円安ドル高の背景?

昨日の大幅上昇に対する心理的反動なのか、

今日は低位株が人気を博していたようですが、

値嵩株にはあまり資金は入らなかったようです。


さて、円安が進んでいますね。

この傾向が顕著に見られるのは対ドルの円安です。

もちろん色々と原因があると思うのですが、

僕の注目は中国の人民元切り上げです。


米国にとって莫大な貿易赤字の最大の要因に、

中国との貿易赤字があります。

大きな原因は13億人とも言われる巨大な人口にある

労働市場から得られる安い労働力です。

すると製造は自然と中国で行われるようになり、

米国はそれを輸入するという流れになります。

輸入が増えれば赤字は増えていきます。

米国の消費が伸びて、輸入が増えるほど、

対中国の貿易赤字が膨らんでいくのです。


しかし、問題は人民元が固定相場を取っている事です。

もし、米国の輸入が増える、つまり中国の輸出が増えれば、

その分、元高ドル安になり、米国の赤字は縮小されるはずです。

しかし、固定相場なのでそれができませんでした。

もし、人民元切り上げがなされて、元高ドル安が達成されるなら、

米国の赤字は縮小し、ドルが買われる理由になります。


つまり、市場参加者の考えは、

人民元切り上げは必ず達成されて、米国赤字は縮小する

ということになります。

米ドルが買われれば、対円では円安ドル高になるので、

今の状況は納得できることになるのです。

AD

コメント(4)