フォルスクラブの学習システムで楽しく子育て

新しい家庭学習イーラーニングのForceClub(フォルスクラブ)で勉強する4人の子供たちのママが体験記を綴っています


テーマ:
子どもたちが自分の価値を認めにくくなっている4つの理由について書いてきました。

ここで、もう一度まとめておきますね。


  • 子どもはいつも評価されている

  • 日本人は世間体を気にしすぎる

  • 社会全体に希望がない

  • 大人が自分の行き方に自信を持てていない



今の子供たちを取り巻いている現実は、私たちが思っている以上に厳しいものです。私たちが子どもだった頃とはあきらかに変わってきているのです。

そのことに私たち親が気付く必要があると思いました。

自分の子どもの頃のことを思って、同じだと思って、子どもたちに接していると、子どもの辛さに気がつかずに、追い詰めてしまうことがあるのではないかと、怖くなりました。

今の子供たちに必要なのは、ありのままの自分を受け入れてもらえる場所。自分に価値があると、心から感じられる場所なのだと思います。


「自分に価値があると思うときにだけ勇気を持てる」(アドラー)

日本の子どもたちの理数離れが問題になっていますが、その原因を分析している中で、日本の子どもたちの学習意欲の低さが浮き彫りになって来ています。

調査によると今に本の子どもたちの学習意欲は世界最下位になっているそうです。

学習意欲はどのようにしたら向上させることができるのでしょうか?

日本の子どもたちは恵まれすぎていて、ハングリーさが足りない。とよく言われていますが、本当にそれだけなのでしょうか?

学ぶという行為は、「自分がそのことを知らない」という、自己否定がベースとなっています。でも、ただ、知らないから学ぶというのでは学習意欲は上がりません。

そこに学ぶ理由が必要になってきます。この学ぶ理由が肯定的なものであれば、学習意欲を上げることができるのです。

まず自分を好きになることが大切です。自分が大切な存在であると思えるときに、はじめて、動き出す勇気を持つことができるのです。

自分が大切だと思えたら、もっとステップアップしたい、もっとよくなりたいという意欲も湧いてくるのです。

そして、学んでその知識を習得するとそれが自信となり、さらに学びたいという意欲が高まっていくのです。

まずは自分が価値のあるものだと感じられる環境を作っていくことが子どもたちの学習意欲を高め、学力低下に歯止めをかけるためにも必要となってきます。

では、どのような環境が必要なのでしょう?

次からはどのような自己肯定感を育むための環境を提案していきたいと思います。

関連記事

子どもはいつも評価されている。

自分を認められない子どもたち


日本の国教は『世間様教』?


希望のない社会が子どもを追い詰める


自分の生き方に自信を持っていますか?









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月額6300円
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

もえママさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。