2011-10-16 08:00:08

思春期はさなぎの時期。

テーマ:思春期の子どもを理解するために
勉強しなさいと言わない教育ママ 久美子です。


思春期の子どもを理解するためのセミナーで学んだことのまとめの続きです。


思春期は「さなぎの時期」と言っていました。


カブトムシのさなぎの育て方の説明書に、さなぎの時期が一番大切で、振動やショックを与えないように、そっとみまもってくださいって書いてあったそうです。

さなぎって、固い殻に守られているから、中が見えなくて、どうなっているか、生きてるか死んでるか不安になって、のぞきたくなるけど、殻を破って中をのぞいたりすると死んじゃうんだって。


「固い殻に守られているからこそ安心して蝶になれる」 

とのことです。


先日の「過保護亡くして、親離れはない」にもつながりますよね。

子どもを信じて、黙って見守ることの大切さを感じました。


思春期は、第2次性徴期とか、第2次反抗期、自意識の目覚め、アイデンティティーの形成...

発達心理学の授業ではそんな言葉で教えられたけど、心も体も大人になるに向けて変化する時期なんですよね。

変化の時期だから不安定にもなる。

だからこそ、周りの大人がしっかり見守っていってやってくださいって。

私は、子どもたちを守れるだけの強さを持った、殻になれてるかな~?

殻になるどころか、不安になって、さなぎの中を覗き込むようなこちしてしまってるんじゃないかな?

...って反省させられました。


思春期の子どもを理解するためにシリーズを最初から読みたい方はこちらからどうぞ

次は、「第二の出産」です。









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

勉強しなさいといわない教育ママ Kumikoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■Re:☆

>マミ~さん
ね!
私もそう思ったので紹介しました~

5 ■Re:はじめまして

>こゆきさん

>無視…には 繋がらない待つ…

そうそう、これだよね。

守られている、見守ってくれてるって、子どもに伝わっているか、不安になるときあるんだよね...

特に初めての子育てだと、親の私のほうが不安になって、現状を知りたくて、うるさくいろいろ聞いちゃったりするんだな~

それが、子どもにとっては、殻をむかれて、中をのぞかれているように感じることあるのかも。

何でイライラするんだろうって考えてみたことあるんだけど、私の場合は、子どもが自分の思うように動いていないからなんだよね。

私が期待している子どものあるべき姿と今の子どもの姿が違うから、「おい、それじゃダメなんじゃない?もっとこうなって欲しいんだけど~。このままじゃ、たいへんなことになるんじゃないの?」って思っちゃうの。

子どもが変わろうとしているときに、焦らせたら逆効果だったりするのに、せかしたりしちゃう。

子どもを信じて、見守る忍耐力。

私もまだまだ足りないです。

4 ■Re:無題

>バランスさん
私も、なるほど~って思いました。

守って見守ってあげるのって、なかなか忍耐力要りますけどね....

3 ■☆

すごく わかりやすい例えだ~@^^@

2 ■はじめまして

私は…殻を 毎日 むいて中を覗いてしまっているのでしょうね…

そう 考えれば
やはり いくら イライラしても 黙って
いくら時間かかっても 動き出すまで ひたすら黙って待っていないといけないものなのでしょうかね…。
待っている間は 他の事しながらでも大丈夫なものでしょうかね…

無視…には 繋がらない待つ…
主人は それを 実行しているのかも しれませんね…

とても 反省

子供にも 主人にも…

ありがとうございます。

1 ■無題

さなぎの例え、すごく分かりやすかったです
そっと見守る感じが大切なのですね

ありがとうございます

コメント投稿

AD

にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村 教育ブログ eラーニングへ

fx

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。