1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-04-20 21:25:25

Santa Maria Novella (中庭~宝物展示室編)

テーマ:イタリア(日常1)
(続き)
Santa Maria Novella サンタ・マリア・ノヴェッラ教会(中庭~宝物展示室編)



Cattedrale di Santa Maria del Fiore サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
ドウオーモ、クーポラで有名な大聖堂の併設のミュージアムにもお宝(聖品、聖遺物入れ キボーリオ等)はありましたが
こちらも十分クオリティ高く、量で言えばこちらのが上じゃないかな。

「私教会にはとんと興味無いけど聖品類は三度のメシより好きなんです(キリッ」って人には全力でお勧めします。
ってあまりいないですね、そんなレアケース。

じっくり見るには(特に展示室)かなりの時間を要しますので、時間配分的に同日にこことドウオーモ、ってのは相当キツイので
今日はドウオーモと併設ミュージアム、明日はサンタマリアノヴェッラ教会と展示室&サンタマリア薬局でお買い物、という感じで分けた方が無難です。
あまり一日に詰め込んで一気に見ると、どうしても目がすべってしまって見てるようで実は全然見れておらず限りなくスルーに近い状態、になってしまうので
Firenzeで有名どころの教会見るなら充分ゆとりのあるスケジュールで見て回ることをお勧めします。


まだこの他に有名な教会でははずせないサンタクローチェ、サンロレンツオがありますが、
それはまた追って後日にご紹介します(といっても5月末~6月と大分先になりますが)


もうすぐ日本へ1ヶ月一時帰国します。
今回パソコンの類は持って帰らないので限りなくアナログ生活です。
なのでその間ネットショップやSNSはお休みします。

イタリア帰国後の5月末以降にまたブログ、ネットショップ、ツイッター再開します。
それではまた!

アッリヴェデルチ!





アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送
AD
いいね!(20)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-04-18 02:52:51

Santa Maria Novella サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

テーマ:イタリア(日常1)
少し前にまたFirenzeに行ってきました。

『イライラしてたから』
『子育てに疲れてたから』

まるで犯罪者のような言い分ですけどまんまです。
なんでわざわざ日本一時帰国が迫っているこのクッソ忙しい時に!とは自分でも盛大に突っ込みましたが、
どうしてもスケジュールに空きがなかったので致し方なく。

弾丸お一人様旅行でしかもたったの1泊ですが、今回のミッションは「グルメとかほんとどうでもいいし興味ないから時間のある限り街歩き、教会めぐりをする。後写真。以上。」
勿論そこに恒例「サンタマリアノヴェッラ薬局でお土産買う」が入ってました。
親友のリクエスト品と、お世話になった方々や友人らへのお土産です。
中途半端にイヤゲもの買って押し付けるよりは誰もが使えるような品でしかもそこそこ高級品として認知されていてかつ、お値段はほどほど(モノによりますが)
イタリア土産、ギフトには最適なんですね。

『イタリアに旅行来たけどお土産どうしよう…』

うん、悩みますね。
わかります。
私もその一人でした。
でもサンタマリアノヴェッラの品を昔イタリア旅行に行った知り合いから貰った時に、特にコスメに興味の無い私でも「ええ!サンタマリアノヴェッラの○★!?凄い嬉しい~ありがとう!!』
でしたから。
今はその頃よりももっとずっと有名になって認知度高くなってますから、よりお勧めです。

ところで。
上で話してるのはサンタマリアノヴェッラ(薬局)の方で、肝心の教会の方はかなり昔に一度行ったきりでしたが
でちょっと前に書いたブログにはつまらん、的に大変けしからん事を書きましたが、つまらなくはないです。
つまります。
好きか嫌いかでいうと、スタイルはあまり好きでないですが、見所沢山、充分価値があります。
併設のミュージアムも聖品ワンサカです。
どうしても私の頭の中に「自分的にナンバーワンの『マイ教会』」が常にあるので(私の場合はシエナ大聖堂)どうしてもそこと比べて「ここは好き、嫌い、つまる、つまらない」と見ちゃうんですね。
何様だよって話ですね。

いつも薬局に行くばかりで教会の方は盛大にスルーしていましたが、今回は邪魔者がいないので行ってきました。

サンタマリアノヴェッラがあまり好きでない、というのはなんというか教会に入った途端
「うわあすげえええええ」な感覚があまり生じない、
どちらかというとガラ~~ん、、としている印象なんですね。
祭壇周りとか壁画、をよく見ていくと後からジワるタイプです。

なんというか
化粧も服装もナチュラル系で地味すぎて一見スルーしがちな女なんだけども

あれ?君実は美人じゃない?
え!?あれ?いやいやいやマジ美人じゃないすかー!?

って後からじわじわとピンポイント美(あくまでもピンポイント。全体で見ると結構残念系)
にひとつひとつ気づいて気がつくとすっかり魅了される。。。

いますね、こういう女性。
そんな感じの教会です。

文章では彼女の良さをお伝えするのはなかなか難しいので写真をご覧頂ければと思います。








画像多いので続きます。




アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送
AD
いいね!(2)  |  リブログ(0)
2016-04-07 05:07:30

フォカチェッタ祭り

テーマ:イタリア(イベント)

フォカチェッタ
モチモチした薄いピザ生地風の生地の中にストラッキーノという柔らかいチーズを入れて閉じ、揚げたもの。
地元Reccoはフォカッチャコルフォルマッジョが有名ですが(名物)、使うチーズは同じです。

Megliからの眺め。下に見える街が地元Reccoです。ウチはちょうど手前の2本の糸杉の左側の根元左側付近 海からすぐの所)

先週日曜日に近所の高台(Megliメッリという高級住宅地、別荘地)にある教会でSagra delle focacetteフォカチェッタ祭りが開催されました。

イタリアは暖かくなるといたるところでそれこそ秋くらいまで各地でいろんな食の催し(Sagra)
が開催されますが、
今回はフォカチェッタという
アゲパンみたいな感じで中にストラッキーノチーズがトローリと入ってる食べ物。
大人も子供も大好きなスナックです。
無料で提供されるのでそりゃ行くがな!
ってことで
行ってきました。

今までは無料送迎バスがあることを知らず大変な苦労をしたのですが(子供を背負ってプチ山登り)
今回は友人情報で無事バス乗車(夫だけ運悪く定員オーバーにひっかかり、次のバスを待たずに大汗かきながら徒歩で登ってきました^^;)

まだ始まる前なのに長打の列。
割り込みやズルを避けるために「お一人さま1個」
並んでない人分をもらったりはできず。
食いたきゃ子供でも老人でももれなく並べ!なシステムです。
普段バス亭、駅や公共の場所、どこにおいても絶対に列を作らないイタリア人ですがさすがにこういう時は大人しく並びます。
まあでもどこからともなくふんわりと割り込みする人々ってのは多少はいますが、イタリアあるある、怒ったら負け。なのでスルー推奨。

かなり待ちましたがいよいよゲットです!
ちなみに手前のザルにはOfferteオッフェルテ、基本無料だけど気持ち宜しく!
それぞれ払う人、払わない人、ポケットの小銭入れる人、さまざまです。

下で巨大な鍋で一気に大量のフォカチェッタを揚げてますね。
つるべで引き上げる画期的なシステム!

熱々なので要注意。
チーズの部分に達すると液状のヤツがドロっとコボレ出てくるので中身は少しづつ吸う感じで食べるのがコツ。

子供も大好きなスナック。食べなれたもんです。

近くのテニスコートでミュージックフェス。

オリーブの段々畑的なところにはもう既に出来上がった人がゴロゴロしてます。
ワインのビンとか転がってるしw


野ザル2匹。




ひな菊の花輪を乗せて姫になりきる娘と友達。

このひな菊の花輪ですが、
イタリアで花輪を作ると毎回絶賛されます。こちらが恐縮するレベル。

「わ~!マーガレットの花輪!凄い!」

大人も子供も皆興味深深。

日本だとシロツメ草とかレンゲソウで作るもんですが(子供の頃近所の空き地でよく作ったもんです)
イタリアにはそういう習慣?が無いようで、誰に聞いても見たことも作ったことも無い、と。
だから作るとものすっごい注目受けます。

そしてうっかり一つ作ろうもんなら、女子がぶわ~~っと集まってきて

「今度は私にも作って!」「私も!」

囲まれます。せがまれます。
花輪職人、いや花輪製作奴隷にならざるを得なくなります。

そういう時は、
「じゃあなるべく茎の長いのを沢山持ってきて!」というと
皆必死で集めてきます。
女子どころか気づくと周りの男子まで協力する有様。

そして作ると本当に、それはそれは嬉しそうに、宝物のように
頭に載せたり、
しなしなとポーズ取ったり。

オナゴですなあ。
女心は日本もイタリアもかわりませんね…




アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送
AD
いいね!(10)  |  リブログ(0)
2016-04-04 05:58:31

IHS,INRI 救いの人~ユダヤ人の王、ナザレのイエス

テーマ:Fortunaラッキーチャーム


IHS,INRI 救いの人~ユダヤ人の王、ナザレのイエス

キリスト教でおなじみ、IHS(あるいはJHS)とINRI。
IHSは祈祷書の表紙や、祭壇飾りや修道士の衣装の装飾等によく見られ、INRIはクルシフィクス(キリスト磔刑像)のキリストの頭上につけられた罪状に刻まれている文字。




IHSはラテン語でJESUS HOMINUM SALVATOR「救いの人イエス」という意味で、
一方INRIはラテン語のIESUS NAZARENUS REX IUDAEORUMの頭文字であり、日本語では「ユダヤ人の王、ナザレのイエス」と訳されますがどちらも「イエスキリスト」を象徴、意味する言葉です。
いずれもキリスト教的に非常に重要な言葉、モチーフですが、この二つの頭文字のうち特にIHS(JHS)はキリスト教、宗教という枠を飛び越えた、素晴らしい芸術作品として沢山作られてきました。
身近なところでは教会装飾や、祈祷書の表紙、一般人向けに作られているメダイなどの聖品ですが、
教会併設の博物館や、美術館などではかつては王侯貴族がお金に糸目をつけず作らせたまさに贅を極めた宝飾品クラスのジュエリーなどもお目に掛かることが出来ます。まさに「ピンからキリまで」。

様々なフォント、いかにも中世、ゴシックな雰囲気のフォントをそのままIHSと並べるだけでもカッコいいというのにプラス茨冠との組み合わせ、
枠作って透かしにしてみた、更にダイヤ入れてみた、なんてことになったら(参考画像のアンティークジュエリーのように)


超カッコいくないですか!!??

・・・
という訳で
(ちょっと前の話ですが)このようにあまりにもIHS(とINRI)がカッコイイもんだから
私のデザインしてるブランドFortunataの企画テーマのひとつとして提案し決定、デザインをしました。
今頃はもう商品化してると思いますけど。
(画像ゲットしたら改めてご紹介します)

自分で言うのもなんですがもの凄く…カッコイイです…なデザインが描けたと自負してます。(ので早く見たいんですがね私も)
日本帰国時に商品サンプル確認できるかも?!
楽しみです。



アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送
いいね!(3)  |  リブログ(0)
2016-03-31 19:41:56

GLYPH グリフ

テーマ:ブランド


GLYPH グリフ jewelry design&creations

親友がジュエリーブランドの立ち上げ準備中なのでちょっと宣伝をば。

もう15年以上になるかな。
ジュエリー専門学校時代の同級生です。
そして同じジュエリー業界で会社はそれぞれ違いますが一緒に闘ったいわば戦友です。
働きすぎて私は欝で退職(笑
働きすぎて彼女は何度かガチで倒れ(笑
どんだけジュエリーと仕事好きすぎんじゃい(爆 って感じの二人で
共に長くジュエリー業界で仕事してました。
お互い励ましながら切磋琢磨してきました。


色々と
彼女以上に気が合う人はいませんね。
肉親以上に信頼している人です。

そんな彼女がようやく自身のブランドを立ち上げることになりました。
ジュエリーの趣味嗜好が私と似ていて、どれを見ても欲しくなります。
チェーンリングとか
スライスカットのダイヤとか
クラフト感溢れるテクスチャーとか。

ほんといい。

ゆくゆくは新宿のイセタンの1Fとかバーニーズとか、是非進出してくれっていうか勿論狙ってるだろこれ!と
今から本当に楽しみです。

ホームページはまだ準備中とのことでメインのサイトはありませんが、
インスタ、ツイッター、フェイスブックで彼女の商品や、デザイン工程、仕入れの様子、デザイン画や原型など見ることができます。

私ら業界の人からしたら日常すぎる普通の光景でも、業界外の一般の人から見たら相当、面白印じゃないかな。
是非是非、見てやってください。


GLYPH グリフ jewelry design&creations

instagram
https://www.instagram.com/glyph_jewelry_creation/

twitter
https://twitter.com/GLYPH_jewelry

facebook
https://www.facebook.com/glyph.jewelry/










アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送
いいね!(5)  |  リブログ(0)
2016-03-22 06:41:52

蚤の市行ってきたから写真うpする(イタリア・ジェノヴァ編)

テーマ:イタリア(日常1)
写真で綴るイタリアの蚤の市。

あ、誰ですか?

「お前文章書くのめんどくさくて画像に逃げやがったな」とかおっしゃってるのは!

ち、違うんだからね!


。。。





イタリアの蚤の市の雰囲気伝わりましたでしょうか。
整然とコレクターばりにカテゴリ分けしている店から
高級なものしか使わないお高い店、
それ家のゴミ持ってきただけじゃね?的なガラクタ屋まで、ピンキリです。

山のような宝の中から、ゴミを探します。


。。。

じゃなかった。

山のようなゴミの中から、宝を探します。
まさに、玉石混合。

私個人的にはガラクタ屋のが好みなのと、そういうところのが意外な掘り出し物、お宝が見つかることが多く、
しかもこれまた相場よりずっと低い値段で買えたりするので(店主が価値わかってない事が多い)
そういう店をむしろ重点的にチェックします。
もちろん高級骨董セレクトな店も見ますが、見つけても(素晴らしいものが見つかることは多いんですが)
大抵ありえない値段を言われるので(ぶっちゃけオークション、海外骨董商から直接買い付けのが安かったりする)
ケースバイケースですが、殆ど買うことはありません。

時々あまりにもな値段をふっかけられると、カチンときてつい「いやそれ相場からあまりにもかけ離れてるでしょ」と突っ込みを入れる嫌なバイヤーです。

「これシルバーよ!ほらここに刻印あるでしょ!」
「いえこれアルパッカですよ。刻印もアルパッカって書いてあるでしょ」

「これ1800年代の~」
「いえこれ1900年代以降ですよ。それ以前はこの技術では作られてなかったはず」

「これ安くしとくよ!~~でどう?」
「ありえないでしょ。相場は~~がいいとこですよ。」

本当に嫌なバイヤーだと思います。
しかもいたるところで写真撮りまくってるのでウザイ事この上ないと思います。
どうです、写真にもところどころ写ってますね、

「何写真撮ってんだゴラア」

こちらをガン見している…! な写真が(笑


まあでも実際買い付け時はツイッターで買い付け報告するために数枚写真をスマホで撮るだけで、(画像悪くて毎度すみません)
普段はカメラでは写真撮りません。
蚤の市写真は、こうやってブログに載せるために「今日はブログ用に写真を撮る!」
ミッションのひとつとして予定してのことで、それがなければ買い付け時にその都度写真を撮るなどという気力も余裕もございません。

仕事で行くのに「好きな蚤の市見れていいじゃない、楽しいでしょ」とか姑に言われると軽く殺意を覚えますが

実際買い付け目的の蚤の市ってのは物凄い体力気力消耗します。(バイヤーあるある)

リアルで「目があ~~!目があ~~~~!!!!」ってなります。
買い付け中は物凄い集中してるので疲れを感じませんが、終わった後にドカンときます。
買い付け後に毎度廃人になるのはそのせいです。
まあ歳のせいもあるんですけどね(笑


そんなもんでなかなか、きちんと写真を撮る機会がありませんでしたが、今回ブログでご紹介しようとなんとか
数撮ってきました。

楽しんで頂けたのでしたら、甲斐がありました。


また機会があれば写真撮ってきます(違う場所で)
気長にお待ち頂ければ。





アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送
いいね!(4)  |  リブログ(0)
2016-03-20 07:31:07

髑髏好きが作るケーキ2

テーマ:メメントモリ、スカル、髑髏ネタ

今年もまた髑髏ケーキを作りました。(といっても2月の話ですが)
去年の記事にも書きましたが、自分の誕生日くらい己の欲望炸裂させたろうやないけ!と
夫にYou! Sick!と咎められようが、信念変わらず。

去年作った第一弾髑髏ケーキは味にかなり重点をおいたが故に起きた悲劇

中身が大好きなチョコババロアベース→溶けるにきまっとる
外側がアイシング→旨くカバーできないにきまっとる

でグズグズでダルダルなのができてしまった。

【証拠画像】「コレじゃない」ケーキ

理想はこれでした。


でも調べるとこういう類のケーキは、スポンジケーキをベースに、まず第一層にバタークリームでかなり形を作りこみ、第二層でホワイトチョコやアイシングで更に細かく、とやるようで、
メキシコだと髑髏ケーキを(ただし極彩色で花柄や模様でキラ可愛髑髏)作る習慣があり髑髏ケーキの作り方のサイト@メキシコも参考にしたのですが、

メキシコの髑髏ケーキ。(私的には、『コレじゃない』)

メキシコやアメリカで売っている「髑髏型」スポンジケーキの型。
欲しいけど、邪道な気がする。。。(だが欲しい!)

問題は私がバタークリーム死ぬほど嫌いなんです。
ホワイトチョコはその次くらい。

じゃあダメじゃんw

どちらもデコケーキには欠かせない材料なんですが、そこは私の誕生日、嫌いな食材など使えん!ということで

無理を承知で生クリームでコーティングすることにしました。
ハイもうこの時点でまたダメダメな結果は見えてますね(苦笑

それでもなんとかやろうと。
やることに意義があるという言葉は正直一番嫌いなんですけど(プロセスより結果派)
まあやってみることにしました。

スポンジを焼くという芸当が実はできないもので、(何度やってもマドレーヌみたいに硬いものになる)スポンジの代用品を探していて見つけたのがこちら。
実は髑髏ケーキを作る前、娘の誕生日(まさかのクリスマス直後)にバービーケーキを作ったのですが、ドレスの部分の盛り上がり何で作る、で思いついた食材がコレ!
同時に「これで髑髏もできるじゃん!」一石二鳥な食材もコレ!

イタリアのクリスマスといえばパンドーロ。(とパネットーネ)

クリスマスといえば生クリームたっぷりのデコレーションケーキでしょ、な日本人には受けが悪いことこの上ない、
クリスマスの豪華な食事の後にデザートとして出てくる瞬間「デザートにコレかよ」
私的には不満いっぱいのイタリア菓子なんですけどね、
こいつが髑髏ベースにぴったりだな!と。
ちなみにスポンジとパンの間くらいな触感。

いつも使っている出来合いのスポンジは円形で既に3層に切られていて、これで立体作るとしたらアータ何枚必要なのさ!しかも円デカイし。
ということで市販の出来合いのスポンジは対象外だったので、ほんとコレがあって助かりました。
クリスマス時期を過ぎて一月になると一気にセール価格で安くなった頃に買っておいたヤツです。


ミケランジェロ『見える!この中にいる髑髏が!!それを外に出してやればいいだけの話。』
私『。。。( ゚д゚)せんせーい!何も見えませーん!』

髑髏っぽくなってきた。

モロモロ崩れてきたのでこの辺で打ち止め

大量に出た余りカス(後でスタッフが美味しく頂きました)(正:涙目で1週間掛けてちびちび消費しました、私ひとりで)

アイシングで歯を作ります。

とりあえず6番まで作りました。

とりあえず足りそう。

生クリーム作業は時間勝負なので途中写真はありません。
なのでワープ。

完成!


去年はMemento Mori(メメント・モリ=死を想え)と書いて夫にえらく怒られましたので、
今年はそれよりはポジティブ?にCarpe Diem(カルペ・ディエム=その日を摘め 「われわれは食べて飲もう、明日は死ぬのだから」
と書こうかな、といろいろ悩みましたが結局書いたのは、Ormai 41,,,Poi,,,(もはや41、そして、、、)
ちょっと意味深な感じですね。
縁起が悪いことには変わりないですが(笑

デコをシンプルに生クリームだけにした割には髑髏の形状がきちんと出ていて、差し込んだ歯もそれなりに見えて、よく出来たとは思うのですが、不満なのは生クリームがダレダレで、
イタリアの生クリームは日本のと違うのか、泡立て用と書いてあるものでも日本のそれみたいな出来上がりにならないんです。
泡たて方が悪いんじゃねーの、と突っ込みたいそこの方、
いいえ
かなりキチっとやってます。部屋の窓全開にして室温下げて(自分はフリース装着)
泡立て用のボウル等は直前まで冷凍庫
勿論冷やしながら(大量の氷で)
回転速度に注意しつつ
砂糖はケーキ屋知り合いに聞いたアドバイスどおり最後の仕上げ直前でまさかのパウダー砂糖(グラニュー糖でなく)
ってやったんですけどね。
夫に頼んだ私が悪かったんですけどね、このメーカーのクリームだけは(一番安い、泡立たない)買ってくれるな、というクリームだったんですね。
それを買ってきやがったんですね。しかも大量に。(なので別メーカーの買いなおしにいけませんでした)
使うしかなかったとは言え予想してた以上にダレダレな生クリームの出来にガックリ。

残念無念。
次回は生クリームの質に更に重点をおいていこう!と誓いつつ。
(そして絶対に夫に生クリーム買いにいかせないとも誓いつつ)

誕生日当日は夕食に友人を招きご馳走、ケーキの時間にまさかの子供ら二人とも寝落ち(友人来訪にはしゃぎすぎて疲れはて)
結局ケーキでのお祝いは翌日の夕食後になりました。


血は争えません。(というか私のせい)髑髏大好きな子供たち

この笑顔^^

『ユウキ歯のところ食べる!!!』
『ミナも!!!』


『ホラホラそんな喧嘩しなくても~ 半分に分けるよ?』


ザックリ。



お味の方はどうかと言うと、美味しかったです。生クリームが。
中身はひたすらパンドーロ、
もう1月も過ぎるとイタリア人「パンドーロもう見たくもない」位に飽きてますので、
せめて中身に何か入ってないと食べるのも苦痛なくらい、飽きてますので(笑

正直全部消費するのきつかったです(撃沈


。。。

次回は中身をまさかのレインボーカラーにしたいんですが、そうなると7色それぞれのスポンジを焼かなきゃならないという、
一気に仙人レベルまでいかなきゃならないので、少しずつ今から練習しないとですねって

また髑髏かよ!という突っ込みは無粋というものですわ奥様、ヲホホホホホh






アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送
いいね!(2)  |  リブログ(0)
2016-03-17 07:47:19

サンジョルジョ、まさかの…!

テーマ:言い伝え・お守り・幸運もの
今回も真面目なお話です。髑髏の話じゃありません。
え?髑髏の話をしろ?
それはまた次回のお楽しみということで…

ツイッターをやっておりまして、最初はお店の宣伝目的でなんとなく始めましたがいまや立派なツイッター廃人と化しておりますが

このツイッターというものは凄いですね。
時々意外なところから 目から鱗な情報を得ることができます。

ネットショップの人気商品のひとつに、聖ジョルジョ(イタリア語でSan Giorgioサンジョルジョ)のメダイがありまして、私も大好きなメダイのひとつなのですが、
先日またその人気商品の聖ジョルジョ(ゲオルギウス)メダイをツイッターにてご紹介したところ、
フォロワーさんのお一人から、「これはゲオルクスターラーと呼ばれるものではないか」というご質問を受けました。
うん?なんだそれ?知らんぞなもし...


ネットショップで販売した聖ジョルジョ(ゲオルギウス)のメダイの数々。

『ドラえも~ん! 助けてえ~』
『仕方ないなあ~のび太くんはぁ~! ハイ! Wikipedia!』

https://de.wikipedia.org/wiki/Georgstaler

_人人 人人人人人人人人人_
>まさかのドイツ語のみ! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

グーグルクローム自動翻訳マジッくう~♪日本語に、なあれ!


…すいませんちょっと何言ってるかわからないです…

イタリア語で翻訳すると割とまともな翻訳になったので読むも5分でめんどくさくなり。
え~いどこかにゲオルクスターラー説明してくれる神はいないのか!

いました。
この方が、神です。そして神ブログ。
「オルフェウスの窓」ファンサイト管理人さんのブログとのこと。

オルフェウスの窓!懐かしい!
ちなみにイタリアでは同世代でベルバラ(ベルサイユのバラ)を知らない人はいません。
(イタリアでは「レディオスカル」というタイトル)
その作者池田理代子さんの代表作のひとつです>オルフェウスの窓

彼女の作品は全部読破しましたが何せ相当昔の話なので、内容もうろ覚えなんですが、
これまた別のブログによりますと、
主人公ユリウスの母アーレンスマイヤー夫人が若かりし頃、伝説のオルフェウスの窓の下でヘルマン・ヴィルクリッヒと運命的な出会いをし、以来2人がお守りとして持つことになった、ゲオルクスターラー。

そんな場面あったかいな…と重要そうなシーンすら覚えてない私の脳大丈夫?とやや心配になりつつ上の神ブログのゲオルクスターラー解説読破。(ウィキのドイツ語版を日本語訳された上に詳細まで別に調べられて追加記述されているとか何それ素晴らしい!結婚して!)


本文そのまんまコピペする訳にはいかないのでざっと分かりやすく箇条書きで説明すると

1521年マンスフェルト伯爵が鋳造させた銀貨が起源
当初この銀貨の裏面は伯爵家の紋章
騎士の守護聖ゲオルクコイン大人気お守りとして兵士や騎士にバカ売れ
需要が高まりすぎて供給が追いつかないよ助けて@17世紀終わり
ハンガリー某職人「裏に『イエス突風を鎮める』図柄にすればいいんじゃね?」
19世紀船乗り「まさかの嵐静める場面!俺たちにぴったりウェ~~イ」
以降船乗りのお守りとしてもバカ売れ

ここでウィキペディアの真正ゲオルクスターラーの画像を見てみましょう。


おんなじですやん。
ウチで取り扱いの品々と全く同類ですやん。

ウチで扱った聖ジョルジョ(ゲオルギウス)メダイの数々。
それこそ、『ゲオルクスターラー』ですね。(片面のもの、裏面が別の絵柄のものは除きました)



こうしてみると改めて、お守り的な内容云々さておき、めちゃカッコイイじゃないですか。
惚れ直しました。

。。。

同時に
今までウチの顧客様はカトリックの方が多かったですが、
これからは
「池田理代子ファン」
「オルフェウスの窓ヲタク」にも
ロックオンできるかなと。

新たなマーケット開拓できるかもしれませんね。フフフ


。。。




アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送
いいね!(4)  |  リブログ(0)
2016-03-15 06:39:41

Croix de Loraraineロレーヌ十字

テーマ:Fortunaラッキーチャーム
今日は真面目な話をしてみます。
髑髏の話じゃないですよ!そこのお嬢さん、戻ってきてーー

デザイン業と兼業、いやむしろ本業ですね、アンティークの聖品を扱うネットショップをやっとりますが
最近いくつか特に嵌っているモチーフがあります。

その中のひとつ
Croix de Loraraine
クロワ ドゥ ロレンヌ(仏)ロレーヌ十字
なんかもクロワって響きからして素敵な感じなんですけど

ご存知クロス、十字には非常に沢山の種類があって、それぞれメダイやロザリオ用のクロス、壁掛け用その他etc,,沢山作られていますが(勿論最悪な使われ方しちゃった可哀相なクロスもありますが>まんじ、黒十字、鉄十字=ナチスの象徴

十字いろいろ

その中でもフランスが誇る超カッコイイ十字、ロレーヌ十字というのがあります。

Croix de Loraraine
クロワ ドゥ ロレンヌ(仏)ロレーヌ十字

フランスを象徴する有名な十字架、ロレーヌ十字。
元はフランスを侵略者から奪還する戦いで有名となった、フランスの国民的英雄ジャンヌダルクを象徴するクロスでした。
フランスの東部ロレーヌとアルザスがドイツに併合されていあ時代、ロレーヌ十字は失った領地を取り戻そうというフランス人たちの希望を集結させる役割を担いました。
この歴史的な重要性がロレーヌ十字にフランスの愛国心の象徴としてのおおきな重みを添えており、今でもフランス人の誇り、象徴としてロレーヌ十字のモチーフは愛され続けています。
貴族や王族の紋章のような王冠を被った鷲とロレーヌ十字の組み合わせのモチーフや、あるいはかつてガレやドームなどが興したアールヌーヴォーの中心地であったフランスのナンシー州の紋章にもなっている、ロレーヌ十字とアザミの花という組み合わせの意匠もまた、フランスを代表するモチーフのひとつにもなっています。

いきなり硬い文章なんでって言われたらそりゃ企画書からそのまんま引っ張ってきた文章だからですよってことで
ハイ、そうです。
ロレーヌ十字が好きすぎて私のデザインしているブランドFortunata(フォルトゥナータ)のチャームのデザインの企画テーマとして提案し決定。そしてデザインしました。
割と最近の話なんでまだ現物は見てないどころかどのデザインが決定したのかもわかりませんが
これもまたデフォルトということでさておき
ロレーヌ十字(聖品)の数々画像まずはご覧下さい。

カッコイイですよね!
本当にフランス人どんだけロレーヌ十字好きなんだよ(惚 って感じにありとあらゆる素敵デザインの数々…

私のデザインしたものはこれらのカッコよさに対抗できるのでしょうか(心配
既に世の中に出回っている星の数ほどのアンティークロレーヌ十字アイテムに負けないくらい、素敵なチャームに出来上がることを全力で祈りつつ。

出来上がりが楽しみな日々です。
S社長!サンプルあがったら画像送ってくださいm(- -)m





アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送
いいね!(2)  |  リブログ(0)
2016-03-09 05:10:09

英『髑髏ですか?売りますし買いますがそれが何か?』米『Yes,We can!』

テーマ:メメントモリ、スカル、髑髏ネタ

こんなサイトがあったら速攻で有料会員登録します。



こんにちは。またまたご無沙汰をしておりました。髑髏です。

じゃなかった。
髑髏好きなブログ管理人です。

すみません髑髏好きすぎてついうっかり間違ってしまいました。


もう素敵イタリア生活ブログどころか髑髏ブログになりつつある当ブログですが、
髑髏好きなんで仕方ないですね(棒


日々髑髏髑髏言ってて周囲からはヒソヒソされていますが、髑髏ってのは
昔からMemento Mori(メメントモリ=死を想え)
キリスト教の重要なモチーフで至る所に髑髏出てくるし、あるいはVanitas人間の死すべき定めの隠喩である頭蓋骨を静物画に配置することで観る者に対して虚栄のはかなさを喚起する意図をもたせたり云々

まあ要するに何が言いたいかっていうとなんだかんだ言ってみんな好きなんだよ、気になってしゃ~ないのよ髑髏が。今も昔も。(結論

好きなくせにい~

髑髏コレクションをしていると常日頃しつこく書いていますが、もうそんなに好きなら本物いっちゃえYO YOU!
と思いまして早速ググってみました。

。。。

。。。


その日、人類は思い出した
思った以上に世界は広かったことを。

この世で普通に髑髏が売買されている現実を。


イギリスのアンティーク髑髏売ってるサイト


そうなんです、普通に売ってました。
まさかのイギリスで。
(この後アメリカでも普通に髑髏売買サイトを見つけて愕然としました)


偏見かもしれませんがアメリカと聞くと

「あ~、アメリカさんはね、メキシコも近いしね(意味不明)。なんでもアリだよね」

で割と片付けられそうですが
イギリスってちょっと!そういう国だったっけ??マジすかーー!!
しかもこっからめっちゃ近いじゃないですか!


そして閃いた。


「そうだ。髑髏売ろう」


髑髏を売ろうというマジキチな発想に心の底からドン引きする夫(真顔でYou,Sick!お褒めのお言葉頂きました)
ビジネスの1企画として真面目にプレゼンする私

「絶対売れるって高くても!」

「本物だからこそ欲しいってひと星の数ほどいるはずだよ。髑髏好きだからわかる(ドヤっ」

「例えば10万前後で仕入れて30万の値つけてもね、売れる自信あるよ」

「Hentai大国日本をナメてもらっちゃ困るね。」
「単なる髑髏趣味の人以外にも、例えば彫金やってて髑髏モチーフ作ってる人とかでも絶対需要あるから!実際買いそうな人もいるし顧客確定すよ!」
「ま~でも日本は所持自体がアウトだろうし、それ以前に税関で没収されるねきっと」

「そんなもん家に置くとかケスキーフォ(気持ち悪い)」と最初はドン引きしていた夫も金額聞いた途端に真顔で「ちょっと調べてくる」

しかし間もなく撃沈しました。

イタリア、髑髏、ダメ。絶対。
一般人の髑髏所持禁止。(医療関係とか特殊なケースを除いて)

ええ~~ 

同じく日本でも予想通り所持NGだそうで

イタリアもダメ(輸入すらできない)
日本もダメ(販売ルート絶たれる)

マジなんでアメリカとイギリスがOKでイタリアと日本ダメなんですか教えて偉い人。

くやしいのうくやしいのう。


見れば見るほどホレボレする枯れっぷりのアンティーク髑髏(本物)
わかってますねイギリス人。
アメリカのサイトの方は綺麗にクリーニングされすぎてたり、露骨すぎたり(子供のまである)
別に骨格標本として欲しいわけではないですから、と
ま~ちょっとそっちはさておき
イギリスのはひとつひとつがいい具合に枯れてたり朽ちてたり(もしかして盗掘じゃないかと心配になるほど)
こういうのがいいんですよ。



パリの有名なカタコンベで何百何千とひたすら髑髏や大たい骨を見てきて思ったのが、当たり前だけどかなり個体差があるんですね。
眼孔が離れているもの、近すぎるもの、彫りが深いもの浅いもの、アゴが出てるもの、鼻の下が長いもの
美人イケメンブスブサイク 美醜はもう骨格レベルから差がついてるよね、と納得してしまうほど、差が激しいんです。
そして当然好き嫌いが出てくる。

イケメンさんじゃないですかーやだー
うわ~この人生前ブッサイクだったろうな…ちょっと無理ですゴメンナサイ。

(失礼にも程がありますが死人に口なしということで言いたい放題です)

世の中に出回ってる骨格標本とか、レプリカとか、更にそれを参考にして作られたスカルものがどうしても好きになれないのは

「どれもこれも、版を押したように一律同じような顔だから」

なんでどれもこれも似てるんでしょうね。
しかも好みじゃない顔立ちで。

髑髏もの作ってらっしゃる方読まれてたら声を大にして言いたいことがあります

「どっかで見たような同じ顔の髑髏ばっかり作ってんじゃねー」
自分作らないのに偉そうな事言ってすみませんが、
ほんとコレに限ります。

以下ひたすらアンティークモノホン髑髏画像貼っていきますからよ~くご覧ください。
本当に全部違いますから。

貴方(貴女)のお好きな髑髏は、どちら?




「すいません僕はじめてなんですけど」
「ええと・・・3番か5番か・・・どっちも可愛くて迷いますね」

「お目が高いですね!どちらも当店のランカーですよ!」
「お客さん、当店ナンバーワンの売れっ子の1番ちゃんどうですか?」

「すいません僕的にはどっちかっていうとナシです」「チェンジで」

「じゃあ今空いてるの3番ちゃんなのでそっちいっときます?」

「ハ、ハイ!!お願いします!!」

「実はここだけの話なんですがね(小声」
「全身コースってのもあるんですよ」

「ぜ、全身コース!!!」


「ま~これとか割とノーマルなんですけども」

「うわあ!」

「こちらとかですね、マニアな方にそれはもうご好評いただいておりますよ」

「こっ これは!もしかして盗掘!」

「しっ!!お客さん、公安に聞きつけられたら困るんで滅多な事言わないでくださいよ~」

「すっすみません!でも僕はじめてだしわかるかなあ…」
「バラバラすぎるもんなあ…」

「そういう方のために」
「こちらどうですか。説明書つき。はじめての方にも人気ですよ」


「う~~ん」
「やっぱり今日は髑髏だけにしときます。」
「全身コースは次の機会に…」

「ありがとうございます!」「ハイ3番ちゃんスタンバイしてーーー!」




・・・



あ~
またこんなこと書いてるとYou!Sick!って言われますねえ~(棒
まあいいか(笑





アンティーク&ヴィンテージ聖品専門店Labarum
アンティークメダイ・クロス(十字架)・ロザリオ・ホーリーカードほかキリスト教関連聖品専門店☆イタリアより直送
いいね!(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。