昨年末のことになりますが、祇園南にある日本料理 さかいへ行ってまいりました。

 

店内は、カウンター6席と4人がけのテーブルが1つ。

 

お料理を作っていらっしゃるのを目の前で楽しめるカウンターでお食事を頂きました。

 

 

 

 

まずは、柚子酒のソーダ割で乾杯~♪

 

 

 

 

 

8000円のコースをオーダーしました。

 

 

 

 

<先付 百合根と帆立の貝柱の茶碗蒸し>

帆立と百合根がごろごろっと入ったなめらかな食感の茶碗蒸しの上に、蕪のすり流しがかかっています。

 

柚子の香りがふわ~っと香り、優しい甘みが広がるすりながしは、ほっとする味わい。

スタートの1品目からクオリティが高く、これから出てくるお料理への期待感が高まります。

 

 

 

 

<お造り>

上品な脂ののった佐渡の寒ブリ。

 

わさびでなく辛味大根とかぼすで頂くのがいいですね。

みょうがや穂紫蘇の香りや食感が良いアクセントになっています。

 

 

  

<丸大根と穴子の椀物>

ホクホクっとした食感の丸大根、表面が香ばしく焼かれた穴子は、ふっくら柔らか。

 

上品な味わいのお出汁が、心と体に優しくしみわたっていきます。

 

  

 

日本酒を熱燗で頂きました。

島根県の剛力の純米吟醸。

口当たりがよく、コクのある味わいです。

 

 

 

 

<鯖の味噌幽庵焼き>

焼物は、すべて日向備長炭を使った炭火で焼きあげていらっしゃいます。

 

香ばしく、ふっくらと柔らか。

炭火で焼くことで、旨みも凝縮されますね。

 

 

 

 

 

<海老芋の揚げ物>

冬の京野菜といえば、海老芋。

 

海老芋のから揚げは、私の大好物でもあります。

 

 

カラリと揚った衣の中から、アツアツホクホクの海老芋が最高~!!

あられをまぶして揚げていらっしゃるので香ばしく、海老芋の食感との対比も楽しいんですよ。

 

 

 

  

<コッペ蟹>

大好きなコッペ蟹の登場に、思わず、心の中でガッツポーズ!!

 

コッペ蟹は松葉蟹のメスで、プチプチとした食感の外子(卵)と濃厚な旨みの内子(卵巣)が楽しめ、小さいながらも旨みが凝縮されていて、格別に美味しいんですよね

 

 

 

 

 

<ぼたん鍋>

和食のコースでぼたん鍋が出てくると思わなかったので、嬉しいサプライズ!!

 

ご主人が、ぼたん鍋で有名な丹波篠山のご出身なんです。

 

 

 

 

丹波篠山の猪肉の肩ロースを使っていらっしゃいます。

臭みが全くなく、柔らかく、旨みたっぷりのお肉。

 

白味噌ベースに赤味噌や酒粕を使ったスープも、コクのある奥深い味わいで、全部飲み干してしまったほど。

 

 

 

 

ご飯は、丹波篠山の農家直送のコシヒカリを使用していらっしゃいます。

信楽焼の土鍋で、ふっくらと炊きあげられています。

 

香の物やちりめん山椒の他に出汁巻キャンセル玉子が添えられているのも、嬉しい♪

 

 

 

 

お出汁がたっぷりと入った出汁巻き玉子が、又、美味しくて~。

 

 

 

 

さらにお茶漬けセットも登場!!

もう、ご飯をお代わりせずにはいられないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

<ほうじ茶のアイスクリーム、安納芋の芋ようかん、りんごの赤ワイン煮>

スイーツも1つ1つ丁寧に作られています。
 
柳桜園茶舗の高級ほうじ茶を使ったアイスクリームは、ほうじ茶の風味豊かで、コクがあって最高に美味しかった♪
 
 
 
旬の厳選素材を使い、素材の味を生かし、丁寧に作られた日本料理。
正統派の和食に、オリジナリティや遊び心も加わり、どれもとても美味しくて、大満足。
 
この内容で、8000円とは驚きです!!

 
ご主人も気さくな感じの良い方で、ぼたん鍋のスープが美味しい~!!と絶賛していたら、レシピまで教えてくださったり、お食事を頂きながら、色々お話もできて、楽しい時間を過ごすことができました。
 
昼のコースは3500円~、夜のコースは6500円~、気軽に本格的な日本料理が楽しめるオススメのお店ですキラキラ
 

 
 

記事が面白い、参考になると思われましたらぜひクリックをお願いいたしますハート②http://ameblo.jp/foodanalyst-yu/entry-12233163338.html

 


にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ 
いつも応援頂き、ありがとうございます

 

インスタグラムでも、美味しいものいっぱいご紹介していますので、

ぜひフォローしてくださいねピンクハートfoodanalyst_yu

 

 

 
AD