徒然日記

読書の記録をしたため,愛車の燃費やメンテも記録しています。


テーマ:
surviver

副題「ある日本兵の戦争と戦後」

2015年6月19日第1刷発行
\940(+税)

筆者は 社会学の学者(慶應大教授)

「男」とは実父です

20歳で敗戦間近の満州へ出兵し

まもなく ソ連参戦

シベリア抑留

幸いにも生還し

筆者の父となった


社会学者らしい分析がなされていて

実父の人生を 世界の動き 日本の動きと

絡ませながら 実父はどう それらの動きを

見ていたか


日本の敗戦直後の様子も

興味深く こんな視点で書かれた

‘戦争本’は 初めてです


シベリアに抑留された経験をもつ

人物を 身近にもっている自分・・・



なんだか 最近読んでいる本は

戦争に 特に第二次世界大戦に

かかわるものが多い


今の政治状況の影響を受けているらしい


昨日 東京調布に飛行機が墜落し

尊い生命が失われました 《合掌》


そのニュースを見ながら

世界一危険な基地 沖縄の普天間基地を

思いました・・・


飛行場の周りを囲む 住宅地 学校

リンクさせた報道を

私はまだ 知りません





AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
futatuno senngo

2015年7月22日第1刷発行

¥740(+税)

著者は元NHKの記者です

第二次世界大戦で敗戦国となり

戦後 経済大国になった両国


ドイツは 自国が戦争で何を行ったかを

真正面から 受けとめています


日本はというと・・・


原子力発電についても

2011・3・11の福島原発の事故後

ドイツは 原発を廃止することを決定し

日本は 再稼働へと進んでいます



なぜ 両国はこんなにちがう戦後を

歩んでいるのか・・・

国民の違いだと 著者は暗に言っています



同感です・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
イギリス上


イギリス下

2015年5月25日初版発行
上巻¥800 下巻¥820 (+税)

力点が置かれているのは

王朝の交代劇 あるいは王の人生

議会政治の発展の歴史です

大変読みやすいものでした

ただ 急いで出版したらしく

校正がしきれていない

意味不明な文が いくつかありました


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
【2015年7月25日 土曜日】


走行距離     920.5㎞  


給油量      77.04リットル《満タン》


燃費        11.95㎞/㍑  


通算
平均燃費     11.297㎞/㍑


ガソリン価格     132円/㍑

高速道路利用率   13.2%

心に余裕がなかったんですね・・・

ブログ 3週間以上ほったらかしにして・・・

数回分の給油をひとまとめにしました
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ヒトラー

2015年6月20日
初版第1刷発行
¥920(+税)

ヒトラーはドイツ国民の圧倒的支持を得て

首相に選出された… と今の今まで思ってました

ところが この本を読んで 大変なまちがいだった

ことがわかりました

首相になったのは 議会の指名でなく

時のヒンデンブルク大統領の決定であり
(大統領が首相を指名するしくみであった)

当時のナチ党の議席数は 196(全584議席)

翌年 ヒトラーは首相でありながら大統領も兼ねる

“総統”に就任する

初めて知りました


それとナチによるユダヤ人虐殺は知っていましたが

ロマ(“ジプシー”は差別用語)

障害者(特に子供たち) 非行少年たちも

虐殺していたこと


最後に 

ヒトラーの遺書に

たとえドイツが滅びたとしても

私(ヒトラー)は ユダヤ人を大量に殺したことで

ヨーロッパを救ったのだ…と書いてあったこと


新しいことばかりでした


いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇