サカすけブログ

読売新聞記者による、全日本少年サッカー大会ブログ。大会期間中続々更新します!


テーマ:

 1日の開会式から、きょう6日の決勝戦まで、アッと言うまでした。


 少年たちのサッカーのうまさ、サッカーに対する情熱、そして礼儀正しさに感動しました。


 サッカー界だけでなく、日本の将来も明るいのではないか、と思えるほどでした。


 指導者を始めとする関係者の皆さんのご尽力の賜物だと思います。


 これほど素晴らしい大会を、開会式から決勝戦・表彰式までブログ記者として取材でき、とても良い経験となりました。


 連日、数千人の方にアクセスして頂きました。やり甲斐が、ありました。


 ありがとうございます。



 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 素晴らしい決勝戦でした。1981年から少年サッカーを取材していますが、これほどハイレベルの試合は初めて見ました。名古屋グランパスも良く頑張りました。しかし柏レイソルの強さは傑出していました。表彰式で優勝旗を受け取るレイソル選手たちの笑顔は、輝いていました。





サカすけブログ
 今年も逸材が現れました。今大会の8試合で何と23ゴールを決めた柏レイソルのFW中村駿太選手。しかし今年の柏レイソルは、彼一人に頼って優勝した訳では、ありません。


 最も苦戦した準々決勝の川崎フロンターレ(神奈川)戦。中村駿太選手もノーゴールに封じ込まれましたが、全員の堅守で0―0からのPK戦を制しました。


 決勝戦で決勝点を挙げたのは、左MFの朝倉涼介選手でした。守備での貢献も大きい選手ですが、驚くべき個人技を発揮しました。


 そして個人技が優れただけのチームでは、ありません。名古屋グランパスに許した1点目は、自陣深くでのミスパスを奪われてのゴールでした。不用意という印象もありました。それでもGKからパスをつなぐスタイルを最後まで貫きました。延長前半で勝ち越し、「この1点を守りきれば優勝」という場面でも相手FWの厳しいチェックを受けながら、GKから横パスを通しました。


 ボール保持率を高め、常に主導権を握って攻める――。日本サッカーが目指すべきスタイルを、柏レイソルの少年たちが、この大舞台で見せつけてくれました。



 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 延長前半3分(通算43分)、柏レイソルは、左サイドでボールを受けたMF朝倉涼介選手が鋭いステップのドリブルで相手DF2人をかわして豪快なシュートを決めて勝ち越し。

 さらに延長後半、エースの中村駿太選手が立て続けにゴール。5-2で圧勝した。柏レイソルの優勝は1995、97年に続き、3度目の優勝。

 この試合でハットトリックを達成した中村駿太選手は、今大会通算23ゴールで得点王に輝き、1大会でのゴール数で新記録を樹立した。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。