映画も見た覚えがありますが・・・

 

何と言っても 歌を歌うバーバラの 声に 魅せられて・・・

 

Memories,  light the corners of my mind

 

このフレーズ,とくに 耳に残ってます

 

The Way We Were(追憶)バーブラ・ストライザンド

Memories, light the corners of my mind
Misty watercolor memories of the way we were.
Scattered pictures of the smiles we left behind
smiles we gave to one another
for the way we were.

Can it be that it was all so simple then
or has time rewritten every line?
If we had the chance to do it all again

tell me would we? Could we?
Memories, may be beautiful and yet
what's too painful to remember
we simply choose to forget
So it's the laughter we remember
whenever we remember
the way we were.

想い出は、私の心も隅を照らす
遠い日の記憶は淡い水彩画
笑顔で写っていた忘れかけた写真
お互いに微笑みあった
遠い日の想い出

その頃はとても純粋でいられたの
それともそう思い込んでいただけかしら
チャンスがあったらもう一度やり直せるかしら
ねぇ~どう、できるかしら

想い出は美しく、それでいて
辛い思い出はただ忘れたいだけ
そう笑いながら
思い出すでしょう
いつでも思い出せるわ
私たちの遠い日の想い出を

 

 

英語では can の 謙譲語は could

 

may の 謙譲語は might

 

 

この歌詞の中にある could we 

 

切ないです 「できるかしら ・ できたらすてきね」

 

って感じ

 

私は 英語の文法で 好きなのは

 

仮定法過去・仮定法過去完了です

 

 

英語を話す人々の こころの細やかさを

 

(個人主義とか,主張しないとだめだとか,という

 

わたしたち日本人の,西洋の文化に対する固定観念,

 

仮定法にふれてみると新たな側面を知ることができるような)

 

感じます

 

 

 

 

 

 

AD