民放の日/少しだけ突っ込み

テーマ:

つい見ちゃうテレビ番組ってなに?

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


つい見ちゃうテレビ番組ですか。
何だろう?と思ってみましたが、あまり思い浮かびませんでした。

つい見ちゃうというわけではないけど、フジテレビの夜のニュース、「ユアタイム」はつい見ちゃう番組かもしれないです。
基本的に夜11時台のニュースは、「ニュースZERO」を見るのですが、"ZEROカルチャー"という半ばニュースとは言えないコーナーやムダにテンションが高いスポーツコーナーがつまらないので、11:30に「ユアタイム」にチャンネルを変えます。

で、「ユアタイム」が良いかというと、正直なところ微妙です。
でも、「ユアタイム」はメインMCの市川紗椰さんのMCぽくないところを見るのが面白いです。
始まった当初は、噛みまくりの上にカメラ目線がきょどりまくりと酷かったです。
1年が経ち、市川さんのMCはかなり良くなったと思います。
今も相変わらず噛んだりしていますが、ちょいちょい挟む自分の意見はけっこう鋭かったりします。

例えば、ペット業界の闇については、その他のニュース番組では言わないような業界批判はさりげなく言ったりして、なかなかしっかりした事を言うやんと思いました。
少なくとも、動物の可愛さだけをアピールするバラエティ番組の何倍も良かったです。

昨年のアメリカ大統領選挙では、現地レポートをやっていて、通訳無しでインタビューしていました。
ほぼ同時通訳な感じでもレポートしていて、スタジオでは市川さんの力があまり出ていないと思いました。

あと、スポーツコーナーでの市川さんの反応が面白いです。
興味の有る無しがはっきりしていて、相変わらず野球には興味が無さげな市川さんです。
それに対して、大相撲の開催中はテンションが高いところが面白いです。
稀勢の里ファンの市川さんです。
キセノンというネット上のニックネームをテレビで聞けるとは思いませんでした。

稀勢の里が初優勝した時、「ユアタイム」にゲスト出演しました。
テレビの前では、多くの人が突っ込みを入れたと思います。
「衣装、気合い入り過ぎ!」

単純にニュースキャスターとして見たら微妙かもしれないけど、妙に政治的でもないですし、悪くないと思います。
ボソッと言う意見がけっこう鋭いところも良いです。

今後もニュースキャスターとしての市川紗椰さんの成長を見ていきたいです。
時頭は間違いなく良い人なので、期待しています。

今日のブログタイトルに「少しだけ突っ込み」と書きました。
「ユアタイム」の市川さんに対してではなく、こちらのニュースです。
0歳から12年伸ばした髪バッサリ、人生初の「断髪式」 母娘にっこり「ヘアドネーションで役立てて」
(沖縄タイムス)

病気やけがなどで頭髪を失った18歳未満の子どもに髪を寄付する活動「ヘアドネーション」のため、沖縄市泡瀬の渡慶次花梨さん(12)=沖縄東中1年=と母の直美さん(44)がこのほど、市内の美容室で一緒に「断髪式」に臨んだ。
花梨さんは生まれてから一度も髪の毛を切ったことがなく、150センチの身長とほぼ同じ長さ。
直美さんも膝元まであった長い髪をばっさり。母娘は「役に立ててもらえれば」と笑顔で話した。

元々長い髪が好きな直美さんは花梨さんの長い髪を編み込みしたり、洗髪を手伝うなどして一緒にケアしてきた。
直美さんも直近で髪を切ったのは7年ほど前だ。
花梨さんが4月から中学に進むのを機に、そろそろ切ろうかという話が出た。
その際、直美さんの母で花梨さんの祖母當真美江さん(74)がヘアドネーションを勧めた。

沖縄市赤十字奉仕団活動をしている當真さんは、日ごろから花梨さんに社会貢献の大切さを伝えてきたという。
「ただ髪の毛を切るのではなくて何か役に立てることがないか」と思っていたところ、ヘアドネーション活動を新聞で知り、「寄付してみたら」と提案。
2人は即答で「OK」した。

「断髪式」は16日。
渡慶次さん一家は、これまでもへアドネーションを手掛けている市松本の美容室「ヘアーDco」を訪れた。最初は「早く切りたい」と話していた花梨さんだったが、美容室も初体験とあって鏡の前で少々緊張した表情。
オーナーの真玉橋克さん(33)は「こんなに長い髪は初めて。すごい」と驚き、「切りますね」と声掛けしながらカットした。

花梨さんの髪を庭先で乾かすのをよく手伝っていた當真さんは、記念にと勧められて「はさみ入れ」。
孫の成長とともに伸びた髪を感慨深げに見つめた。
カットした1メートル余ほど長さの髪の束は、母娘合わせて七つできた。

肩までのセミロングになった花梨さんは「頭が軽くなった。役に立ててうれしい」、直美さんも「短くなってびっくり。少しでも役立ててほしい」と晴れやかな表情だった。當真さんは「とてもいい体験になった。うれしいです」と目を細めた。
(以上引用)

ヘアドネーション、これはロングヘアの人にしか出来ないボランティアですよね。
大変素晴らしい事だと思います。
そして、若い人の髪の方が質感も良くてヘアドネーションに向いています。
そういう意味では、このニュースの女の子の髪はヘアドネーションにぴったりだったと言えますね。

以前、ヘアドネーションの事を少し調べた事があります。
カットする長さは、基本的に約30㎝以上必要らしいです。
年齢や性別は関係無いとの事です。
でも、実際は向き不向きはあるでしょうね。

子供の髪の毛がヘアドネーションに向いている理由には、髪の毛を染めていない子が多いというのもあるようです。
どんなにケアしていても、染めた髪は向かないという事でしょう。

僕は(男にしたら)ロングヘアにしていた時もありました。
かなりショートになれば、ヘアドネーションが出来るカット30㎝以上はあったので、今思えば可能か問い合わせてみればよかったと思います。
その時は、ヘアドネーションを知りませんでした。

それで、何を少しだけ突っ込みかと言うと、ニュースの女の子が生まれて髪を切った事がなかったというところです。
身長とほぼ同じ長さって、どんだけ長いねん?と思いました。

とはいえ、ヘアドネーションの為に切るのは、良いタイミングだったと思います。
人の役に立てるのは、どんな事でも良いですよね。

引用した記事が「沖縄タイムス」なので、振り仮名がありませんでした。
普通は、「渡慶次」という名字には振り仮名が付いている記事になると思います。
そこらへんは、沖縄の地元紙だからでしょう。
地元の人間ならば、読めて当然と考えているのかもしれないです。
でも、少し不親切ですよね。

「渡慶次」は、「とけし」と読みます。
沖縄らしい名字ですね。
AD