さて、前回の続きです。

 

前回は、フットブレインに出演したドリブルデザイナーの岡部さんのことをお話ししましたよね。

今回は、岡部さんのデモンストレーションの様子などについて、お話しましょう。

 

 

 

1.デモンストレーションの様子

 

前回の記事でお話した、岡部さんのドリブル理論である(1)間合い、(2)体重移動、(3)誘う、の3つのポイントについて、私の意見をお話しましょう。

 

(1)間合い

相手を抜くまでは、前後左右に逃げ回っているようにしか見えません。

実際の試合では時間の無駄遣いですね。

 

(2)体重移動

前回の記事でお話したフットブレインの中では、いろいろな考えをもっともらしく言ってましたが、基本的には、相手の動きと真逆の動き(相手が右に動いたら左へ)をしているだけのように見えます。

 

(3)誘う

フェイントのような動きを見せたりしながら、相手を釣り出しているだけですね。

 

この3つのボイントなんですが、基本的には動画でご覧になった一対一のデモンストレーションの時だけに使える理論だと思います。

 

もちろん、当たり前のことも言ってるから、その部分に関しては試合でも使えます。

例えば、体重移動とか誘う…という点ですね。

要するに、当たり前のことなんだから、試合でも使えるでしょ?ということなんです。

 

でも、前回の記事でお話した「DFが足を伸ばした時に届かない距離にボールを置いて、絶対にボールに届かない間合いを保てば、絶対ドリブルで抜ける…」という岡部さんの「間合い」の理論は、一対一のデモンストレーションの時だけにしか使えません。

 

だって、そんなに間合いが取りたいんだったら、早くパスしちゃえば良いのに…って思いますけどね。

 

 

 

2.岡部さんの試合の様子

 

動画を見ると分かると思いますが、岡部さんってドリブルはそれなりにやりますが、基本的にはパスをつなぎます。

先ほどの大学生との一対一の様子を見ていると、試合中もドリブルばかりしてそうに思えますよね。

まあ、当たり前のことですが、一対一のデモンストレーションのようなドリブルばかりしてたら、チームにとって迷惑ですからね。

その辺のところは、自分が良く分かっているんでしょう。

 

 

 

3.岡部さんは身体能力が高い

 

先ほどの試合の様子を見ると、岡部さんって両手を広げてバランサーのように使ってますよね。

これって、肩甲骨が脱力している証拠なんです。

肩甲骨が脱力している人って、左右の肩甲骨の中心にある胸の辺りに重心があることが多いですね。

つまり、高重心ってことなんです。

高重心の人は、背骨のバネ作用が使えるし体重移動もスムーズなんです。

参考記事:カットドリブルと体重移動

 

元ブラジル代表のロビーニョなんかもそうなんですよね。

次の動画を見ると、両手を広げてバランサーのようにブラブラしてるでしょ?

肩甲骨を脱力して、高重心で、背骨のバネ作用を使って、体重移動もスムーズ…。

これって、身体能力の高い選手の特徴なんです。

黒人系のトッププレーヤーたちって、みんなこんな感じの動きをします。

 

一方、こちらの動画では、タイツ先生がメッシの動作解析をしています。

高重心で背骨のバネ作用を使っている仕組みなんですが、私のブログでは何度もアップしているので見飽きた…、という方が多いかも知れませんね。

その辺はご容赦を…(笑)。

 

要するに、岡部さんって、日本人では珍しい?肩甲骨を脱力して、高重心で、背骨のバネ作用を使って、体重移動もスムーズ…ということで、とても身体能力の高い人だと思います。

 

だから、例えば幼少期から、海外とかのクラブチームで正しいサッカー指導を受けていたら、スゴイ選手になっていたかも知れないと思うんです。

 

そういうふうに考えると、何かもったいない気がします。

もちろん、他人の事だから出しゃばったことは言いたくないですけど…。

 

 

 

4.デモンストレーションと試合は違う

 

子どもたちって、岡部さんのデモンストレーションを見ると、カッコよく思えるはずです。

でも、そうしたカッコ良さというのは表面的なものでしかないことを理解できません。

だって、岡部さんはふつうの試合ではパスをつないでいるでしょ?

そういう部分は、大人がきちんと理解させた方が良いと思います。

あくまでもデモンストレーションなんだよってね。

 

いずれにしても、子どもたちが岡部さんとか土屋さんの真似をして、試合中にボールをこねくり回すと試合の流れを止めてしまいます。

そうすると、速い攻撃を仕掛けようとしても、相手チームのDFが整ってしまいチャンスが消えてしまいます。

独り善がりのドリブルはチームにとって迷惑なので、こうしたことは絶対に止めましょう。

 

前回の記事でも、チョットお話しましたが、岡部さんはボディコンタクトが苦手のようです。

実際の試合でも本気で2~3人のDFが一気にプレスに来たら通用しないでしょうね。

だから、先ほどご覧になった試合の動画では、どんどんパスをつないでいたんでしょうね。

 

それだったら、「とも」の1対1・ゲームをたくさん練習した方が、実際の試合でも役立つと思いますけど(笑)。

 

でも、先ほどお話したけど、岡部さんってスゴイ身体能力の持ち主なのに、何かもったいないなぁ…って思います。

 

 

※この記事が面白かったら、ポチッとお願いします!


少年サッカーランキング

AD

コメント(6)