住めば都☆ベイエリアの日々

2008年から4年間、夫の転勤により、アメリカ カリフォルニア州 サンフランシスコ郊外のフォスターシティで駐在生活。 2児の母。 
2012年4月、日本に帰国いたしました。


テーマ:
震災の日から一週間が経ちました。


あの日、「一週間後の今日は事態がある程度落ち着いて、いい方に向かうだろう」と
勝手に予想しておりました。


しかし、 それは希望的観測でしたね。

実際には、”still going on” な状態。



被災地の皆様、そして 首都圏でも余震におびえ、停電の不便を味わっておられる皆様、
改めて お見舞い申し上げます。



ベイエリアの皆様は、いかがお過ごしでしょうか?

shina_poohさん も書いていらっしゃいましたが、
鬱々とした気持ちで、どーんと落ち込んでしまっておられませんか?



かくいう私も、ついつい気になって見てしまうと、テレビの前から離れられなくなり、
つらいニュースの連続に気持ちが落ちてしまって・・・


なかなかブログをアップする気にもなれずにおりました。



そんな中、今日、読者さまよりメッセージをいただきました。↓



********************************************************************


タイトル: 海外からでもできること



Googleが安否情報入力への協力のボランティア募集しています。

http://www.google.com/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011_volunteer.html



海外から何かできることはないかと、もどかしい思いをされている方々に紹介していただけないでしょうか?

私もアメリカ在住で、多額の寄付をすることも難しいが何かできることはないかと思っていたところにこれを見つけた次第です。

にほんごの読み書きができ、時間とPCとインターネットがあれば誰でも協力できます。

よろしくお願いします。


*************************************************************************



star950MTさん、情報をありがとうございました!



海外に住んでいると、協力できることは限られてきますが、
それでも ”私も何かやりたい!” という強いお気持ちをお持ちの方、どうぞご検討くださいませ。


情けは人のためならず


何かすることで救われるのは、被災地の方だけじゃなく、
自分の精神もなのだと思います。


いいね!した人  |  コメント(11)
PR

[PR]気になるキーワード