょうか、ぐたさん!

      12
      テーマ:
  • 03 Aug
    • 鯨 統一郎 『タイムスリップ森鴎外』

      昭和史の謎、文壇の謎に、挑めモリリン! 鯨 統一郎 タイムスリップ森鴎外 鯨さんと言えば『邪馬台国はどこですか?』でデビュー。 奇想天外な歴史ミステリが面白い作家さんです。 歴史は論文や教養書、啓蒙書でなければ、つまり純粋なフィクションとして楽しむのであれば奇想天外なほど面白いというのが私のかねてからの考え。 いわゆる「トンデモ本」を楽しめるのも、作者の意図がどうあれ、フィクションとして、時にはコメディとして受けとめているからです。だから古代日本にキリストが来ていても、富士山麓に超古代文明があって、世界の中心だったと聞いても、古代朝鮮は東アジアのほとんどを支配し、天皇家は百済の末裔だと聞いても 「それあオモシロイ!」 と心から笑えるのです。 もちろん、鯨さんの著作はトンデモ本ではありませぬ。 奇想天外なユーモアを語りながら、きれいにオチが決まっている。これが読んでいて心地よいんですね。 そんな鯨さんの著作をふと思い出したのはぐたさんのこの記事 を読んで。 昔は自殺した文学者って多いですよねえ。自殺ではなくても若くしてなくなった方も。 それを 「なぜ?」 と考え、謎に挑んだ現代の探偵が一人。 その名は森林太郎。明治~大正期の文豪、森鷗外その人であります。 そう。森鴎外が現代にタイムスリップし、文壇の謎に挑んだメタミステリです。 1922年 渋谷町道玄坂 森鴎外は毒を盛られ殺されかけ、何者かに崖下へ突き落とされ 2002年 渋谷区道玄坂 森鴎外は現代日本に現れます。 突然の出来事にうろうろする鷗外を助けてくれたのがいわゆる「ヤンキー」女子高生。 彼女からモリリンという愛称をもらった鷗外が挑んだ謎。そして判明した意外な真相。 はたして鷗外が解き明かした昭和史の陰の姿とは? ゴメンナサイ。これ以上は書けませぬ。 いわゆるタイムスリップものはパラレルワールドものと同じく、彼我の常識のギャップに四苦八苦する主人公たちが笑えるのですが、それは著者に彼我の文化や世相の正しい知識があればこそ。 モリリン、もとい、鷗外がどれだけ本物っぽく描けているかが勝負です。 その点、この本には笑えました。いや、肯定の笑いです。 皆さんもモリリンと一緒に昭和史の謎に挑みませんか?

      4
      テーマ:
  • 02 Aug
    • 宮川 俊彦 『読書感想文おたすけブック―宮川俊彦の緊急特別授業 (2005年度版)』

      感想文嫌いをなくし、楽しく読書するために 宮川 俊彦 読書感想文おたすけブック―宮川俊彦の緊急特別授業 (2005年度版) 読書感想文。 自由研究と並んで夏休みの宿題の定番。しかも大人が手を貸すのが難しい宿題の定番であります。 私(塾教師)も毎年相談を受けています。 読書感想文さえなければもっと本を楽しんで読む子が増えるのに。。。 10年くらいまでの私はそう思っておりました。 が、子どもたちと直に触れるようになってからは考えが変わってきております。 感想文もテストや偏差値と同じ単なるアイテム。これを活かすも殺すも扱う教師や周りの大人次第だと。そして感想文を書く、というのはやはり教育上(人生経験として)重要なことなんだと。 この季節、書店に行くと感想文の書き方や自由研究の題材など様々な本が並んでいます。 今回ご紹介する宮川さんの本は実に使いやすい構成になっております。 小学校低学年、中学年、高学年の3つ、それぞれ10冊ずつの本を取り上げ、簡単な紹介(本の帯や裏表紙に書いてある程度)と読むときのポイントが書かれています。 例えば以前ご紹介した『アリからみると』でしたら、 ・アリから見たせかいは? ・きみがアリだったら? ・きみの目、アリの目 と小見出しがつけられて「こういう読み方もある」「考え方もある」ポイントが書かれています。 これが実にわかりやすく、 「読書感想文のために」といやいや読んだ本でも、宮川さんにポイントを指摘されると 「こんな風にも読めるんだ」 「こんな風には思わなかったなあ」 と気づかされることでしょう。 またはどんな本を読めばよいかわからないときのガイドとしてもよいかも。 また、各学年(低学年~高学年の3区分ですが)ごとに感想文を書くノウハウがコラムにまとめられていて、これを読むだけでもなかなかおもしろい。大人が読んでも子どもに対するアドバイスとしてだけでなく、自分たちが書く文章にも役に立つかも。 表紙でお分かりのように子供向けの本です。 しかも構成上、子供さん個々人が読むのは多くて全体の3分の1。 ブックガイドとして、感想文指南書としてこの値段(850円)が高いか安いかは微妙なところです。 大人でしたら立ち読みだけで内容は頭に入るでしょうが。。。 何人かのお子さんで共有するのがいいかもしれませんね。 あるいは塾、学校などで購入するのもいいかも。 宮川さんは本書でこう書かれています。 感想文で苦しむのは、もうやめにしよう! 感想文は楽しく書こう。 「やわらかあたま」で楽しく取り組んでほしい。 「感想文ぎらい」をなくせば、「本が好き!」って言える子が必ずふえる。本が好きな子、もっともっとふえてほしいな!            (本書3ページ「はじめに」より) 私の願いもまさしくこれです。 そして大人の皆さん、 子どもたちが一所懸命書いた感想文を誉めてあげてください! どんなつたない文書であれ、誉めてあげてください。 どうせ読むなら、書くなら、楽しくさせてあげたいですね。

      8
      テーマ:
  • 01 Aug
    • 佐々木 洋 『ぼくらはみんな生きている―都市動物観察記』

      しかも、肩を寄せ合って生きている! 佐々木 洋 ぼくらはみんな生きている―都市動物観察記 小学生の皆さん、夏休み、楽しんでいますか?! 40日の休み、いろいろな場所にいけるし、いろいろなことができますね! チャレンジの夏、ですね! そして「読書の夏」ですね! 「読書の秋」はよく聞くけど、「読書の夏」なんて変ですか? いやいや。夏だからこそ、本を読んでそこに書かれていることを調べたり、 そこに書かれた場所に行ったり、 そこに書かれたことを実際に試してみたりできるんですよ!! ボクも小学生のころ、「縄文土器(じょうもんどき=今から1万年前~2300年前に日本で作られた世界最古の土器)の作り方」を本で読んで実際に試したことがあります。 。。。失敗しちゃったけど。 失敗しても楽しかった。だって夏休みだったから。 さて今回も課題図書(小学校高学年の部)を紹介します。 この本の作者、佐々木洋(ささき・ひろし)さんはプロ・ナチュラリスト。つまりプロの自然案内人で、主に東京で仕事をされています。 ここがまずビックリ! 大都市東京で自然案内ができるんでしょうか? アスファルトとコンクリートで固められ、排気ガスの充満した大都市で? 宅地開発、道路建設などによってつねに破壊と創造が繰り返される郊外よりも、お寺や神社、公園そして動物園など法律や宗教でしっかりガードされた緑地を持つ都会のほうが変わらない自然を持っているんだそうです。 しかも都会には大量のゴミがありますから、エサにも困らない。 そういうわけでカラスやタヌキ、サギ、コウモリなどが都会に住み着いているんだそうです。 そういえばボクも10年間大阪にいたんですが、そこにはチョウセンイタチがいました。 とはいえ、佐々木さん、手ばなしで今の都会の状況をほめているわけではありません。 こういった野生動物が都会に住み着いた原因はさまざまだ、と佐々木さんは教えてくれます。 また、人間と野生動物の距離が近くなっただけに、さまざまな問題も発生していると。 一例をあげれば、ユリカモメやカルガモのえづけがもたらす悲劇。 エサをあげる人には決して悪意はないんですが、その好意の結果がそれら動物の野性をうばい、 普通の自然では見られない集団をうみ、 カルガモではマガモとの雑種が進んで、ひょっとするとカルガモ、マガモがいなくなってしまうという大きな問題が起きています(雑種のカモはほとんど子どもを残す能力がないのだそうです)。 よいことだと思ってやっていることでも、悪い結果になることがあるんですよね。 その他にも佐々木さんはいろいろな事例をあげておられます。 タイトルの「ぼくらはみんな生きている」。同名の歌がありますよね。皆さん知っていますか? アンパンマンの作者、やなせたかし さんが作った歌です(作詞)。 ミミズも、オケラも、アメンボも、どんな小さな命もボクらと同じく生きている。 そしてこの本を読んで気づかされたこと。 ボクらはみんな肩を寄せ合って生きている。 だからお互いを思いやっていきたいですね。 まあ、むずしい話はこれくらいで。 まずはこの本を片手に自然観察に行ってきま~す!!

      2
      テーマ:
AD

旧ランキング

このブログは旧ランキングに参加していません。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。