IELTS勉強法/IELTS攻略・対策・独学(留学へ)

IELTS勉強法/攻略/対策を紹介しています。留学・ビザ取得にお役立て下さい。ヒアリングマラソン等のおすすめ教材もご紹介します。2014年4月からTOEFLとTOEICはイギリスのビザ申請に使用できなくなったので、IELTSへの乗り換えもおすすめします。

IELTS勉強法/IELTS攻略・対策・独学(留学へ)



を訪れて下さりありがとうございます。



※また、IELTS関連のおすすめの記事をまとめた一覧をつくったので、「IELTS対策おすすめ記事一覧」 も是非ご利用下さい。おすすめ記事の一部は左側のコラム部分にもあります。




私のIELTSオーバーオール最高スコアは


オーバーオール7.5 (L7.0 R8.0 W7・0 S7.0) (※クリックで記事が開きます)

です。


これまで受けたIELTSテストの各セクションごとの最高スコアは

L8.5  R8.0  W7.0  S7.5 (換算ではOA 8.0)  

です。

英語で大変苦労をしつつも、スクールなどには一切通わず独学で何とかIELTSで目標スコアを取得し、イギリスの大学院に留学後、ビザ取得も叶い、現在ロンドンで英語を使って働いています。

しかし、私は、留学を決意してから、ここに到達するまで、英語の勉強を再開し、必死さのあまり気がついてみれば・・・


実に100万円以上!? 



(特にTOEFL対策に。TOEFL予備校、留学エージェント、受験料、参考書の類に・・・。IELTSには参考書の購入だけで、さほどお金を使ってません)を英語の勉強、留学準備に投資していました。


2014年4月からTOEFLとTOEICはイギリスのビザ申請には使用できなくなった(IELTSはもちろん大丈夫です。)のでご注意を!!



この中で正直役に立たなかったものが多くあり、そのため多くの時間とお金を無駄にしました。


皆様は、こうした無駄を経験されないように(簡単に避けられます)、



私の経験から、本当に必要な勉強法、役に立つ良質なIELTS対策の参考書だけを紹介できたらという思いで、このブログを作りました。


私が最もお勧めする英語教材ヒアリングマラソンの紹介もしています。



留学や移住という大きな目標の前に佇む、「たかが」言語のテスト・・・。



しかし、私はその「たかが」テストの大きさを知っています。何度、くじけそうになったか。



皆様の大きな目標に向かって前進するための一助になれば、幸いです。




リンク大歓迎です。



読者募集中です!



読者登録してね



ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします!下のバナーをクリックして頂けると、ランキングサイトが別窓で開きますが、それによりこのブログのランキングが上がります!それぞれのバナーにつき、1日1クリックのみ有効です。 にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ 人気ブログランキングへ


テーマ:
こんにちは。

今日はライティングについて書きたいと思います。


まず、解き方のおさらいです。


1.2問目のエッセイから解く

理由 配点が高いから

また、開始時間から40分後の時間を問題文上記に書いておくといいでしょう。それがリミットです。


2.3分程度かけて、答案構成を作る

私は、ボディだけのメモを作っていました。

パラフレーズする単語などもメモしておくと、書いてある時に考えずにすみますし、

あ、パラフレーズ忘れた・・・なんてことにもなりにくくなります。


3.書き始める

イントロ、ボディ、コンクルージョンは絶対守りましょう。

段落が変わるごとに1行空けます。


イントロでは、自分の意見を書かない方が良いとも言われたり、書いて良いとも言われます。

やってはいけないのは、長く書いて時間をロス、問題文の文章を丸写し(言い方を変えないと文字数カウントにも入らないそうです。)、関係ないことを書いて、ボディにつながっていない、問題文の意味を変えてしまう、などでしょう。

これ以外はあまり神経質にならなくても良いと思います。


ボディは、2,3段落が良いと言われています。最も重要部分です。

私は3にして、はじめに反対意見を書き、

2でhowever, having said thatなどとして持論を書き、

さらに3でもう一つの持論の理由を書いていました。


反対意見に触れたほうが良い点は、この記事もご参考に。

(アカデミックで登場する、to what extent賛成ですかのような問題は、要するに、相手の立場にも触れて否定していれば、程度について考察したことになるようです。もちろん他にもやり方はありますが、思考時間は短いですから、マニュアル化できるところはすべきと思います。)


例は、説得力のある、あまりにパーソナル過ぎない例をあげたほうが良いようです。


最後にコンクルージョンで、もう一度まとめを書きます。

今までの表現と変えた言い方をしますが、ここもあまり時間はかけてはいけない部分です。


私は、イントロとコンクルージョンのパターンを事前に考えておき、それはめこんで、現場で時間を使わないようにしてました。


事前にマニュアル化できるところはしておいて、現場ではボディの例などを考える時間をできるだけ取るようにしていました。


4.見直し

絶対したほうが良いです。3分は必要でしょう。

時制、単数複数、原型、意味内容(否定にすべき所が肯定になって意味が逆などないように)、スペル

を中心に見直します。

なお、文字数カウントはしないで良いと思います。練習の際に数えて、感覚を掴んでいれば、どの程度書けば超えるかわかるからです。


5.1問目に移る(残り20分)


上記の繰り返し


ただし、構成、見直しなどは時間短縮可能。

以上です。


参考書などは、こちらを参考にされてください。


読んで下さりありがとうございます。

読者登録してねペタしてね
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。