住めば都☆ベイエリアの日々

2008年から4年間、夫の転勤により、アメリカ カリフォルニア州 サンフランシスコ郊外のフォスターシティで駐在生活。 2児の母。 
2012年4月、日本に帰国いたしました。


テーマ:
週末、ハーフムーンベイに蟹を買いに行きました。

我が家の年に一度の"蟹の日”。


娘の大好物なので、いつも娘は誕生日のディナーに”蟹”をリクエストします。


というわけで、ちょっと遅れてしまいましたが、娘のための"蟹”。



この日は、港に着くのが午後3時頃になってしまい、

港を歩くお客さんはちらほら見かけるものの、肝心の蟹を売ってくれる漁船はなし。
もう店じまいしちゃったんだろうなあ。

でも、明らかに”蟹”らしき大きな袋をさげてやってくる方たちがいらっしゃるので、

蟹を求めてどんどん進んでいくと・・・・
漁船のとまっている埠頭の一番海に突き出た先っちょまで行ってみたら、
漁師の倉庫みたいなところで蟹だけを売っている魚屋さん発見。

この日、パウンド5ドルだったので、漁船から買うよりはお高めですが、

でもモノはよかったのでOK。
だいたい一杯10ドル強でした。

毎年のことですが、今年も”珠玉の名作”


shina_poohさんの
「自宅でダンジネスクラブを食べよう!永久保存版」

お世話になりましたっ!


 

いつもは、3杯のうち、2杯を塩茹でにして、あとの一杯は蟹鍋に使うのですが、
今回は、一杯ずつ

茹で蟹 、蟹鍋、オーブンで焼き蟹の三種
に。

自宅で蟹祭り気分が味わえます。(笑)


ただ、キッチンでは大変忙しく立ち回らねばならず、今回、写真はほとんどございません
あせる



ということで、茹で蟹は今回はスルーで。

(2年前に作った茹で蟹 → 
「カニを買っておうちへ帰ろう☆ダンジネスクラブの夕餉」


実は、今回 蟹購入のことをツイッターでつぶやいていると 「さあ、これから調理」というときに、

shinaさんからのメンションが。

「今年は一度、軽く茹でた蟹を味付けローストしてみたくて。」


”それ、いいな。”


うちの大鍋はちょうど蟹が2杯までしか入らないので、

一杯だけオーブンで焼けば ちょうどいいぞ!と思い、即実行に移しました。

というわけで、 今回初挑戦の焼き蟹。


「焼き蟹 オーブン レシピ」で ぐぐってみたところ、

一番トップに来た このクックパッドのレシピを参考にさせていただきました。
”今日はごちそう!たらばのオーブン焼き”

同じ”生”の状態でも、すでに脚だけになっているタラバとは違って、

ハーフムーンベイから連れて帰ってきた蟹たちは、海の中のままのお姿で、しかも動いてる。

さすがに、あばれる蟹をオーブンにそのままなんて放りこめやしない。


というわけで、塩茹で用の大鍋にずぶずぶっと沈めてとりあえず静かにしてもらいました。

2~3分くらいかな。

オーブン皿にパーチメントペーパーを敷き、蟹を載せ、

ガーリックソルトを表と裏の両面に思いっきりかけました。

そして、最後にオリーブオイルをまわしかけて、

400Fに余熱しておいたオーブンに入れ、約15分焼きました。

焼き上がりはこんな感じ



住めば都☆ベイエリアの日々

うん、オーブンでの焼き蟹もいける!

中からだした身は、少しガーリック風味でしたが、

あっさりとジューシーな仕上がり。

オーブンに入れる前に、かな~りたっぷりとガーリックソルトを振ったので、
クラスタシアン
 のような蟹の出来上がりを期待していたのですが、
あそこまで濃厚な味つけにはなりませんでした。

クラスタシアンの蟹を食べたときは、手の”ギトギトベタベタ”が尋常じゃなかったから、
きっと 調理法が違うんだろうな。
(その手についた”ギトギトベタベタ”が えもいわれぬおいしさなのですが)

家庭の味としては、この調理法もアリかなと。



そして、蟹鍋

我が家では、昆布だしで白菜など野菜を先に煮込んでおいて、日本酒を入れ、
いったん塩茹でした蟹をばらして、脚の部分を放り込んで一緒に煮込みます。

今回、他の蟹でお腹いっぱいになってしまい、蟹鍋は翌日に持ち越しました。

そのため、2日間に渡って煮込まれた鍋には、蟹のエキスが充分でていて、
脚の身を食べてみると、もうすっかり”出がらし”と化していました。
(味がなかった(笑))

よっしゃ。 これは いい”だし”ができているはず! 

蟹の身は、他の”ゆで”と”焼き”ですでに堪能しているので、
蟹鍋には 最初から 身のおいしさは期待していないのです。

何が目当てって・・・  もちろん、〆の雑炊です!

具をさらった後のスープを煮立たせ、ぐらぐらと沸いたところに、
洗って水きりしておいたご飯を一気に投入。
味付けに お塩を少々振っておきます。

煮込むのは、5分くらいかな?

煮込んでいる間は、鍋の中を触りません。

最後に、おしょうゆを少したらして、溶き卵をまわしいれたらふたをして火を止める。
青ねぎのみじん切りを散らしてできあがりです。

食べるときには、好みで ポン酢をかけたり、もみのりをかけたりします。

写真がなくて、申し訳ありませんが、
今回の雑炊は超絶なおいしさでございました。

(2日に渡って煮出されたので、蟹の脚からいいだしがでたのでしょう)

蟹からでたうまみがつまったスープを、
ご飯を投入することであますことなく食することのできるこの雑炊という技法。

誰が始めたのかは存じませんが、すばらしい調理法だなあと改めて感動。
日本人に生まれてよかったとしみじみ~。



〆の雑炊も好きですが、 蟹鍋に入れる春雨や白菜もおいしいです。
日本で蟹鍋をしていたときは、蟹鍋オンリーなので、身も楽しみましたが、
ここでは 茹で蟹の方がどうしても身がおいしいので、
蟹鍋は ある意味 ”出し"用が 主になっております。(贅沢)

翌日、 娘がお茶碗に入った白いご飯を見て、「またあのごはん出して」 (あのごはん=”蟹雑炊”)と。

「いや~、あれはね。そんな簡単じゃないのよ。
まず、蟹を買いに行ってね、それから・・・・」と説明していたら、

「じゃ、もう一回蟹買いにこう!」と あっさり言われました。


蟹、おいしいんですが、調理だけじゃなくて、その後も殻を割って身をほじくる作業が面倒なんですよね。
特にうちはこどもの分も手伝わなくちゃならないので、結構疲れます。

一度蟹をやると、しばらくは「もう見たくない」状態にあせる

ほとぼりが冷めたころに、やる気がでればまた行きたいと思います。
ハーフムーンベイ。


AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

ばんずさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。