僕はもう3年なので、就職とか考えなければならない時期なのですが、

「実際の仕事はどんな感じなんだろう」

「会社入って自分と合わなかったら困るなぁ」

とかいうことが気になるもんです。

先輩に聞くっていうのもすごくいい手です。

しかし、もっと面白いのが自分で実際に会社に飛び込んで行って、

社員と一緒に仕事を体験してみるっていうインターンシップです。


自分の失敗は「インターンっていうものは3年になってからやるもんだ」と思ってたことです。

違いました。

インターンは1年からやるもんだったんです。


これは決して自分が真面目だから言っているわけではなくて、

本当に後悔しているので言っています。


だって、インターンってどれくらいの期間やるもんだと思いますか?

3日?1週間?

違います。

半年~1年です。

そういう時間を使えるのは1,2年の間だけです。
3年になってしまうと、就職活動も考えたり、ゼミがあったりと

不安が付きまとって、そういう時間が取れません。


っていうか、インターンに1、2年で行く機会があったら

就職の不安いらないし、ゼミなんか入らなくて大丈夫だと思うんですね。

企業から見ても即戦力だし、普通の学生が経験してないこと経験してるから魅力もあります。

もし、「ゼミに入ってないと就職に不利だから・・・」と思っている後輩がいたら

かわいそうなので、「それはちがーーーう!!」と大きな声で言っておきます。

そう思うなら、ゼミではなくインターンに行きましょう。

1年でも大丈夫。

2年ならますます大丈夫。


「じゃあ、どこに行きゃ1,2年でもインターンできるんだ!」

と思ったら大きな前進です。

このブログでは、「学生がちょっと先行く」のを応援してます。


NPO法人 ETIC

http://www.etic.or.jp/

ここではベンチャー企業にインターンできます。

ここは1、2年もOKです。

早稲田のキャリアセンターで詳細がわかります。

行ってみてください。

ちょっとどころか、だいぶ先に行かれるから。

AD

コメント(4)