安心、平穏、喜び、夢、希望、幸せ       占あかり

★優しい占い師経験豊富-安心安い電話占い相談★
初回1000円(30分)通常1000円(20分)~3000円(60分)~
手相/人相/気学/四柱推命/易/風水/密教占星術/姓名学/潜在心理
★092-282-4886★080-3951-0575(sb/line)★090-1875-0575(docomo)★080-5790-0575(au)


テーマ:

あかりHOME1&MAP,etc.     あかりHOME2      あかりの i タウンページ

 

 

ねぇ!!!

聞いてんの?ねぇったら!

ヽ(`Д´)ノプンプン!!!

 

 

男性の脳は時々スリープモードに入っちゃう!?

 

真横にいる彼に話しかけても、返事がない。

こんなに近距離で話しかけているのに、どうやら気づいていないみたい!?

男性のこの状態には、男性の脳が関係しているのです。

⇒無料のマンガ版を読む:http://cobs.jp/love/comic/024/(『男性の脳はスリープモードに入っちゃう!?』)

 

 男性は、たまに「休息状態」に入ることがあります。男性は一度この休息状態に入ると、周りの出来事に全く気づかなくなります。決して無視している訳ではありません。脳が休眠しているのです。

 

 女性の脳は、休みなく働き続けるようにできていますが、男性の脳は一時的な休眠状態に入るのです。

 

男性の脳が休眠状態に入ると、考え事をしているようでしていなかったり、返事が生返事であったりする特徴があります。休息状態とはすなわち、起きているけど寝ている状態なのです。

 

 女性でも仕事などで夜遅くに帰って来てから、その後すぐに寝ればいいのに、何もせずただぼーっと深夜までテレビを見てしまうことってありますよね。その感覚です!

 

 男性は休息状態に入ることで、精神力を回復させます。なので、男性に話しかけても返事がなく、どうやら休息状態に入っているなと思った時は、暫く放っておいてあげましょう。 

 

出典

男性の脳は時々スリープモードに入っちゃう!?http://news.mynavi.jp/c_cobs/jijinews/trend/2011/12/post_714.html

マイナビニュース 文●織田隼人

 

----------------------------

昂司

 

よくあかりの相談でも、男女のこういう問題のシーンに出くわします。

 

「わたしの彼が話をまったく聞いてくんないんです。

何考えてんだかまるっきりわかんない。

 

考えていそうで、なさそうで、、、

悩みでも、何か隠し事でも、あるのかしら?

って思うけど、愛が覚めたのかしら?と不安にもなるのよ。

 

完全黙秘なのよね、、、

つまんない事で怒るし、

なんで怒ってるのかも全くわからないんですよ。」

 

 

女性の立場からは、特別な愛情関係にあるはずの

恋愛関係や夫婦であれば、無視されているようなこの状態は、

 

休まない脳を持つ女性たちにとって

必要とされていないと感じさせられてしまうため、

不安や怒りなどのストレスが毎日鬱積していきます。

 

このような状態を堂々と女性の前で行う

男性側は、といえば、

 

女性も同じように毎日、日常、どこかで、

脳が疲れて苦痛を休ますために、

脳の機能がストップしてしまう経験をしていると

疑いもなく思いこんでいます。

 

この女性の脳が休まず働いている事など

考えたこともないでしょう。

 

だから脳が休憩している時は、

そっとしておいてくれるのは、

最低限、当然のマナーだと信じ込んでいます。

 

この男性の脳が休む現象は、

中学生頃の成長期から始まります。

 

脳の疲れが原因で、息子さんを持つお母さん方は、

息子さんの例えば、「疲れた」と言っては、

親御さんの質問に無表情で返事がない事が多くなったり

口数が少なくなったりなど

異変に不思議を感じたはずです。

 

幼い頃、

男の子は、ヒーローごっこ、

女の子は、おままごと

だれかれと教えてもらうことなく、

真剣に取り組みます。

 

将来に向けてトレーニングの始まりです。

DNAに男女それぞれの役目を果たすために

トレーニングが仕組まれているのでしょう。

 

この頃から男性の脳は、更に、活発に違いを表してきます。

 

男性の本能的な女性との差異が明らかに成長過程で表れ始めます。

 

30代、40代、50代、60代、70代、80代のお母さん方の

息子さんに対して「何考えているのか、わからない」

というのは、母と息子(女性と男性)の世代を超えて共通の相談です。

 

これは恋人や夫婦に限らず、

男女の脳の機能の違いが起こす生涯の悩みですね。

 

夫婦となって向き合わされる男女の生涯の課題の一つでもあります。

 

このように夫婦でも長年無視と、

とらえた奥様、女性たちは、

理解できない夫、男性と二人っきりの生活は、

苦痛のみが存在する夫婦や恋愛関係になってしまいます。

 

 

毎日日常に起こるこの現象は、

いつ爆発するか、わからない、女性たちの

怒りから怨念に変わるストレスを

悶々と蓄積し続けることになります。

 

そして、子育てが終われば

子育ての責任から解放されたころに

離婚でもして自由な人生を楽しもうかしら、

なんて更なる悩みに発展していきます。

 

一時の都合の良い考えに支配され

 

その子供たちの生涯における人生に

多大な悪影響が起こる事には、

どこか不安があるけれど考えられなくなってしまいます。

または、まったく考えなくなってしまいます。

 

そして、女性たちは、、、

女性の誇りや妻母としての社会的な誇りをも捨て、

人生を意図しなかった方向へと

歩み始めてしまう事になりかねません。

 

一方、

男たちが命のすべてをかけ真摯に必死に働き

仕事から家族や社会を守ってきた貢献度は、

 

 

それらの女性たちからは、

価値観0へと移行し、

価値観においても存在においても

その男性を

完全無視の状態になっていくことになります。

 

こんな残酷な結果になってしまうのも、

女性が生涯体験する事のない

男性脳による影響が多大であることに、

あかりで相談を受けていて感じています。

 

もちろん、男性を理解できない

女性の脳の影響も多大です。

 

女性同士だと生涯体験しない、

この男たちの理解のしようがない摩訶不思議な

価値観?考え方?反応、間、

その無視されているかのような状態???

 

どうしたらいいわけでしょう?

 

この先生が書かれている内容に加えれば、

この脳の休息状態に入る前に、

このような状態が起こっている事があります。

 

女性の皆さんも、体験した事があると思いますが、

スポーツで、家事で、お仕事で体中がへとへと、

筋肉が痛かったり違和感を感じたことがあると思います。

 

あの違和感が男性族は、日常的に、

脳に直接やってきます。

 

だから、脳を休ます必要性ができてくるわけです。

これは意識的でなくほとんどが無意識的に、

この脳が休む状態に入っていきます。

 

無視されているように見えますが、

生きていく上で、男たちに、必要不可欠な現象とあきらめて、

静かにしてあげて頂くのが最善の方法です。

 

例えば、マルチーズのワンちゃんに、

「あなたって、何年、日本語を教えてると思ってんのよ。

覚えが悪いワンちゃんね。」って

怒りますか?

 

男性の、この状態も、そのようなものだと、

この女性の疑問を捨て去ることができれば、

 

もし、男性が、女性たちの欲求に答えてくれた時は、

マルチーズのワンちゃんが

日本語をしゃべってくれた感激と同じ感動に変わるでしょう。

 

うぅわん→ぅわょん→おはよう

に聞こえたりすることがあります。

 

そんな時、一際、うれしく感動したりする人もいるのではないでしょうか?

 

えっ、うちの彼、旦那を

あのかわいいマルチーズと思えって冗談でしょ。

という方々には、

 

そうですね、

ドーベルマンと思ってください。

外部から侵入者がくれば、

わんわんと勇敢に立ち向かい追い払い家族を守ろうとします。

 

しかし、日頃は、人の話を聞いてんだか、なんだか、

庭や家の中をゴロゴロ、ひっくり返ってお腹を上にして

大の字に、ぽ~と寝てます。

 

食事の時になったり、やりたいことができる時は、

よだれを垂らしてぺろぺろキスしてきます。

(;´∀`)

 

一般の男性は、こんなものだと、

思って受け入れてくだされば、

男性族もかなり楽になるでしょう。

 

必要なお話がある時は、今話せる状態か否か聞かれて、

話せる状態でない時(脳の休息状態)は、

お話をする日時をお二人で設定し直す事も良い知恵だと思います。

 

それでも、日常では無視されている状態がしばしば続きます。

 

場合によっては、よく日まで、、、

段々イライラ、時に不安は、エスカレートするばかりの女性、、、

 

男性と違い

脳が休息してくれない女性たちにとっては大変です。

 

男性たちは、

できるだけの気遣いは忘れないようにしましょうね。

 

どうしようも理解できないのが、

男女の脳の違い、男女の人種の違い、

生涯生まれ持って変えられない脳のしくみ。

 

ああ神様、天は二物を与えず。

 

(※天は一人の人間に、いくつもの長所や才能を与えてはくれないということ。)

 

というけれど、

時に、残酷までに、生涯、理解し合えない男と女の脳、、、

 

愛し合っている男女の間にも

大切にしたい同士なのに、

わからないことだらけで、、、

 

大切にしていたつもりが「勝手」と言われ、

大切にしていたつもりが「うざい」と言われ、

大切にしていたつもりが「重い」と言われ、

 

人の尊厳を忘れた戦いの毎日となり、

 

そして、過酷な課題と向き合わされる事にも、、、

 

この矛盾は、

避けることも、消え去る事もできない

永遠のテーマなのでしょうか?

 

科学が進み知識の上では男女の違いが

だんだんと豊富に手にすることができるようになってきましたが、

 

そのおかげで良くも悪くも

男女の関係を崩壊しかねない

様々な誘惑があふれてしまっている社会でもあります。

 

自由な幸せ(真の幸せの追求)をどう達成できるか?

 

その知識をどう優先し知恵として生かせば

恋愛、結婚、家族、職場、などで、、、

男女は幸せに暮らせるようになるのでしょうか?

 

 

これからも、男女の素敵な理想を求め、お話は続きます。

また次回も楽しみにしていてくださいね。

ではでは、、、(´▽`)

 

関連記事

 

9割の男性が求める女性の3つとは?男がやばい「結婚しなきゃ」と焦るタイミングの3つとは?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)