サッカー少年「とも」

中学一年生の息子「とも」の成長日記を綴っています。
私のブラジルでの経験を活かし、
いろいろ参考になる記事を書いてます。
みなさんよろしくお願いします。


テーマ:

さて、前回の続きです。

 

先ずは、パター型のインサイドキックの特徴をおさらいしておきましょう。

 

大きく分けて3つあります。

(1)軸足(立ち足)を蹴る方向に向ける→相手にパスコースが分かってしまう。

(2)股関節を使って蹴る→ヒザ振りのパワーが伝わりきれない。股関節に負担がかかる。

(3)上体がそっくり返る→パス&ゴーのように、蹴り終わった後に俊敏な動きが出来ない。

 

そこで、今日は「とも」のインサイドキックの蹴り方をご紹介します。

 

ここで、決して勘違いしてください。

「とも」の蹴り方が唯一無二の正解!という訳じゃありません。

あくまでも自分にあった蹴り方と言うだけであって、パター型よりは蹴りやすいからそうしたということです。

 

 

 

1.「とも」の蹴り方

 

特徴は3つあります。

(1)軸足(立ち足)をやや内側に向ける。

(2)体幹をひねる。

(3)インサイドの面を作る(これはパター型と同じ)。

「とも」の蹴り方は、パター型のインサイドキックを推奨する指導者たちが見ると、悪い例って言われるんでしょうね。

 

このフォームの場合、パター型と比べて次のようなメリットがあります。

(1)股関節の動きに頼らず、体幹のひねり+自然なヒザ振りで、パススピードが速く、遠くまで蹴れる。

(2)蹴る方向に軸足を向けないので、パスコースがバレにくく、左右の蹴り分けもスムーズ。

蹴る直前にパスコースを変えることも出来ます。

(3)上体がそっくり返らないので、パス&ゴーがスムーズ。

 

蹴球計画さんのブログがかなり参考になりますね。

 

※「とも」の蹴り方で特徴的なことは、「体幹のひねり」を使うことだと思います。

例えば、2~3人の相手に囲まれると、ヒザ振りのキックモーションが取れないときがあります。

そうした場合、ヒザを振らなくても「体幹のひねり」だけでパスをすることが出来ます。

実際の試合でも、「とも」は攻撃的なポジションが多いので、どうしても相手のプレスが厳しくて囲まれたりします。

そんな時でも、「体幹のひねり」を使ってパスを出し、マイボールをつないだケースも多くありました。

 

実は、「とも」は小二のころまでパター型でした。

私は、股関節を使って蹴る姿が窮屈に見えたので、「軸足をちょっと内側に向けてごらん…」と言っただけなんです。

そうしたら、いつの間にか今のような蹴り方になったんです。

 

 

さて、次にパター型と比べてみましょう。

 

「とも」の実演は、ちょっと大げさですが、2つの動画を比べると一目瞭然だと思います。

 

 

 

2.最も大切なことはインサイドの面の向き

 

インサイドキックを蹴る時に、よく「インサイドの面(蹴り足)」を作れ!と言われますよね。

これはこれで良いと思うんです。

 

でもパター型は、蹴る方向に軸足(立ち足)を向けろ!とも言われます。

これって、必ずしもそうとは言えないと思います。

インステップキックとかは軸足を蹴る方に向けないとダメなんですが、インサイドキックはそこまで考えなくても良いのではないでしょうか?

 

端的に言うと、

(1)インサイドの面は、インパクトの時に蹴りたい方向に向ければ良いと思います。

そして、

(2)軸足(立ち足)は、必ずしも蹴る方向に向ける必要はないと思います。

 

前回の記事でご覧になった動画を覚えていますか?

この方の動画の後半(1:08以降)で言ってることと同じことなんです。

ちなみに、この動画の出演者は私じゃあないですよ(笑)。

 

 

 

「とも」のインサイドキックは軸足(立ち足)をやや内側に向けていますよね。

このフォームって、別の見方をすると、ヒザをロックする!という、タニラダーでいうところの「パワーポジション」と同じなんです。

パワーポジションって、その名のとおり、力が出やすい姿勢なんです。

だから、軸足(立ち足)を内側に向けた方が踏ん張りも効きやすいんです。

 

(画像引用:タニラダーHPより)

 

パター型ってたしかに正確な蹴り方なんだけど、ちょっと不自然で窮屈な蹴り方のように思います。

まあ、人それぞれですけど、私は窮屈な蹴り方はイヤですね(笑)。

要するに、狙ったところに蹴れればそれで良いんじゃないかと…。

こんな記事を書くと、「とも」は絶対にパター型では蹴らないと思われがちですよね。

でも、そうではありません。

試合中にあえてパター型で蹴るシーンもありました。

 

要するに、試合の状況に応じて使い分けていると言うことなんです。

 

もっとも、大切なことは、狙ったところに正確に蹴れれば良いのであって、そのためには一つだけの蹴り方じゃなく、いろいろな蹴り方を覚えた方が良いのではないか?

そんなふうに考えます。

 

 

さて、次回は、インサイドキックの「体幹のひねり」と「ミートポイント」をお話します。

 

 

※この記事が面白かったら、ポチッとお願いします!


少年サッカーランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ともパパさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。