落語

2012年11月9日

第1刷発行 ¥2,808


書店で "フェア" みたいな

そんな感じで 置いてあった本


落語と精神分析…


著者の名前を見て

あれ…


そうそう

集中講座1


集中講座2


の人だ…


というわけで 購入しました

『集中講座』の語りが面白くって

(このブログの読書記録は

ある分野以外のものを載せてます

だから その分野の本については

載せてませんが 時々こういう

ややこしい ことが起きます)


古典落語を 文庫で読んでた私だから

面白かった

それに この人 立川談志の崇拝者

であり 見送る人 であって…

読んでて いつ 談志師匠の訃報に

接する場面が出てくるのか

ひやひやしました


私は 談志師匠の見た目の雑な感じが

苦手で でも 著者のような

実際に寄席に行く人が 崇拝するんだから

すごい師匠だったんだなって…


精神分析 といっても 難しい話は

ありません


談春師匠との対談も最後にあります


一人の落語家の人生を 垣間見る

ことができる 秀作です


ありがたい本です
AD