La Notizinoa

ACミラン公式や海外紙、翻訳など掲載しております。


テーマ:



プレミアム・スポルトのカルロ・ペッレガッティ記者によると、シルヴィオ・ベルルスコーニ会長は中国のコンソーシアムから打診された名誉会長就任という提案への返事をまだ決断を明らかにはしていないが、どうやら拒否する方向で調整が進められているようだ

来週末もしくは再来週初めにもSESは、新会長となるであろうヨンホン・リー氏やCEOとなるマルコ・ファッソーネ氏を含む新たな取締役会のメンバーとコンソーシアムに参加している投資家名を明らかにする必要がある。現時点ではベルルスコーニ会長がまだ返答を保留しているため、副会長のポストには就かないのではないかとされている。

クロージングに関連する一連の流れとしては、3月2日にヴィンチェンツォ・モンテッラ監督との会談が、3日には株主総会およびヨンホン・リー氏とコンソーシアムの代表者たちがイタリアへの到着してアルコレで最終的な契約へのサインがなされ、新たな取締役会がカーザ・ミランで船出を迎えることになる。

カーザ・ミランでの記者会見は4日になると見られており、サン・シーロでのキエーヴォ戦でお披露目される模様だ。


source
milannews.it
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



コリエレ・デラ・セラ紙によると、ミラン買収に動いている中国のコンソーシアムはレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマの獲得を夢見ているようだ。

コンソーシアム側はベンゼマを高く評価しているが、今後は夢が現実となるかどうかを注視する必要があるだろう。


source
milannews.it
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:



ガゼッタ・デッロ・スポルト紙によると、予定通り3月3日にクロージングが完了した場合、CEOとなるマルコ・ファッソーネ氏はUEFAに対してボランタリー・アグリーメント条項の適用に向けて手続きを開始するようだ。

中国のコンソーシアムはミランの損失を徐々に減らしていくと共に、ミランの収益を増加させるための今後3ヶ年にわたる投資計画を説明する模様だ。


source
milannews.it
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
報道によると、来夏の移籍市場でのミランの補強予算は1億3000万ユーロ以上となるようだ。

シノ・ヨーロッパ・スポーツ・インベストメント・マネジメント・シェンシンによるミラン買収は3月3日にも完了する見通しとなっている。

ガゼッタ・デッロ・スポルト紙によると、買収に向けたプロセスにおいてフィニンヴェストに支払われる費用は4億2000万ユーロだという。

買収に必要な3億2000万ユーロのうちの2億ユーロはすでに保証金として支払われており、実際にSESが払うことになるのは1億ユーロだとされている。

移籍市場に投じられる予定なのは残された1億ユーロとなっているが、SES側は経営権の移行の遅れに伴うフィニンヴェストの損害を補填するべく7000万ユーロを支払う必要がある。

そのため、移籍市場に投じる費用は3000万ユーロしか残らないこととなり、SESは自分たちが真剣にミラン再建に取り組むことを証明するために更に1億ユーロを追加で支払う用意があると見られている。



仮にFWカルロス・バッカが売却された場合はその資金は再投資されるため、実際には1億3000万ユーロインベストメントになる可能性がある。







ガゼッタ・デッロ・スポルト紙は、ミランがサンプドリアのチェコ代表FWパトリック・シック、アタランタのコートジボワール代表MFフランク・ケシー、ラツィオのセネガル代表FWケイタ・バルデ・ディアオなど複数の選手の獲得を検討している模様だ。


source
footballitalia.net
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:



我々はこの瞬間に注目しなければならない。

何ヶ月にもわたって続けられてきたミランの株式売却交渉は、中国のコンソーシアムから資金が支払われる形で噂に終止符を打つことになりそうだ。

ガゼッタ・デッロ・スポルト紙によると、中国のコンソーシアムはミラン買収交渉をまとめるべく、残る3億2000万ユーロを支払う模様だ。間もなく、フィニンヴェストの口座には、彼らからの買収資金が入金されることだろう。

ステップは実質的には2つ。送金された資金はイタリアに辿り着く前に香港、ルクセンブルクを経る。

SESによって香港とルクセンブルクに設立されたSPVの助けを借りて莫大な流動資産を移動させることにより、中国政府の承認という大きな障害を避けることができる。彼らの許可を待っていては3月3日のクロージングには到底間に合わない。

つまり、一旦はサインから遠ざかったものの、状況は極めて楽観的になっているのだ。

デッドラインまでに合意する条件は揃っている。最初の株主総会は3月1日、2回目が3日に予定されているが、これらはクロージングが完了する可能性が高いスケジュールだと言えるだろう。すべての投資家の名前が記載されたリストはまだ完全なものではないが、それも間もなく届けられるはずだ。

特に中国華融資産管理の名があることには注目する必要があるだろう。中国最大の公的金融会社の1つである。


source
milannews.it
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。