2015年12月08日(火)

fi'zi:k 新バーサスシリーズ と サドルの話

テーマ:ブログ
今朝、家を出て20秒後にカラスに襲撃された錦織です。おそらく、冥界の使徒が姿を変えて僕を襲撃したのでしょう。ひらりとかわしてやりましたよ、ふふふ。

足首がおかしな方向に曲がりましたけどね!

なんでいきなり俺めがけて飛来してくるのか、よくわかりません。気をつけます。

---------------------------------------------------------------

さて、サドルで 新しくなったフィジークのバーサスが人気です。前立腺や各血管はどうしても”会陰部”と呼ばれる股の真ん中あたりを通りますから、そこが大きな圧迫を受けると痛みや下半身との血液循環が邪魔されます。その周辺部を大きく迂回した作りのサドルは増えていて、僕も一つ使っているセラSMPなどは代表的な形ですね。ただ、SMPは形式上前側に腰を引っ掛けようとすると、前上がりな取り付けゆえにコツがいるのも確かです。

バーサスシリーズは昨年後半からプロ選手の使用率も上がっているようで、ビッグレースを走る選手も結構使っています。新しいモデルは、カーブが柔らかくなり、体が斜めになった時にも溝のエッジが引っかからないところがいいみたいです。オーソドックスな部分と溝をつけた部分のバランスがいいと思いますね。



今まで、オススメを聞いていただいていても「人ぞれぞれなので~」としか言いようが無かったのですが、フィジークのバーサスとバーサスXシリーズは、アリオネ/アリアンテ/アンタレスとバリエーションがあるので、その枠内での選択肢が用意できる点がショップとしては嬉しいですね。



ちょっと多過ぎな気もするけどw

http://www.riogrande.co.jp/catalog/term/333

バーサスシリーズに関してはフィジークはガチなので、カーボンレールモデルも網羅しています。ちなみに、僕はアリオネとアリアンテは合うけど、アンタレスはどのモデルも好きじゃないんです。だからといってアンタレスが悪いモデルなわけではないのです。サドルと萌えキャラは、個人個人の好き嫌いがハッキリわかれます。人間ですからそれぞれです。 どこかの地方のスタンプラリーのポスターみたいなもんです。


サドルが合わない!という悩みはみなさんあると思います。が、サドルが合わないと感じている人の半数弱がサドルポジションを買ったまま、もしくは痛みに際しても全く動かしていないと思います。非常にモッタイナイことです。あと1ミリ、あと1度で変わることも少なくありませんよ。

「サドルでいいやつ無いですか?」と聞いて頂いた時には、商売的にはこれとかどうですか?と言いたいのですが、体に触れる部分には絶対解がありません。なので、あまり強く打ち出せません。個人の好みになっちゃうので。うちのスタッフだって、全員違うサドルが好きです。テストサドル云々というのも、正直取り付けポジションや馴染みで相当感触が変わります。フィジークなんて特に購入直後と半年後では硬さ全然チガイマス。

サドルが合わなくて痛い人の3割くらいは、サドルが合わないんじゃなくて、取付角度や位置、座る位置が「これは痛くなっても仕方ない」って状態だったりします。なので、新しいサドルを探しても結局ギャンブルのままになります。

なので、現実的なサドル合わせは、

1. まずは自分でサドルの位置を動かしてみる。締付けトルクが心配だったりするならショップに相談もしくは確認。

2. その上でしっくりこないなら、ポジションが悪いか、足の動きに対してサドル形状が邪魔している可能性もあるのでショップに相談。

3. 1と2を繰り返しても合わない場合は、どこがどう痛いのかを明確にして、それが改善されうる形状のサドルに交換。

4. 新しいサドルで1と2を繰り返す。

5. 以下、無限ループ もしくは 落ち着く もしくは サドル選びにハマり、沼に沈む 


こんな感じです。

サドル位置を動かしたりするときに、どれくらいの力で締め直せばいいかわからないという方は、本当ならトルクレンチとかになりますが、作業時に何回転ゆるめたかを記憶しましょう。そして戻してみて、乗る前にぐらつきがないか確認。その後ショップで再チェックでもいいでしょう。

サドルとクリート位置は第三者が見るのがかなり困難です。見ますけど。 微妙な位置出しはやはり本人の感触に委ねざる得ないこともありますから、早いうちに作業をマスターしておいてもいい部分ですね。

昔は、「10個くらいサドルで失敗してからが本番!!」とかいう人も多かったですし、実際、合わないサドル選ぶと「尻の革がむける」とか「血が出た」とか結構普通でしたけど、最近はホントに減りましたね。自転車の専門誌が「股ずれ対策」の特集とかを組んでいたことを想像できない人も多いでしょうw

人間工学をきちんと反映したサドルが増えたことやバイクパンツが良くなったことが要因ですが、それでも体に触れる部分は難しいものです。でも当てずっぽうではなく、きちんと位置の調整をしつつサドルを試していけば3つくらいでベストに合うものが見つかる気はします。経験的観点からです。




。。。。。。バーサスサドルから話が脱線したっすねw

脱線ついでに、柔らかいサドルや厚手のサドルを「カッコ悪いから嫌い」という方も結構いらっしゃいます。が、目的とする時間や距離を乗っていられないと結局のところ上達しませんから、今回のバーサスの中でもボリュームのある バーサスX とかも含めて、それなりにボリュームのあるサドルを試して、位置出しをちゃんとして、走れるようになるほうがいいと思います。

サドルの悩みがある方でフィッティングのご相談ではなく自分で何か変えてみたいということであれば、何のモデルを使って、どこがどういうふうに痛いかを教えて下さい。対処療法的にアドバイスが出来るかもしれません。

いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>