La Notizinoa

ACミラン公式や海外紙、翻訳など掲載しております。

NEW !
テーマ:


独占交渉権の満了は6月20日まで延長され、中国のコンソーシアムの出資者の何人かはミラノを訪問しないことになるなど交渉の停滞している可能性が高いにも関わらず、フィニンヴェストと中国のコンソーシアムの間の交渉は問題なく進められているようだ。シルヴィオ・ベルルスコーニ会長が語った「中国人は私を追い出したいのだ。」とのコメントも彼らは冗談の一種と見ており、コンソーシアム側がミラン買収交渉から撤退することはないだろう。

シルヴィオ・ベルルスコーニ会長は所有してきたミランを売却し、経営権も移行することになる。たがコリエレ・デラ・セラ紙によると、今後も名誉会長の座に座り続けて継続的に自身の意思や意向を明確に示していくことになりそうだ。

要求を受け入れて交渉が最終的に決着した場合、中国のコンソーシアムが70%の株式を買収した後も2年間はミランに残り、補強などの面で様々な権限を保持する可能性がある。

現在、フィニンヴェストと中国のコンソーシアムは契約の履行に関連する様々な事項やコンソーシアムに参加している出資者の身元や金銭的な保証について話し合っているが、後者については恒大集団の承認を得られた模様だ。

このため、5月末までに両者は中国のコンソーシアムを形成する投資家名の明示を中心にした多岐にわたる情報の交換を行うことになる。


source
milannews.it
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
トゥット・スポルト紙によると、ミランと株式の70%を買収するための交渉を行っている中国のコンソーシアムは、来シーズンに向けて2人の人物をミランに迎え入れたいようだ。





彼らはクリスティアン・ブロッキ監督の後任としてセビージャのウナイ・エメリ監督を招聘し、守備陣の強化のためバイエルン・ミュンヘンのDFメディ・ベナティアを獲得する意向でいるという。


source
milannews.it
AD
いいね!(1)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
このニュースが届くのは何週間も前から期待されていたが、ようやく正式発表された。







ミランは6月末に契約が満了するMFリッカルド・モントリーヴォと3年間契約を延長し、DFルカ・アントネッリとDFダヴィデ・カラブリアとも契約延長した。クラブからの正式発表声明は以下の通り。

「ACミランは、ルカ・アントネッリ、ダヴィデ・カラブリア、リッカルド・モントリーヴォとの契約を2019年6月30日まで延長したことを発表する。」


source
milannews.it
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



中国のコンソーシアムとの交渉が停滞している中、ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ会長は今後も会長として残りたいと明らかにした。

このニュースは、問題を多数抱えるクラブを劇的に改善するために売却を求めてきたファンを激怒させるだろう。

コリエレ・デッロ・スポルト紙およびトゥット・スポルト紙は、ベルルスコーニ会長が実業家を志す第一歩となった建設会社設立から50年を祝うイベントで語った内容を伝えている。

取材陣に対してベルルスコーニ会長は、「中国人たちは私を追い出したいのだ。」とコメントしている。

「私は、株式売却交渉の停滞には問題があると考えている。売却後も3年間会長として残ることを可能にする条項を要求しているが、彼らは同意していない。」

これらの言葉により、ベルルスコーニ会長は30年に渡って所有してきたクラブの売却を望んでいないことが明白になった。

ベルルスコーニ会長は彼の家族およびフィニンヴェストから新たな株主を迎え入れるように要請されてきたが、依然として株式の売却を渋ったままだ。

独占交渉権の期限は6月15日までとなっており、中国のコンソーシアムからのオファーに対して何らかの決定が下されなければならない。



また、その結果次第ではクリスティアン・ブロッキ監督の去就に関わることになるが、ベルルスコーニ会長は来シーズンも彼を続投させたい意向でいる。

ANSA通信に対してベルルスコーニ会長は、「株式売却交渉全体の行方は様子を見てみよう。」と語っている。

「私はブロッキを信頼しており、ブロッキを就任させたことによってミランは正しい方向に進んだと確信している。彼は才能があり、信頼に応えられる人物だ。」

「私はまだ多くの野心を抱いており、ミランを再びサッカー界の主役にするべく相応しい買い手を探している。」


source
footballitalia.net
いいね!(3)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


中国のコンソーシアムとの株式売却交渉が合意に達した場合、クリスティアン・ブロッキ監督はミランから離れる運命にある。



トゥット・スポルト紙によると、中国のコンソーシアムはセビージャのウナイ・エメリ監督招聘を希望しているという。彼はセビージャを率いてヨーロッパリーグ3連覇という偉業を達成している。


source
milannews.it
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。