2016年02月11日(木)

LOOK 2016年モデル 765アルテグラ完成車 入荷!!!

テーマ:2016決算セール




先日コリマを買収したフランスの名門LOOK。

なぜルックは特別なのか

それを問われれば、 ルックはサイクリストの「在り方」「楽しみ方」に寄り添いつつ、リードしてくれる存在だから と言えるでしょう。

そして、今年、日本だけでなく世界レベルでの台風の目となるのが、今回ピックアップする 765 なのです。

フレーム重量 1100グラム フォーク重量 350グラム という平凡な重量的スペックに騙されてわイケマセン!! この重量から推察すべきは、”驚くべきフレーム耐久性を実現している” 点です。ぶっちゃけカーボンとしては重いです。アルミのほうが軽い場合もあるくらいです。 しかし、強さの有る重さと言えます。

カーボフラックステクノロジーは圧倒的な振動減衰性能を実現してくれます。765は、しなって、変形することで振動のベクトルを変えるだけではなく、カーボンフレームそのものが吸い取るかのように振動周波数を収束させようとするので、とにかく長く乗っていられるバイクなのです。

この乗っていられるというのはとっても大事。

200キロ走りたい。。。。

ある人はレーススピードで5時間で走りたい。。。。

ある人はのんびり10時間かけて走りたい。。。。

自転車に求められる要素は変化します。

エンデュランスモデルというのも、グラベルなどの走破性や振動吸収性に長けたモデルから、のんびりアップライトな姿勢を取れるようにしてあるモデルまで様々です。

しかし、LOOKは 乗っていられる というところに主軸をおいて、765を登場させました。

では、765はのんびり自転車なのでしょうか?




ショー展示とはいえ、こんなにやる気バリバリで展示されているバイクが

単なるのんびりバイクのワケがない!!


サドルがやや肉厚ですが、これでレーシングサドルになったらものすごいレーシングだと思いませんか?

765をエンデュランスバイクのくくりの中に置くのは簡単です。しかもルックスも尖っているわけではないですから、なおさらそう見えるかもしれません。しかし!錦織はユーロバイクでこの765を見た時に、他のすごい自転車を見る以上に

 おぉぉぉ!ルックぅぅ!おおぉぉぉうぅ!!


と思いました。765の情報はユーロバイク以前から飛び交っていましたが、 「765ってのはこんなふうにも組めるんだよ」とさり気なく、でも確実にアピールするあたり、、、ズキュンです!目撃ドキュン!です!

ルックは 765という ”ホビーライダーにとって宝物となるバイク” を提案しつつ、同時にその先の憧れもさらりと示してくれています。これはバイク愛です。


そして本日、765アルテグラ SサイズとMサイズが入荷してます。他サイズは完売です。


いいね!した人  |  リブログ(0)