2014年06月05日(木)

ELITE TURBOMUIN ターボムイン入荷

テーマ:ブログ

ターボムイン 税抜定価¥77700 8%消費税込¥83916

※ 店頭試乗機の設置期間は終了しております

 ターボムイン。 ぼいんでわありません、ボムインです。嘘です。ターボ・ムインですよね?

 初回便は一瞬で代理店から無くなったみたいですね。

 「ほとんど音がしないくらい静かなローラー台をお探しでしたら、正直パワーマジックとか(本体重量50キロ/固定ギア)でないと無理だと思います。固定ローラー、三本ローラー含めてある程度の音は出ますし、自転車本体から出てくる音そのものを消すことは出来ません。」

 音の問題が気になるのはみんな一緒ですよね。わかります。

 ただ、どういったトレーニングをどういった負荷で、どういった環境下でするのかわからないので音に関してはなんとも言えません。床材や柱の入り方で響き方が違うものです。「これメッチャ静かですよ~(ただし広い部屋に限る)」とかアバウトなことは言いたくないのです。

 ものすごい天井の高いところで使用した場合とマンションの一室では、ローラー台の音はまったく別物です。商売抜きで断言します。

 フォーチュンバイクも天井4メートル以上ありますから、大概静かに感じますw なのでローラー台の音に関しては、小さくて低価格で軽くて静かなものというのは2014年1月の時点では「残念ながら弊社ではご用意できません」とお答えしています。すみません。

 ただ、 ターボムインが無音に近い機器 だというふうにお考えのお客様が多いようで、、、、(汗)

 その点にお問い合わせも集中しているので、ここであらかじめお答えさせて頂きます。

 音は出ます。無音ではありません。

 ただ、負荷装置の大きさ、タイヤが減らないメリットという武器 (かつてあったリムドライブはタイヤは減らないけど、リムには接触しているので別)、油圧を使用した自然な負荷変化から見た時に
「かなり静かだよね。ええわコレ!」

というレベルだと思います。固定ローラーを総合して、うるさいレベルにはまずなりませんし、ホイールが回転することで発生する振動や風切り音が無いことのメリットは大きいです。どこまで言っても私見ですが。

 そしてなによりこの機器の最大のメリットは、僕は清潔さだと思います。タイヤカスが出ません。当たり前ですwww あと負荷も十分キツイです。

 タイヤ付けてない。ということは当然タイヤ減りません。1年も使えばローラーに消耗させられてしまうタイヤ代くらいは、余裕でお得になる人もいるんじゃないかな~と思います。なのでローラー用ホイールも要りません。

 タイヤカスって凄い出ますよね。使っている人はみんな知っているタイヤカス。これが皆無。それだけで既に武器を持っているのがこのローラー台です。じゃあ、ホコリは舞わないのかというと、ファンは回っているわけですから、それなりの空気の動きは有ります。

 振動もやはりタイヤとローラー部の接触部分がないので少ないです。「マンションでの使用はどうですか?」という御質問もたくさん頂きますが、予防措置としてもマットなどを敷く必要はあります。これは室内練習では必需みたいなものです。

 あと、ローラー台の音は響いていないのに、シューズとクリートがフローリングをカツカツ!と叩く音が階下に響くほうが問題になることもあります。体重かかってますからね~意外と響きますよ? なのでローラー台下の防振マットと別にホームセンターの300円位のカットされたカーペットを足元に置くといいかと思います。(うちじゃ売ってません。。。あわわ)


 話がそれました。ターボムイン、最大で2000w以上の負荷にも対応するということで、本気で踏んだら「ゴール前かよ!!」くらいにはなりますが、さすがにソコまでいったら音はそれなりにしますが、むしろライダーの息遣いもそうとうでしょうw

リアホィールを取り外して自転車を装着する、エリート初のダイレクトトランスミッション方式のホームトレーナー。重量:約18kg
設置寸法:約(たて)59cm x (よこ)56cm x (高さ)46cm (あくまで目安です)

■インテグレーテッド・フルード負荷テクノロジーを持つ初めてのダイレクトトランスミッショントレーナー
■内蔵フライホイール(187mm径、重量5.9kg)により実走感の高いペダリング感覚を実現
■スピードの増加に従って徐々に負荷が増え、スムーズな加速が可能
■安定感が高く折りたたみ可能なフレーム構造
■シマノ10/11スピードカセットスプロケットに対応(カセットスプロケットは付属しません)
注意事項
・Turbo Muin を使用するためには、別途カセットスプロケット(Shimano 、SRAM、またはShimano規格を採用するメーカーの9/10/11s)、カセットスプロケットに付属するロックリング、13mmスパナ、カセット取り付け工具、トルクレンチ(5mm六角レンチ、3Nmで使用できるもの。およびカセットスプロケットロックリングに使用できるもの)が必要です。

・カセットスプロケット取り付けに関する問い合わせや取り付け作業は購入店にご依頼ください。

・Turbo Muin はエンド幅130mmまたは135mmで、5mm径のクイックレリーズを使用する自転車にのみ使用可能です。

・通常変速調整は不要ですが、使用する自転車によっては変速調整が必要な場合があります。

・スピードを測定するためのマグネットはドライブトレイン側のプラスチックカバー内に内蔵されています。そのためスピードを測定したい場合には、ドライブトレイン側のチェーンステイにセンサーを装着する必要があります。

・Turbo Muin に自転車を取り付けたときに、自転車のフレーム形状によっては主にチェーンステイがTurbo Muin 本体に接触、干渉する場合があります。この場合お客様の自転車はTurbo Muin では使用できません。必ず購入前に販売店にてお客様の自転車が取り付けに問題が無いかどうかご確認ください。弊社では各社フレームの互換性については確認しておりません。また、取り付けの可否によるクレームには対応できません。御購入後の適合問題の発生などでも御返金御返品は承りません。

(↑自転車の適合についてのお電話での問い合わせにはお答えできません。)

 ターボムインでスピードを測定するためのマグネットはドライブトレイン側のプラスチックカバー内に内蔵されています。

 




 すでにかなり頂いている御質問について、この場でお答えしておきますが、あくまで弊社での判断です。お客様のご感想を保証するものではございません。

 Q 静かですか?

 A 個人の主観と動作環境に依存しますが、平均的に考えて「静かな部類であることは間違いありません」 ただし無音ではありません。

 Q 振動はどうですか?

 A 後輪そのものが無く、直接的に設置されるので安定感があります。またホイールの回転から発生することがある低周波的なものも出にくいです。ライダーが暴れた分は、本体も影響されますが十分な安定性があります。ただし防振マットなどとの併用を推奨します。

 Q ダンシング出来ますか?

 A するのは自由ですが実走とは異なりますし、本体が不安定な挙動をしめす原因になります。立ち上がるとしてもバイクを大きく左右に振ることはしないで下さい。

 Q 負荷は調整できますか?

 A 出来ません。

 Q 実走感はどうですか?

 A 弊社ではこういったインドアトレーナーと本来の走行は全く異なるものとしてご案内しています。メーカーがどのような表現を使用していたとしても実走の感覚と同じもしくは近似するとは考えませんので、お客様にもそういったご案内はしません。あくまで室内トレーニング機器です。

 Q 変速調整は必要になりますか?

 A 通常不要と表記されていますが、チェーンのチャラつき音などの発生を抑える意味でも調整の必要性があると考えています。

 Q デカイですか?重いですか?スプロケはついていますか?

 A 大きさはこの手のトレーニングマシンとしては平均的。重さは、まぁそれなりに重いですかね。18キロくらいありますから。スプロケは別売りです。

 Q 通常の固定ローラーと比較してどうですか?

 A 後輪の風切音の無さ、タイヤ摩耗の無さから考えても非常にメリットが多数あると思います。負荷の切り替え設定がない点もトレーニング上では問題になることは無いでしょう。十分きついトレーニング出来ると思います。このあたりも使用者の主観ですね。

 Q 家族に反対されますか?

 A 。。。。。。。。。。。。。されたらどうなるということでしょうか。このマシンを使って、素晴らしい肉体だけでなく快活な毎日を過ごすことで反対意見を変えればいいのです。「最初は反対だったけど、お父さん買って良かったね」的なハッピーエンドを目指してみてはいかがでしょうか?まぁ、当店は結果にもプロセスにも一切関知しませんが。

 Q 家族にばれますか?

 A (実際、このタイプの話は毎日ありますからねw) バレますよ。あたりまえじゃないですか。これ設置してバレなかったら、重量18キロのマシンよりもさらに重大な秘密が家庭にあるということです。そっちのほうが興味ありますw いつのまにか台所の冷蔵庫が巨大になっているかもしれません。奥様が日中に黒いスーツ来て宇宙人と戦っているかもしれません。そうだとしてもお互い様でおあいこちゃんです。


 本気でやるぞ!とお考えの方にはぜひお試しいただきたいです。後日、固定ローラーとの比較についてもアップしたいと思います。

いいね!(14)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>