美しい建築物を見るのが大好きな私。

芦屋市に、フランク・ロイド・ライト設計の美しい建物があると聞いて、行ってまいりました。


阪急芦屋川駅から徒歩10分ほどの高台にあるヨドコウ迎賓館

 
1924年(大正13年)に灘五郷の造り酒屋 櫻正宗の八代目当主 山邑太左衛門の別邸として、
アメリカ人建築家フランク・ロイド・ライト が設計した建物で、国の重要文化財となっています。

現在は、ヨドコウ迎賓館として一般公開されています。



玄関から館内に入ります。

 




 階段を上がると、2階に応接室があります。

天井近くにあるたくさんの小窓や大きく取られた窓から、柔らかな光が降り注ぎます。



大谷石に施された彫刻や、マホガニー、飾り銅板が美しいですね。

 

 
 
 



中央には、石造りの重厚な暖炉があります。





廊下の窓や、室内に設けられた小窓にも飾り銅板が飾られています。

 



3階の和室へ。

 
欄間にも飾り銅板があって、素敵です。



こちらも小窓や飾り銅板があり、光と影の演出が素晴らしいですね。

 



4階の食堂は天井が高く、天井の小窓から灯りが吊るされたデザインが、スタイリッシュ。

 
 


 4階のバルコニーからは、市街地を一望できて、気持ちいい~♪ 

 



こうして見ると高台にそびえたっているのがよく分かりますね。

 


 

しばし、このお屋敷の住人になったような優雅な気分に浸れました。

バルコニーからの眺めも素晴らしいですし、ぜひ一度はご覧になって頂きたい素晴らしい建物です


あにあん倶楽部ホームページ



記事が面白い、参考になると思われましたらぜひクリックをお願いいたしますハート②

        

 

 

 

AD