1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-10-31 21:00:00

イタリアでハロウィン

テーマ:ブログ

我が家の子供達ハロウィン仕様。王道な感じで。

血のりの量が少ないと文句言われました。来年は赤だけ追加購入しとこう。(白目

 

毎年ハロウィンディスプレイに本気出しすぎて小さな子供は目を背けて小走りで通り過ぎる店

 

本日は地元でハロウィンイベントでした。
前回書きましたがこの数年で定着した大々的な自治体主催のハロウィンイベント。
我が家の子供達は今回初参戦です。

 

役所前広場で参加者の仮装評価&ちょっとしたコントやダンス。

イタリア人にとって仮装といえばカーニヴァル、ですから

それの本気度に比べたらハロウィン仮装クオリティは全体的にやや低し、です。

てか元が濃いからそんなに本気出さなくても雰囲気出るんですよね(白目

大人も子供も。


元々ハロウィンは子供らがお菓子をもらいに周るイベントですから、ここでも王道的に子供らが中心、子供達の為のお祭りで、仮装も子供らがメイン。

舞台を盛り上げる役の人たちはそれなりに仮装してましたが、一般のパパママで本気入れた仮装してる人は殆どいませんでした。
(この点もカーニヴァルとは多いに異なる点です)

 

この日だけ地元の商店街の殆どの店(ジャンル問わず。不動産屋やタバコ屋、葬儀社に至るまで)に突撃するとお菓子がもらえるイベントです。

勿論合言葉は
『Dolcetto o scherzetto!?』(ドルチェット オ スケルツェット お菓子かいたずらか?)

Trick or Treat のイタリア語版ですね。(いたずらかお菓子か)

 

お菓子クレクレ団参上「皆のもの、準備はよいか?突撃じゃー」

親も子供達について周ります。(店の外で見守る)

面白かったのは

子供達が肉屋を突撃「お菓子かいたずらか?」
外で待機してる親達

「それかソーセージ!」「ひき肉でもいいわよー」


子供達が不動産屋に突撃すると

子供達「お菓子かいたずらか?!」
大人達「お菓子じゃなくてこの物件半額にしてくれるのでもいいぞ!」

 

さすがのイタリア人。

ユーモアのセンス抜群です。

終始笑わせてもらいました(笑 

自治体と地元の店主達の協力のおかげで今日は子供達のみならず我々大人達にとっても楽しい一日となりました。
(飴玉やチョコの数それなりに用意するの大変&お金掛かったと思います…)
大量のお菓子ゲットできて皆大満足…のはずが、
もう今から来年の対策練っています 笑 (いかに効率よく店を周るか的な話)

 

 

アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
 アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-10-29 06:50:03

ジャック・オ・ランタンを作ろう!@イタリアでハロウィン

テーマ:イタリア(イベント)

お菓子屋さんの気合入ったウィンドウ

 

ハロウィンですね。
日本だと昔はハロウィンの時期はウィンドウディスプレイに関連品がそれらしく飾られるものの、ハロウィンてどこでやんのよ、実際どこで誰がやってんのよ、位にマイナーイベントでしたが

何年か前に日本在住外国人らによるハロウィン山手線ジャックなどが問題になった頃以降からでしょうか、急激に一般にも一大イベントとしてぐぐっと普及、流行になった感がありますが

ここイタリアでもそんな感じです。

割と大々的にイベントなどが催されるようになったのは(この地域でいうと)ここ数年です。

2008年に渡伊しましたが、その頃はお店のウィンドウなどにディスプレイはされるものの(少数派)公の場でイベント等一切無く、一部の子供らが個人的にお友達の家行ったりするくらいで

街中でもハロウィンファッションしてる人や子供も殆ど見かけませんでした。

数年前くらいから、コムーネ(自治体)主催の大掛かりなハロウィンイベントが開催されるようになって以降、ハロウィン当日に仮装した子供達を沢山見るようになりました。

この街で初の自治体主催のハロウィンイベントが開催されたのは2年前だったと記憶しています。

初回はどの程度の規模なのか、内容も掴んでいなかったので特に興味も無く、ちょうど息子柔道の日だったので柔道に行かせたら、道中仮装してイベントに向かう同級生やお友達を沢山見かけ息子号泣、柔道場に行ったら行ったでハロウィンイベントのせいで子供が殆どいなくてガラガラでした。
可哀相な事してごめんね、来年は絶対参加しようね、と言い聞かせ、次の年(去年)はしっかり衣装も用意、ジャック・オ・ランタンも作り、いざ!ハロウィンイベントにGO!と準備していたのですが
不運にも息子と娘同時に気管支炎でやむなく断念。
またしても息子号泣。
2年連続ハロウィンイベントに参加できなかった息子と娘、今年こそは!とやる気?満々です。

ジャック・オ・ランタンも今年はもっと凄いの作ってよ!と息子から要請がありまして
去年のよりちょっと手の凝ったタイプを作ることにしました。
前述のとおリ、イタリア(といっても近郊の話ですが)でハロウィンが流行はじめたのもここ最近の話ですから、それ用のかぼちゃ一つ探すのも苦労します。


ジャック・オ・ランタンと言えばオレンジの専用かぼちゃですが、どこ探してもありません。
去年は仕方なく縦型の小さめな食用のを使いました。小さなサイズ、ってだけでも苦労します。(普通のサイズのかぼちゃじゃくりぬくの大変なので)
ですがなんと今年は初めて!
いくつかの八百屋でジャック・オ・ランタン向けの表面に段差があまり無いこぶりなサイズでいかにもジャック・オ・ランタン用です、的パッケージがされたかぼちゃを扱ってるのを発見!

といっても正確にはこれ、ジャック・オ・ランタン専用のかぼちゃ(、、、は食べられないそうです)
じゃなくて普通に食用です。
イタリアに普通に売られてる食用かぼちゃの、小さい版。

『こちらがジャック・オ・ランタン用かぼちゃ様でございます』

日本でデフォルトの皮が緑のめっちゃ硬いやつに比べたらまだコイツはマシですが、それでもジャックオランタン作るとなるとかなりハードル高いです(と思います。専用かぼちゃ使ったことないのでなんともいえませんが、動画みてると皆さんサックさく作業されてるのできっと凄く軟らかいのでしょう)
だもんであまり凝ったデザインは無理。
くり抜くのもゴリッゴリ、大変です。
専用かぼちゃを楽しげにくり抜く幼稚園児の動画を見たことありますが、凄く羨ましい、、
これ、このかぼちゃは無理っす。

子供の力ではとてもじゃないがくり抜けないw

蓋部分を作ってひたすらゴリゴリ中をくり抜いて(削って)いきます。
くり抜きが甘いと早く腐ってしまうのと、厚いと中の光がきれいに透けないので、かぼちゃ全体をぼわあっと光らせたい場合は、出来るだけ厚みを抑えるべく削り倒します。
ていうか食用使ってるから削った分はそのまま食べられるのでどうせ後でまるごと捨てちゃうならなるべく沢山削って食べる方に少しでも多くまわそうという意地汚い気持ちのが大きかったのは否定しません。

今年は目と歯がついてるバージョンに挑戦。

もっとぐばっと大きく口を開かせたいところですが・・・これもまたコツなんですが、あまり大きな空間、隙間を作らないほうが最終綺麗です。

あまり大きな穴を作ってしまうと、中のキャンドルやライトの光が直接外から見えてしまって後でがっかりします。
よくあるギザギザの口ですが、ギザギザは出来るだけ隙間少なく、かつ細かいほうが綺麗って事です。
(ハイここテストに出ます)

って書いてるそばから口、開かせ過ぎちゃいました。(駄目じゃん、、)大いに反省。来年は気

をつけよう。



歯、完成ー。
ちなみにここまで包丁と果物ナイフオンリーです。くり抜きはスープ用の大きめスプーン。

 

目の部分は彫刻等も使用。

今回ヘタが殆ど出っ張ってないので蓋を底部分にすればよかったと後で気づきました。
(お尻から中身くり抜き)
この点も来年から気をつけよう。



 

我が家のジャック・オ・ランタンはキャンドルでなくIKEAのライト使います。
(こんなの絶対子供がいじり倒すので、キャンドルなんか危なくて使えません。)
安全だし、この時期限定の子供部屋お休み時ランプにもいい感じに使えて、一石二鳥です。

お子様のいらっしゃるご家庭には全力でお勧めします>ジャック・オ・ランタン内部にライトセッティング。
(画像のようにコード類を通す部分を空けるのを忘れずに…)



 

点灯!
額の傷が思ったよりいい感じ(笑

食用の硬いかぼちゃ使ったので苦労しましたが、もしジャック・オ・ランタン専用のかぼちゃが入手できるのなら、
是非作ってみてください。
簡単な、三角の目と鼻と、ギザギザの口だけでも、キャンドル入れると凄く雰囲気出ますよー。

以上、イタリアより、ジャック・オ・ランタン作りレポートでした。

普段ご多忙な親御さんも、忙しいからそんな暇無い、と言わずに
是非親子で楽しんで作ってみてください。

良い思い出になりますよ。

子供達大喜びですよ!

 

 

アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
 アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-10-15 01:45:17

アンティークシルバーミニチュア沼

テーマ:イタリア(日常1)

アンティーク販売あるあるでしょうね、

商売用に仕入れているつもりだったのに気が付けばすっかり嵌ってる。

欲しくなる。

惜しくなる。

売りたくなくなる。 ←

 

アンティークで嵌ってるジャンルはそれこそ数え切れない位あるんですが

今一番わたしが嵌ってるジャンルは

『アンティークシルバーミニチュア』

 

シルバーのミニチュア、っていうと有名なのはイギリス(オランダから輸入されたものも多い)

富裕層のお嬢ちゃま達が お ま ま ご と に使っていた、ドールハウス用とでもいいましょうか、

小さなキャビネットやテーブルと椅子のセットとかそういう類ですね。

超お高いチェスト(イギリス骨董商から購入おそらくオランダ製アンティーク)

 

何せ桁が違うんで

そしてウチはそんな高級骨董店でなくぶっちゃけガラクタ屋に近いので、当然売り物としては買い付けませんられません。

ちょっと前に、これは絶対逃しちゃなるまい!というびっくり値段(相場よりかなり抑え目値段)で逸品が売り出されていたので、つい魔が差してコレ↑は買いましたが…

 

まーこういう時はアンティーク商あるある?

『売れなかったら自分のものにすればいいや』伝家の宝刀キタコレ

 

いいの。

これはほんと売れなくていいの。

自分が欲しかったんだから(白目

 

…という機会が実際頻繁にありすぎてじわじわと家計を圧迫してますがキニシナイ

 

さておき

レアケースですが、稀にこんなものも入手できたりします。

(これは本当に特別)

プラハのイエスの巡礼記念品高級バージョン>シルバーミニチュア王冠と宝珠と王笏セット

 

一方、特別なものでは無いですが、今わたしがメインで嵌ってるシルバーミニチュアのジャンルはというと

『ミニチュアアニマルシリーズ』

馬車とか、小さな人の姿とか、小道具類だとかよりもただひたすら動物。

 

こちらは小さな鍵シリーズ。こういうジャンルは幅広い人気がありますね。

 

シルバーのミニチュアアニマル(シルバー800製)はイタリアのアレッツオ製が有名で、凄く良くできていて、しかも純粋に可愛い。

ひとつ手に入れると、見つける度に全部欲しくなる恐ろしい魔力が備わっています。

一番小さいサイズのアニマルシリーズ。

メーカーズマークが無い、シルバー800製を意味する800の刻印しかないものも時々ありますが多くはアレッツオ製を証明するARの刻印があります。

こんなに小さいのに表情豊か。


この度手を出し始めた、一回り大きいサイズのシリーズ。(重さは倍あります)

(2枚目、3枚目写真の左2点は小さいサイズのシリーズ)

重さとサイズが上がる分それなりに値段も高いですが、場面が大きいので前述の極ミニサイズより彫りが細かく、よりリアルな表現がされています。

これはこれで…

いや…(ゴクリ

これもいいじゃないか!!!最高!

 

イタリア、アレッツオ製のシルバーミニチュアのアニマル達ですが、これが意外に蚤の市で見付かる確立が低い。

蚤の市1箇所行って1個2個、見付かれば運がいい方。

ネットで探すと見付かりますが送料が掛かってしまう分、できれば蚤の市で見付かるのが望ましいけどそうも言ってらんない。

 

不思議なのは

イタリア製なのに、イタリア本国よりもむしろイギリスの骨董商がわんさか溜め込んでる。

イギリス製のアンティークシルバーも有名なのに、なんでイタリアのわざわざ輸入するの?

イギリス人どんだけシルバー好きなんだよ。

主食なの?

 

イタリア製のアンティークシルバーミニチュアを、イギリスの骨董商から買い付けてイギリスからイタリアに送ってもらう、という

よく考えると納得のいかない事案が発生しております。

 

まあでもシルバー大好き、自国でも素晴らしくクオリティの高いシルバー製品を昔から創り続けてるイギリス人も認めてる、って事なんでしょうね>イタリアのシルバーミニチュア。

そして今日もまた

イギリスのシルバー専門骨董商のサイトで、イタリア製アンティークシルバーミニチュアアニマル達を物色しております。

 

 

追記;わたし同様、子供達、特に息子がシルバーミニチュアアニマルにド嵌り中です。

お店のシルバーミニチュアアニマルの中唯一残っていた品を見ながら

 

息子「これも売れたの?」

わたし「これだけ残ってるよ」

息子「残ってるなら僕これ買うよ!」「一番カッコいい!」

 

息子が言ってるのは蠅です蠅。

コレ↓

_人人人人人人人人_
> いいセンス! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

母髑髏好き、息子蠅好き、なんと素晴らしいコンビ(白目

将来有望ぇ…


アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
 アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-10-14 05:06:55

Chiesa di Orsanmicheleオルサンミケーレ教会

テーマ:イタリア(日常1)

Chiesa di Orsanmicheleオルサンミケーレ教会

(Firenze教会聖堂巡り サンタマリアノヴェッラサンタクローチェサン・ロレンツォ のお話の続きです。)

・・・サンタクローチェ大聖堂、サン・ロレンツォ教会で期待を裏切られ心折れてあてもなくさ迷いドゥオーモの周りでうろうろしてたらやっと辿り着きました。

実は前夜に散歩中に偶然見かけて気になって外観を激写してた教会で、明日時間作って改めて見に来よう。。と思ってたのですが地図チェックしてなくて場所、すっかり忘れてたんですね。

どこだったっけ…ドゥオーモの近くだったのは確かなんだけど…とぐるぐる回ってやっと発見!

ちょうど外国人観光客がぞろぞろ出てきたところで目についたんです。

ありがとうロシアの方!

入ったら久しぶりに「うわあ」でした。

サン・ロレンツォの時とは違って、鳥肌が立つ方です。

こういうのがいいんだよ!!!
(しかも無料)
大きすぎず、こじんまりとした、外側はあまり目立たない教会ですが、中が凄い。

わたし脱いだら凄いんです、みたいな。

オルサンミケーレ、気になるので珍しく真面目に由来を調べてみました。

wikiせんせーい!

あ、イタリア語だけでした。

という訳でめんどくさいですが頑張って伊訳↓

 

その昔、

カルツァイウォーリ通り、ドゥーモとヴェッキオ広場のちょうど真ん中あたりに、修道院とその畑Orto(オルト)が広がっていた。

元々その畑があったところには、8世紀頃に小さな教会があった。

San Micheleサンミケーレ(大天使ミカエル)が祭られていた教会。

その事から、そこは通称「San Michele in Ortoサンミケーレ イン オルト 畑の大天使ミカエル」転じてOrsanmichele オルサンミケーレ、と呼ばれるようになった。

 

後世穀物市場として利用されていたこの建物は、14世紀に市場が移動になり、礼拝堂として再活用されるようになりました。

教会の外壁にあるのは当時のFirenzeのギルド(組合)が寄贈した守護聖人や聖母子像が設置されています。(今外壁にあるのはレプリカ。本物は建物内美術館にあります)

目抜き通りの脇、ちょっと路地入ったところに在るのと、外観はいかにも教会!では無いので目立たず、観光客もガイドブックでチェックしてくるか、たまたま通りがかって目に留まった、かどちらかで入る、という感じで

他の有名な教会や聖堂に比べると別世界みたいにガラーンとしています。

が、非常に勿体無い!

 

私的にはFirenzeで一番美しい教会。

(しかも無料 ←大切な事だから2度言いました)

 

内部の壁という壁にびっしりとこれでもかとフレスコ画、祭壇のちょっとこれやり過ぎじゃないですかレベルの装飾に圧倒されます。

薄暗いのもポイント。神秘的。

マジなんでこれほどまでに素晴らしい教会がこんなに人が少なくてガラーンとしてんの…

まさに超!穴場キタコレ

 

外壁の彫刻もレプリカといえ素晴らしいです。

どれがどなたか、とか知ってると面白いですよ。

San Matteo 聖マタイ 12使徒 福音記者

Santo Stefano 聖ステファノ 12使徒 最初の殉教者

Sant'Eligio  聖エリージョ

San Marco 聖マルコ 12使徒 福音記者 1411年から1413年 ドナテッロ作

San Giacomo 聖(大)ヤコブ 12使徒

Madonna della Rosa 聖母子像 薔薇の聖母

San Giovanni Evangelista 12使徒 聖ヨハネ 福音記者

San Giovanni Battista 洗礼者 聖ヨハネ

Incredulità di San Tommaso 12使徒 聖トマス (聖トマスの不信)

トマス『あんたほんとにイエス様?ちょっといいですか?(槍傷口に指ブスり)』

イエス『っ痛ってえ!!!』

San Luca 聖ルカ 福音記者

San Pietro 聖ペテロ 12使徒 

San Filippo  聖フィリポ 12使徒

Quattro Santi Coronati 4人の戴冠した聖人たち(Sinforiano  Claudio  Nicostrato  Castorio)

San Giorgio 聖ゲオルギウス 美大目指す学生と美大出身者には馴染みの深いサンジョルジョ。こちらもドナテッロ作です(1417年)。このオルサンミケーレの為に注文され制作されました。(オリジナルは別の博物館にあります)ちなみに注文主は当時のギルド(組合)甲冑制作協会だそうで、すごく納得。

大理石彫刻があったりブロンズ彫像があったりとバラバラなのは、「注文主の懐具合」だそうで、余裕がある組合はお高いブロンズ彫像を依頼して寄贈、余裕が無いところは大理石。

 

…いつの世も世知辛いですねえ。

 

とまあ、さりげなく有名なサンジョルジョが惜しげもなく外壁にくっついてたり、外観地味でも中はFirenze一の美しさを誇るんじゃないか位の美しさという(わたし目線ですが)

このオルサンミケーレ教会。

Firenze行ったらまずはドゥオーモ、ですがその次位には是非寄って見て下さい!

周りの喧騒から逃れられるような、静かで荘厳な空間で、きっと観光の疲れが癒されることでしょう。

 

 

アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
 アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-10-06 02:40:51

Basilica di San Lorenzoサン・ロレンツォ聖堂

テーマ:イタリア(日常1)

Basilica di San Lorenzoサン・ロレンツォ聖堂

ここと、繋がってるメディチ家礼拝堂とセットでこれまたガイドブックにはFirenze行ったら絶対行けよ、

てか行かない奴ほんと話になんないから。位の勢いで紹介されてますけど

ここもですねえ。。。

 

わたし「え?」

観光客「え?」

 

「…あ、でも聖品室ある!良かった!」

 

な感じです。

こちらも細かいディテールをガイドブック片手にきちんと見ていったらですね、面白いと思うんですよ。有名な彫刻とか絵画とかありますしね(棒

 

というかここを絶賛している方々、無名で小さいけれどもっと素晴らしい教会なんてイタリアにはそれこそ腐るほどありますけどそういうの訪れてます?

ガイドブックにメディチ家ガー、ミケランジェロガー ドナテッロガー って書いてあるから凄いはず!って思い込んでません?
ってこ一時間問い詰めたくなります。

 

最後に聖品室が無かったらきっとわたしキレてた。

 

聖堂に入った瞬間に「うわあ」

別の意味のうわあ、です。

凄いのはうわあ、と同時に鳥肌立つんですけど、ここのは別の意味。

なんというか、未完だからとかそういうの抜きにして、簡素すぎるというか、戦後に慌てて建設された比較的現代の教会とかほんとこんな感じです。

 

さーウィキペディアになんて書いてあるかな、と該当ページ見ても日本語版が無い。

あっ…(察し

どういう聖堂なのかご興味ある方は詳しく書いてあるサイト見つけたのでこちらでも読んでくださいね。

サン・ロレンツォ教会

 

さんざん辛口書きましたが前述の通り、聖品室は良かったです。

ドゥオーモ博物館の聖品コーナーよりは点数も多くて、クオリティも素晴らしい。

聖品見るのが目的ならここと、サンタマリアノヴェッラですね。

 

また大量に写真撮影してきたので貼ります。

 

Basilica di San Lorenzoサン・ロレンツォ聖堂

あ、ちなみに

イタリアの教会、写真撮影禁止と書いてあるところもありますが、フラッシュさえたかなければ、割とその辺は緩いので大丈夫です。

が、あくまでも自己責任で…

ちなみにパドヴァの聖アントニオ大聖堂は、人によるかもしれませんがわたしが訪れた時は、

「NO FLASH!!!NO FOTOOOO!!!」と絶叫するオバちゃん係員がおりまして、数枚の隠し撮り以外は断念せざるを得ませんでした。

そういう時は潔く諦めましょう(笑

 

 

アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
 アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送


 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-10-05 00:00:00

Basilica di Santa Croceサンタクローチェ大聖堂

テーマ:イタリア(日常1)

3月だか4月だか、日本一時帰国直前に弾丸お一人様Firenze旅行(しかも1泊)行ってきた話をだいぶ前にしましたが

その後すっかり(続き)書くの忘れてました。

ブログ書くためにド下手ながらも大量写真撮影したので書かないのは勿体無いから掲載するのであって

決して大量写真で楽して記事数増やすのではありませんのであしからず(盛大に自爆

 

サンタマリアノヴェッラ(薬局の方)に行くのがメインだったけどせっかくだから教会も行ったら意外に良かったよ、というお話でしたが

他にもいくつか、Firenze行くなら絶対外せない有名な聖堂も訪れてきました。

有名も有名、泣く子も黙る(← サンタクローチェ大聖堂

サンタ・クローチェ聖堂(Basilica di Santa Croce)は、フィレンツェにあるフランシスコ会の主要な教会で、カトリック教会のバシリカ。サンタ・クローチェ広場にあり、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂からは南東800mのところに位置する。元々は市の城壁の外側にある湿地帯だった。この聖堂は、ミケランジェロ、ガリレオ、マキャヴェッリ、ジョヴァンニ・ジェンティーレ、ロッシーニといった有名なイタリア人たちの埋葬場所でもあり、そのことから…

ああもうめんどくさいんでリンク貼りますね、どうせウィキペディアですしね

私なんぞの下手な説明よりもより詳細が記載されている以下ページを是非ご覧下さいませ。

Basilica di Santa Croceサンタクローチェ大聖堂

読みました?ハイじゃあ続けますね。

 

サンタクローチェ大聖堂はですねえ、あくまでも私見なんですけど

 

わたし「えっ?」

他の観光客たち「えっ?」

 

こんな感じです。

えーとですね、細かいディテールをきちんと追っていくと比較的面白いもの、凄いものがいくらかあるので楽しめるったら楽しめるんですが

ぱっと見というか、第一印象が「え、こんだけ?マジで??」なんですよ。

入場料無料、小さくても素晴らしい教会、聖堂が沢山ある、むしろありすぎるFirenzeで、ガイドブックに大々的に「ここは是非行っとけ、というか行かない奴は馬鹿」位の勢いで載ってる大聖堂にしては、ショボくないか?

・・・少々質素でたしなみがある落ち着いた雰囲気、簡素?な感じでございますわね、さすがでございますわね奥様?みたいな

 

伝説によるとアッシジのフランシスコが建てた、とされるだけあってそこはやはりフランシスコ会、清貧と禁欲をモットーとしてますし、フランシスコ会の教会、聖堂はどこもこんな感じでガラーンと寂しい感じなんで。それでもまだここはかなり派手派手しい方ですが。

(近所にあるフランシスコ派の教会はもうほんと潔いくらい、装飾等無くガラーンとしています)



メディチ家専用の礼拝堂とかもあるんですけどこれも「えっ?」って感じで

ほんと失礼でごめんなさい、ですが

わたしの「お気に入り聖堂ランキング」上位のシエナの大聖堂、パドヴァの聖アントニオ大聖堂、と比べちゃうとねえ。
まあこれ以上続けるとその筋の関係者からお叱りを受けそうなんでこの辺りでやめときます。

とりあえず画像掲載しますので雰囲気とかわたしの言ってる事なんとなく伝わるかと。



追記;サンタクローチェで私的に一番面白かったのは、併設の革工房でした。

Scuola del Cuoio  フランシスコ会の修道士@サンタクローチェ大聖堂の寄宿舎だった場所が後年革工房になっています。

あれ?これどっかで見たことあるなあ、デジャブ?と思ってたら

そういえば昔卒業&教鞭をとっていたジュエリーの専門学校(鞄、靴のコースも有)がここと提携してたな、そういえば。と後で思い出しました。

 

アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
 アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送


 


 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-10-03 20:24:18

OVADA蚤の市でお宝ゲット

テーマ:イタリア(イベント)

すっかり秋ですね。

長い長ーーーーい夏もやっと終わり、

バカンスを全力で楽しみかつ全力で仕事拒否してたイタリア人骨董主達もやっと戻ってきて

さすがにこの時期はぼちぼち、仕事に本気、、出してるのかどうかはわかりませんが、夏の間は開催されない蚤の市も(そりゃそうだ 暑いんだもの みつを)、9月から各地で再開されます。

まあそれでも期待するだけ馬鹿を見るというもので、もう10月にもなるのに、まだまだ普段よりは出店数も少なくて、おまいら一体いつから本気出すんだ?と盛大に突っ込みを入れたくなりますが…

 

いつもはジェノヴァ近郊の蚤の市に買い付けに行ってますが、時々遠征します。

イタリアにはいくつか、大規模な蚤の市がありまして、今回買い付けに行ったこのOVADAオヴァダの蚤の市は中規模クラス。
そんなに有名でも無いんですが、ジェノヴァからそう遠くないのと、いわゆる穴場的な蚤の市で、規模の割には毎回けっこう掘り出し物が見付かる確立が高いんです。

私的には外せない蚤の市です。

(ただし年に7回のみ開催)

 

自宅があるRecco(リグーリア州ジェノヴァ県レッコ)からピエモンテ州アレッサンドリア県オヴァダへのルート


 

イタリアというのはとても面白くて、地域によってガラっと雰囲気が違います。

ここオヴァダはリグーリア州に隣接してる為、建物のカラーや雰囲気、特にリグーリア独特の、壁は暖色系の色(ピンク、赤、黄色)と雨戸は緑、壁に特有の騙し絵(立体装飾に見せかけた絵 ディズニーシーの壁など想像して頂ければわかりやすいかな。特にミラコスタ周辺は元々リグーリアの家々を元のイメージにしてるので)これに酷似していますが、その他細かいディテールがピエモンテ特有で、装飾的な看板や透かし細工の鉄の柵などはもっと北の影響を受けています。

OVADAの守護聖人はアッシジの聖フランシスコでした。

ちなみに10月4日が聖フランシスコの祝日。

聖像の土台足元の意匠はフランシスコ会の第三会(在俗会)紋章。

*フランシスコ会とは(ラテン語: Ordo Fratrum Minorum、英語: Order of Friars Minor)またはフランチェスコ会(フランチェスコかい)は、13世紀のイタリアで、
アッシジのフランチェスコによってはじめられたカトリック教会の修道会の総称であり、広義には第一会(男子修道会)、第二会(女子修道会)、第三会(在俗会)を含む。*
13世紀前葉に活動した聖人アッシジのフランチェスコは、男子修道会である第一会、女子修道会である第二会、在俗信者の会である第三会をそれぞれ創設しました。
第三会(在世フランシスコ会)が創設されたのは1221年頃で、世俗にありながら、托鉢修道士や修道女と同じ理念にしたがい、同じ誓願を立てたいと望む信徒のために
つくられた団体で、「律修会」「修道女会」「在世会」から成るこの会は、1447年、教皇ニコラウス5世の許可を受けています。

わたしがやっているアンティーク聖品ショップLabarum ラバルムにもこの紋章のバッジがあります。http://labarum.ocnk.net/product/1827 
 

古き良き 小さな街で催される骨董市。絵になります。

中には日本のアニメ、キャラクターグッズなども。

Cherascoの蚤の市位の、イタリアでも屈指の大規模蚤の市にもなると、出店数が多いのは嬉しいのですが、完全に一大イベント、遠方からの観光客向けの高級品セレクト、値段もありえないくらいボッタくり価格を要求してきたりしますが、ここOVADAは観光客も少なく、地元民、近郊の人たちがのんびり楽しんで蚤の市散策をしている、といった趣なので

掘り出し物も多い上に、何より安い!欲が無いなあ、ジェノヴァだったらもっと高い値段言ってくるよ!と突っ込みたくなる程ですがそこはそ知らぬふり、で

更に値切る悪魔なジェノヴァスタイルを貫くわたし(ジェノヴァ人は他の地域の人よりもお金にうるさく、ケチで有名です)

 

帰路でちょうどジェノヴァ中心地を通過するので、同日にジェノヴァ中心地でこれもまた掘り出し物が多いお気に入り蚤の市が開催されていたため、わたしだけジェノヴァで車を降りて、午後から今度はジェノヴァ蚤の市で買い付けをしました。
炎天下、疲労もあって吐きそうになりながらも頑張って探した甲斐あって、オヴァダもジェノヴァも、物凄く掘り出し物、お宝を沢山入手することができました。

ゲットしたお宝ズ

え?これだけ?少ないって?

 

いえいえいえいえ
あんさんこれまだええ方ですがな。

というかむしろ私的にはクオリティ高いお宝大漁、ですわな。

蚤の市買い付け、下手すると釣果ゼロ、も珍しく無いですからね。

 

ビジネス的には、釣果ゼロじゃまずい、交通費分だけでも回収するためにはある程度何かしら買わないと、とは承知していても

そんでも本当に全然、ウチで売れそうなものが一切見付からない、てのは度々起こるんです。

こんだけ出店数あんだからひとつくらいは見付かるだろ、、でまさかの釣果ゼロ。
『無理にでも小さな普通メダイとかクロスとかとにかくジャラジャラ買えばいいじゃんYO』

と脳内で悪魔がささやくんですがね、

全力でNOですわ。

そういう時に無理して仕方なく購入したイマイチな品って、絶対売れんのですわ。
交通費無駄にした上に更に不良在庫抱え込むとかそれなんていう罰ゲーム。
 

物凄い気力体力消耗して廃人となりましたが(恒例

良い結果出せて満足した一日でした。

 

おまけ;OVADAで見かけた小学校。

古い建物で、女子用入り口(SEZIONE FEMMINILE)と男子用入り口(SEZIONE MASCHILE)が別々にあります。

昔はどこも男女の入り口がこうやって分かれてたそうですよ。

 

 

アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
 アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-09-30 04:42:05

クラシックカー展示イベント

テーマ:イタリア(イベント)

今回は自分全く興味無いジャンルなんでサラっと軽め、あんまり内容濃くは無いですが。

私的にはぶっちゃけ車なんて単なる移動手段、壊れてなくて動けばなんでもE、位にしか思ってないので

色々突っ込まれても困りますしマニアックな質問されても一切お答えできませんのでご了承下さい。

多分お好きな方は大興奮なんでしょうがそこはわたし(以下略 とりあえずネタとして写真撮ってきました。

けっこう数撮ってますがそこはほら、全然興味無いんで(しつこい)

何枚か同じのかぶってますけど「ほらまた!これさっき出てきたし!」なんて怒られてもそんなん知らんがな( ̄- ̄)

*以下ひたすら写真が続きます↓

イタリアでは時々こうやってクラシックカーの展示イベントがあります。

いずれも現役で走ってる車です。そもそもここまで走らせてきたしね。

こういうクラシックカー、夏場に特に多く出没します。

わざわざ遠方からこのリビエラと呼ばれるこの海沿いのリゾート地にこういう車を走らせてくんですよ。(陸路)

それのもっと上級はクルーザーでおいでになるんですが。(海路)
まあ確かに夏だバカンスだと、エメラルド色のリグーリア海岸を眺めながらこんな車で走ったら気持ちの良いことでしょう。
羨望の的でしょうね。

さぞかし脳内でエンドルフィンばっしばし出てるんでしょうね。色んな意味で。


実際はこの地域の高速はトンネルが半端無く多いので、連続する暗くて湿っぽく排気ガスの薫り漂うトンネルの中、オープンカーでぶわああああ!と髪や服がたなびいてる姿、それはまるで例えると台風上陸時、暴風雨の中で必死なレポーターの如き姿、そういうのを見ると非常に難儀してるようにしか見えませんが

まあそれも貧乏人の遠吠えとでも言われるんでしょうね(心の底からどうでもE)

 

日本でクラシックカー、あるところにはあるんでしょうけど、実物が公道で走ってるのは数える程しかお目にかかった事無いんですが、こちらだと結構頻繁に見れるんですね。

本場だからアンティークのパーツ類とかも充実してて修理にあまり難儀しないのかもしれません。
前に知り合った日本人で、やはり本人がクラシックカーマニアで、一年に何度かイタリアに来て、顧客や知人からリクエストされたパーツを見つけて、日本へ送る。それで相当儲けてる、それだけで充分食える、おかげで殆ど遊んで暮らしてる、とのことでしたが(笑

そりゃ本場だとクラシックカーファンじゃなくても単に新車に興味が無いからと、古い車を長年大切に修理しながら運転してる普通のお爺ちゃん(間違っても富裕層の贅沢とかではなく)とかごろごろいますから、そんなだったら日本じゃ希少なパーツ類も、けっこうゴロゴロ見付かるんじゃないでしょうか。そりゃ儲かるわ。
さておき。

 

日本よりは身近な存在のクラシックカー、時々こうして街で展示されたりする訳ですが、衝撃なのは他人の車(しかも高額)なのに平気でベタベタ触ったり、酷いのになると大人数で寄りかかってウェイ写真撮ったりしてんですわ。

イタリア人の遠慮の無さ、無神経さにもびっくりだけど(いやむしろこんなん序の口だな)
そもそもこんなノーガードの所に愛車置けちゃうオーナー達の肝の据わり方に一番びっくりですよ。

車、、だとイマイチピンと来ないので自分の命掛けてるジャンルで想像してみた。
 

 

たとえば髑髏。

時間を掛けて吟味してお金も掛けて集めた自慢の髑髏たちをですね、こうやって、誰もが触れる距離でノーガードで展示してみようか。


子供が近くで騒いでるよね。近くでスケボーやってたりボール遊びとかしてる。

自転車で近距離うろうろしてるお子様もいますなあ。

いい歳して遠慮なくベタベタ触ってきゃっきゃ言ってる輩もおりますがね。
あ、こっちでは髑髏持ってハイチーズうぇーーい、なんてご一行様がいらっしゃる。

 

ひいいいいいーーーー

無理無理無理無理いいいいーーーー


 

(白目

 

まあそんな感じで、ちょっとわたしには理解できない感覚です。

日本でもこんな感じなんでしょうかねえ。

他人事ながら心配になります。(さすがに)
 

 

 

アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
 アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-09-28 00:00:00

飯マズ嫁が作るバースデイケーキ

テーマ:イタリア(イベント)

当ブログを楽しみにしておられるという奇特な皆様。

お久しぶりです。

またまたご無沙汰しておりました。

 

どうもブログというのは一度書かなくなると放置しちゃうという不思議な呪いがかかってるみたいなんですね(白目

 

これじゃいかん!気づいたら2ヶ月書いとらんやないけ おんどりゃあああ

という訳でやっとこさ重い腰を上げての再開です。

って久しぶりにアメブロあけたら仕様変更、使いづらいなコレ

 

ご無沙汰してたっていうけどお前一体何やってたんだ?という声が聞こえてきそうですけど

まあ色々ね

忙しかったんですよ。(すっとぼけ)

仕事に忙しいならまだ納得いくんですがね。

前にもちらっと書きましたけど、イタリアは保育園は2ヶ月半、小学校以上はなんとまるまる3ヶ月、夏休みがあんですよ。

その間子供らどこに預けて仕事すんの?てかできんの?って話ですよ。

まあそれは置いといて…

 

その長い夏休みの終盤になると、一大イベントの「息子の誕生日」ハイきたこれ
ぶっちゃけ毎年めんどくさいんですけどね。
自分がお友達を呼んでのお誕生日会、あるいはお友達の誕生日会にお呼ばれ
これ経験ゼロなんで(だって毒母持ちだもの みつを)
自分の子供には喜んで欲しいと、毎年頑張ります。

息子の誕生日は8月24日と、こんな時期にお友達呼んでパーティー開いても皆バカンス、旅行中とかで誰もきませんので

毎年恒例なんですが、8月24日は自宅で家族、ジジババ、親友(夫婦の)を呼んで少人数でパーティー、

会場抑えてお友達を呼んでの大々的なパーティーは9月頭、と

お誕生日会を2回やる羽目になんですわ。(これが地味にキツイ)
で、これも時々書きましたが私、ケーキのデコに命かけてんですわ。

飯マズ嫁なのにケーキに凝るってこれいかに。

(*注*料理は苦手、と言いう訳ではなく出来るっちゃー出来るんですが、好きじゃないので時間を割くのが苦痛なんです。そこへコックばりに料理上手&料理好きの旦那、でわたしは彼から飯マズ嫁認定されてます。実際我が家の食事作りは9割以上旦那)

 

デザートは別腹!じゃなくて、、

そんなわたしがケーキを手作りするのは

イタリアのケーキ高いから!

で高い割には日本みたいな素敵美味しいケーキ望めないから!

コレDeath。

 

で、どうせ作る(めんどくさい)なら面白いもの作ろうじゃないか、で生来無駄な方向に凝り性な私、毎度毎度、ネタに走る。

そして自然とテクも身につきエスカレート。

完全に頑張る方向間違ってますね。ほっとけ。

 

人生初のデコケーキ。息子氏1歳の誕生日会用。(*ただしベースは姑が作ったチョコケーキ)これがはじまり。

4歳の誕生日会のデコケーキ。

これは中身も大変だった。真夏で屋外なのに中身はババロア、外側生クリーム。

今更だが当時の自分馬鹿だと思う。

去年の息子氏5歳の誕生日会 生クリームベースのケーキ

ジュラシックワールドケーキ&パちもん風ミッキーケーキ

(冬眠明け蛇ケーキは姑作のチョコケーキがベース)

3個はやりすぎました。ハイ馬鹿ですみません。

 

去年まではこうやって、日本みたいな生クリーム(ただし極彩色)メインのデコケーキを作ってたんですが、

真夏ゆえに生クリームケーキを作るのも移動するのも大変で、しかもイタリアの生クリーム、日本と脂肪分が違うのか?泡立て用のを使ってもモッタリするんですね、しゅっとした、適度の堅さをキープした生クリームにならないんです。

だもんで、もう生クリームはめんどい!やらん!生クリームが食べたかったら別の日にどんぶりで食えばよい!とふっきれまして。

娘の誕生日はクリスマス直後=気温が低くて生クリームには優しい季節。なので余裕@生クリームケーキ

よって今年から方針を変えまして、アイシングでカバーすることにしました。

結論から言うとですね

大正解!!!

いやー楽ですね…生クリーム相手に格闘してた私何?馬鹿なの?ってくらい。

もうすっかり大ファンですよ>アイシング

食べ物としては大嫌いなんですけどね(笑 食べる時剥きますけどね

生クリームケーキは特に大人には大人気なんですが子供なんぞ見た目が良ければどーでもいいらしく、しかも遊びに夢中だったり、散々スナック類食い散らかした後のケーキタイムなんて殆ど食ってくれませんからね。(むしろ大人勢が消費してくれる)

見た目が可愛く仕上がってしかも楽ならそっち重視!と

これからもう子供の誕生日会用ケーキはアイシングでいきますわ。

誕生日当日ファミリー用ケーキ。

シンプソンズ。

9月頭の誕生日会用。

ストームトルーパーケーキ 

ミニオンケーキ

 

_人人人人人人人人人人人人_
> 技術力が向上している! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


これだけ続けてると嫌でも上がりますね、無駄な技術力(笑

それでもまだまだ理想は遠く、早くわたしの理想とするレベルまで達したいですねえ(遠い目

今後も(無駄に)デコケーキ作りのテクニックを磨いていきたいと思います。

 


私の理想とするレベルはコレ




おまけ;自分の誕生日限定で髑髏ケーキも作っております。



 

 

 

アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
 アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送


 


 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-30 04:28:43

「磯野〜!髑髏の話し…っぐあっ!な、何を…!」「お前が髑髏になるんだよ中島ぁ!!!」

テーマ:メメントモリ、スカル、髑髏ネタ
タイトル詐欺です。

こんにちは、髑髏です。
じゃなかった、
髑髏好きなブログ管理人です。

またまた
髑髏の話をさせて下さい。
もはや私のライフワークなもんで>髑髏もの蒐集


何度かお気に入りの髑髏作家H氏のお話をさせて頂いておりますが、ここのところ怒涛の連続新作発表に
既に今年の髑髏収集予算を越える位一気に沢山購入してしまいました。
予算の問題さえ無ければ、全部うちの子にしたい!!!位に力作ばかり。

買えなくても保存した画像を時々眺めてはニヤニヤしています。
幸せのおすそ分け、させて下さい。
(あくまでも私視点です、髑髏なんぞ見て幸せになれるかゴラア!という方は場違いですのでどうぞお帰り下さい)

まずは今回購入した髑髏ーず。


象牙 髑髏ボタン page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l354831699
髑髏のボタンという発想が凄くて、あれ、これボタンとして使うよりカメオ的に印台風リングにセットしたら超かっこよくね?と思った瞬間に脊髄反射で入札。


象牙 晒し髑髏 キーホルダー http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u108000335
クオリティ高いくせにすんごい安い!でこちらも漏れなくポチっとな。


象牙 髑髏冬虫夏草 置物 http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e190013929
と、冬虫夏草!なにゆえwwwもう本当にこの方の発想が面白すぎて気づいたらこれもポチっ!


象牙 晒し女髑髏 http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m168193396
これは予算の関係で(既に沢山買った後だったので)さんざん悩んだあげくにやっぱり買います!これ逃したら一生後悔します!…で交渉成立。

 
象牙 鬼髑髏 http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b209226295
以前鬼髑髏楊枝を買わせて頂いて、鬼髑髏の魅力に虜になり「普通の髑髏も良いですが鬼髑髏が欲しいんですけど、作って頂けますか?」と問い合わせたら「実は作ってあります」
さすがH氏!というかエスパーですか??

般若が髑髏んなったらこんな感じよね。

ひと〜つ人の世生き血をすすり、
ふた〜つ不埒な悪行三昧、
みっつ醜い浮世の鬼を退治てくれよう桃太郎

で当然こちらも即ポチ。


象牙 骨面魚 http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b209226295
見た瞬間にかつて一世を風靡したシーマンを思い出しました。超絶欲しかった品です。
最初は5万円越えで、欲しいけど今回はこれ以上買えないから…と諦めてその旨も伝えておりましたが、
後日まさかの値下げ、その次はいきなり1円スタートオークション!これは逃してはなるまい!と入札しました。さすが1円スタートだけあってライバルがかなりおりましたが、大金投入して蹴落としました。(ワレながらエゲツない)

以上6点が今回 短期間で一気に購入した品です。
ちなみに全部見事に象牙なので、毎度のことですがイタリアには送れません。
イタリアには手運びで持ち込みます。
といっても次回帰国は再来年になりそうなので、かなりの間の辛抱、実物を手にするまで
我慢の日々です(ぐはあ)

次は購入しませんできませんでしたが発表された新作の数々をご紹介。


象牙 吊るし髑髏 キャラメルコーン風 http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t481511155


鹿角 髑髏 リング http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d196689131


鹿角 髑髏(下顎なし)リング http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t478810827


鹿角 一つ目髑髏 リング http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n176269519


鹿角 三つ目髑髏 リング http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c558727505


象牙 髑髏 爪楊枝 http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f181424181


象牙 髑髏 プレート http://page23.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/o148338609


象牙 髑髏 プレート ストラップ http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r155687424?al=12&iref=alt_s


象牙 鬼髑髏 プレート ストラップ 1円オークション!
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b213520165


象牙 女幽霊髑髏 ストラップ http://page21.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j400547114
松本零士作品に出てくる女キャラ風です。


象牙 髑髏 数珠 1円オークション! http://page14.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s496046246 


象牙 髑髏 耳かき
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w144542918


象牙 蛇髑髏 耳かき http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r157908999


象牙 髑髏 ボタン(バージョン2)http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p519359480?al=12&iref=alt_s


こうしてみると壮観ですね…

今回購入した品は実物を手にするのがまだまだ、相当先ですが、以前紹介した、前に購入したものは先日の一時帰国でやっと実物を手にすることが出来て(感動)、イタリアに持って帰りました。
次回はそのお宝髑髏ズを改めてご紹介したいと思います。

以上

今一番私の中でホットな髑髏作家H氏の作品のご紹介でした。






アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。