1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-03 16:06:52

●自分にとっては、「当たり前」と思っていたことが、徐々にできなくなる。

テーマ:飲食店経営者のための経営指針書策定講座
●自分にとっては、「当たり前」と思っていたことが、徐々にできなくなる。
 

経営者の目が届くうちは、経営者の「考え」を理解しているスタッフが多いた
め、経営者にとっての「当たり前」がスタッフにとっても「当たり前」となり、
「当たり前」のことが「当たり前」に行えているはずです。もちろん、経営者
の「当たり前」が100%が実行されるわけではありませんが、非常に高い確率
で実行されているはずです。
  

しかし、店が増え、スタッフが増えてくると、経営者との接触時間等が少なく
なることもあって、「当たり前」が「当たり前」にできなくなる状態が徐々に
起こるようになります。
 

特に、「ワンマン社長」ほど、この「当たり前」を経営者のカリスマ性で実行
させている可能性が高いので、「当たり前」にできないスタッフがでてくると、
そうなる理由が「ワンマン社長」には分からないんですね。
 
自分にとっては「当たり前」だから、「やって当然」と思っていることだから、
ほとんど「無意識」に自分で行なっているのです。だからこそ、できないスタ
ッフがでてくるとその理由がわからないんですね。


カリスマ性が高い経営者の周りにいるスタッフほど、様々な行動、行為、作業
を経営者に「見習って」自然とやるようになることで、このスタッフたちも経
営者が「当たり前」行なっていることを「当たり前」にできるようになるわけ
です。ですから、このスタッフも「無意識」に行動しているわけですね。
 


ただ、この「無意識」を意識的に行えるようにしないと、創業当初は「当たり
前」に行なっていたことが、「当たり前」にできなくなり、これが店舗の質の
低下やスタッフの意識の不一致等につながります。


これが、「なんで、こんな当たり前のことができないんだ」と憤慨する最大の
理由なんですね。
 
 

こういったことは、意外に多くのお店で起こっていることなのですが、これを
「人のセイ」(能力が低いからしょうがない)とするのではなく、「できるよ
うにさせる」仕組み作りを、3~5店舗程度の初期段階で構築しておけば、自分
にとっての「当たり前」が「当たり前」にできるスタッフをたくさん作ること
ができるのです。
 

つまり、「無意識」の部分を「意識的」にスタッフ全員が行うことができるよ
うになれば、より強い組織、店になれるのです。
  


「そのためにマニュアルが有るんじゃないの?」

 
と思う人もいるかも知れませんが、マニュアルだけではカバーできない部分も
たくさん出てきます。価値観だったり、考え方だったり、人が増えることで徐
々にこれらが共有できなくなります。この部分が一致していないと、皆が同じ
方向に進んでいくことが困難なため、強い組織になれません。

 
だからこそ、理念を確立してその落としこみに時間をかけたり、採用基準を明
確にして、自分の会社にふさわしい人のみに入社してもらったり、入社後も、
自社の価値観を十分理解してもらえるように教育したり、ということも、マニ
ュアル作り以外にも、仕組みとしてとても大切になるのです。


3~5店舗の飲食企業が、人が増え、店が増えてくることによる課題を解決する
ために、まずは、会社の方針を「指針書」としてまとめる事を当社ではお勧め
しています。

来月9月29日(木)の「経営指針書策定講座」では、当社独自開発の「経営指
針書」にまとめる方法、考え方が学べる講座を開講いたします。
 ・経営理念をどうまとめ、どう浸透すればよいのか?
 ・評価表の作り方はどう考えればよいのか?
 ・経営計画書をどのように作成すればよいのか?
などを分かりやすく解説いたします。

ご興味のある方は、ぜひ、ご参加ください↓
----------------------------------------------------------------------
★2016年9月29日(木)開催!
 今後、多店舗化を推進したい”飲食店経営者”のための、
                   「経営指針書」策定講座
~当社独自開発の経営指針書、
       ”72の視点からの経営マトリクス”の作成方法が学べる講座~
 http://www.food-business.jp/72matrix/
----------------------------------------------------------------------.
【この講座の目的】
 当社独自開発した「72の視点からの経営マトリクス」を作成する方法を学ん
 でいただくことです!

【この講座はこんな人におすすめ!】
・経営理念をつくることが大切だと理解しているが、どのようにして作ればい
 いのかが分からない人
・多店舗化を推進しようとしているが、何から始めればよいのか、何をすれが
 よいのかが分からない人
・経営理念やクレドを店舗に浸透させたいけれど、どのように浸透させればよ
 いか分からない人
・経営計画書、指針書を作りたいと考えているが、どのように作ればよいか分
 からない人

【講座内容】
 1、経営理念の作り方
 2、理念とクレドの違い
 3、小さな会社ほど、行動指針を明確にしよう!
 4、店舗の質を維持するためには、「店舗コンセプト」を明確にしよう!
  a)店の提供価値を明確にする!
  b)ペルソナ像を確立することで、ターゲットを皆で共有する!
  c)消費形態を確立することで、店の問題点が明らかになる!
  d)商品開発の方向性を共有化するために、商品キーワードを確立しよう!
 5、自社の人材の「あるべき姿」を確立する方法
   →これができれば評価表が作れる!
 6、「ありたい姿」(5年後のビジョン)の考え方
 7、自社の強み、弱みを抽出する方法
 8、今後の課題、やるべきことを明確にする方法

【講座開催概要】
  ●開催日:2016年9月29日(木)13:30~18:00
  
  ●開催場所:東京都千代田区内神田3-4-11 サニー南神田ビル
        http://s-kaigi.jp/access/index.html

  ●費用:24,800円
    ※2016年8月中にお申し込みの方は、20%OFF(24,800円→19,840円)

  ●特典:参加者全員の方に、講師の中西が執筆しました、
    「飲食店から飲食企業に成長するための教科書」
    http://www.food-business.jp/tatennpoka-manyual/
    を、プレゼントさせていただきます!
  
  ●詳細、お申し込みはこちら↓
    http://www.food-business.jp/72matrix/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-29 18:36:12

●自分の成長を阻害するのは、”自分の視野だけで”考え判断してしまうこと!

テーマ:メルマガ
●自分の成長を阻害するのは、”自分の視野だけで”考え判断してしまうこと!


普段、ご支援先の研修や勉強会で、また、コンサルティングを行っている際に、
私がいつも意識していることは、「今すぐ理解できないことでも、大切なこと
はどんなことがあっても伝えよう!」いうこと。


スタッフからすると、「この人何言っているの?」と思われても、半年後、1
年後、いや、5年後にでも、そのスタッフが「あの時言われていたのはこうい
うことだったんだ」と分かってもらえればいいという思いで、いくらスタッフ
から煙たがれようと変な顔をされようと、言うべきこと、伝えるべきことは言
おう、話そうと思っています。


時折、経営者・幹部の方から「今、話しても分からないから伝えないんです」
と大切なことであっても、重要なことであっても”あえて”スタッフに伝えな
い、話さないという方がいらっしゃいますが、私はそれは良くないことだと思
っています。(もしかしたら、私が大切だと思っていても経営者や幹部が大切
だと思っていないから伝えない、話さないかもしれませんが・・・)


スタッフが、大切だけど、重要だけど、理解できないのは、「その時点での知
識・経験が不足しているから」だけ。
決して能力がないとか、上司の意見を聞きたくないというわけではありません。

だからこそ、今理解できなくても(理解できないことでも)、「この先こうい
うことが必要になってくるんだよ。だから、今、君に伝えているんだ」という
思いで話し・伝えうことが重要です。

そして、意見されたこと、助言されたことをスタッフが意識して日々を過ごし
ていれば、必ず「あっ、これってこういうことなんだ」と理解できる日がきま
す。


上司の立場にある人が、スタッフの「感情面」ばかりを気にしすぎて言うべき
ことを言わなかったり、ちょっと難しいことを伝えようとしないのは、スタッ
フの成長を阻害していることになり、自分の役割・責任を果たしているとは言
えないと考えるべきでしょう!



一方、反対の立場、つまり、スタッフ側からの視点で言えば、上司や周囲の方
からアドバイスをもらっても、「何それ?」「言っている意味が分からない」
と思うことが多々あるはず。


しかしそれは、「”今の自分”には理解できない」だけの話。


これを自分で理解しているかどうかが、この先の「自分の成長」に大きく関わ
ってきます。


上司や周囲の人が、何か助言をするのは、それがあなたにとって「今必要だ」
「仕事をうまく進めるためには絶対に重要だ」と感じたからであり、決して、
負担を増やそう、嫌がらせをしようと思っているわけではありません。


だからこそ、アドバイスを受けた人は、時には「言われたことが理解できない」
ことであっても、「とりあえず、やってみよう!」という姿勢・意識がすごく
大切なのです。


すると、「やっているとき」はワケが分からずやっていても、後々、結果が出
だし、「あっ!そういうことなんだ」とやってみて分かることがたくさん出て
くるはずです。これが出来る人が「素直な人」と言えるかもしれませんね。


言われたこと、助言・アドバイスを受けたことが理解できないのは、「もしか
したら、自分の知識・経験が足りないからかも・・・」、と素直に思える、考
えられるかどうかが自分の成長を促すことに繋がるのです。


反対に、自分の視野だけで考えすぎてしまったり、判断してしまったり(その
アドバイスは全く意味がない)すると、自分の成長を阻害していると考えても
いいのではないでしょうか?



「どんなことでも、素直に人の意見、アドバイスに耳を傾け、とにかくやって
みる」


すごく難しいことですが、自分を成長させたいのなら、これを日々意識して行
ってみてはどうでしょう?きっと半年後、1年後に”違った”自分と出会える
はずです。

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◆◆

★こちらの講座。受講生募集中です!

----------------------------------------------------------------------
★2016年9月29日(木)開催!
 今後、多店舗化を推進したい”飲食店経営者”のための、
                   「経営指針書」策定講座
~当社独自開発の経営指針書、
       ”72の視点からの経営マトリクス”の作成方法が学べる講座~
 http://www.food-business.jp/72matrix/
----------------------------------------------------------------------.
【この講座の目的】
 当社独自開発した「72の視点からの経営マトリクス」を作成する方法を学ん
 でいただくことです!

【この講座はこんな人におすすめ!】
・経営理念をつくることが大切だと理解しているが、どのようにして作ればい
 いのかが分からない人
・多店舗化を推進しようとしているが、何から始めればよいのか、何をすれが
 よいのかが分からない人
・経営理念やクレドを店舗に浸透させたいけれど、どのように浸透させればよ
 いか分からない人
・経営計画書、指針書を作りたいと考えているが、どのように作ればよいか分
 からない人

【講座内容】
 1、経営理念の作り方
 2、理念とクレドの違い
 3、小さな会社ほど、行動指針を明確にしよう!
 4、店舗の質を維持するためには、「店舗コンセプト」を明確にしよう!
  a)店の提供価値を明確にする!
  b)ペルソナ像を確立することで、ターゲットを皆で共有する!
  c)消費形態を確立することで、店の問題点が明らかになる!
  d)商品開発の方向性を共有化するために、商品キーワードを確立しよう!
 5、自社の人材の「あるべき姿」を確立する方法
   →これができれば評価表が作れる!
 6、「ありたい姿」(5年後のビジョン)の考え方
 7、自社の強み、弱みを抽出する方法
 8、今後の課題、やるべきことを明確にする方法

【講座開催概要】
  ●開催日:2016年9月29日(木)13:30~18:00
  
  ●開催場所:東京都千代田区内神田3-4-11 サニー南神田ビル
        http://s-kaigi.jp/access/index.html

  ●費用:24,800円
    ※2016年8月中にお申し込みの方は、20%OFF(24,800円→19,840円)

  ●特典:参加者全員の方に、講師の中西が執筆しました、
    「飲食店から飲食企業に成長するための教科書」
    http://www.food-business.jp/tatennpoka-manyual/
    を、プレゼントさせていただきます!
  
  ●詳細、お申し込みはこちら↓
    http://www.food-business.jp/72matrix/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-26 11:34:13

●人を活かす多店舗化に興味のある方へ

テーマ:飲食店セミナー
●人を活かす多店舗化に興味のある方へ


この10数年の間にお客様のニーズは大きく変化し、「型通り」や「マニュアル
通り」というものにとても嫌悪感をいただくようになったと言えます。つまり、
お店を利用する際には、「安心感」もお店を選ぶ上での重要なファクターでは
あるのですが、それ以上に「価値観」を求めるようになりました。とくに、最
近で は「コスパ」、すなわり、コストパフォーマンスを求められるようにな
り、支払った金額以上の「体験」をできることを求めています。


そうなると、店で働くスタッフにも求められるものが変わってきます。「型通
り」ではなく、「お客様の状況に合わせた対応」を求めるようになってきまし
た。


その場その場の「状況判断」が大切で、指示があってからとか、マニュアルに
書いてあるから、という理由で仕事をしているようではお客様は喜んでくれま
せん。ですから、スタッフは、自分で判断して、自分で考えて行動することが
求められるようになりました。つまり、「人を活かした店」、機械的でなく人
の”あたたかみ”が感じられるお店をお客様は求めているということです。


仕事を皆がある程度のレベルで実行することが必要ですからマニュアル自体の
必要性は今も昔も変わりません。

しかし、今はスタッフ個々に「状況判断力」や「自分で考える力」が求められ
るようになってくると、マニュアルの作成自体や教育の方法をを変える必要が
あるのです。



にもかかわらず、過去の大手チェーンと同じようなマニュアル作りを行ってい
たり、人を教えるにしても「指示・命令」だけで教育・指導するような風土が
店・ 会社にあると、どんどんお客様ニーズから乖離した店・会社になってし
まうだけですね。


今は、「人を活かす経営」が、チェーン店と差別化する、地域でお客様に愛さ
れる最適な手段だと当社は考えています。


ただ、問題は、「人を活かす」ということは、それだけ「ブレ」がおきやすい
ということです。

小さな飲食企業の問題は、人や店が増えるとともに、 徐々に売上が低下して
くること。私がこれまで指導してきた会社でも、店舗が5店舗以上になってく
ると、「思うように売上が伸びない」ということ でよくご相談をいただきま
す。この問題を解決するために、当社では次の3点の構築と推進を行っていま
す。


①自発的に行動できるスタッフになるための”教育”
 ただ黙っているだけ、見ているだけで人が育つわけがありません。
 また、自発的に行動して欲しいと願っているだけで、スタッフが自発的に行
 動してくれるわけがありません。
 何をどのように考えれば良いのか、そして、仕事を楽しめる知識が身につく
 教育を行います。

②今の時代にふさわしいマニュアル整備(仕組み化)
 単にマニュアルとして「決め事を纏める」というものではなく、社員の「教
 える力」を補い、アルバイトが仕事を覚えやすく、そして、仕事の質がなか
 なか低下 しない、なおかつ、店舗で活用されやすいマニュアル作り、仕組
 み化が質の低下を防ぎ、なおかつ人を生かす経営にもつながるのです。

③理念経営の推進
 経営目的の理解と浸透が「お客様視点の店舗運営」を実現させます。




当社では普段行っているコンサルティングのご紹介を兼ねたセミナーを年3回
(3月、7月、11月)実施しております。この中で、上記3点の具体的コンサル
ティング内容と効果等をご紹介させていただいております。


当社のコンサルティングにご興味のある方、また、「人」を活かす多店舗化を
推進したいと考えている方は、あさって28日(木)に開催する当社セミナーに
ご参加ください。

残念ながら(笑)、まだ、お席がございます!
----------------------------------------------------------------------
★2016年7月28日(木)開催 飲食経営者向けセミナー
 ●小さな飲食企業が成長するための「理論と実践」
  ~多店舗化のためにすべきことはマニュアルの整備だけではない!~
   http://www.food-business.jp/seminar/
----------------------------------------------------------------------
【今回のセミナーで学べること!】
 ・モチベーションが高く、自発的に働け、行動できるスタッフ育成の手法
 ・理念・クレドを現場に落としこむ方法
 ・店舗、スタッフが増えてきた時に起こる問題の対処方法
 ・今の時代にふさわしい「マニュアル」作りの方法
 ・店舗の「質」を下げないための仕組み作りの方法
 ・社員ができる、アルバイトの効果的な教育方法
 
【セミナー内容】
 1)働くスタッフが「イキイキ、ワクワク」できる会社作りの方法
  ・あなたの会社は目的主義経営?目標主義経営?
  ・理念共有できない最大の理由は経営者にあり!
  ・理念・クレドを現場に落とし込むための方法
  ・自発性を伸ばすための4つの「T」

 2)店舗の「質」を落とさない仕組み作りの方法
   ~人を活かすための仕組み、マニュアル作りの秘訣~
  ・理念・クレドを現場に落とし込むための方法
  ・「質」を落とさないためにはある一つのことの共有化を図るだけで良い
  ・マニュアルは手順書。今必要なのは、「考える」を強制する共有書
  ・共有書つくりのコツは、普段の「無意識」を「言語化する」こと
  ・アルバイトを短期間で育成するための仕組みつくりとは?
  ・調理マニュアルを作ると料理の質は下がる!
  ・店舗チェックリストで店の質維持を図るとかえって質は下がる!

 3)「自発的行動力」を伸ばす教育・指導の方法
  ・「考動力」を伸ばすには、ある一つのことを意識させるだけ
  ・「考える」を伸ばすには、「押し付け」を無くすだけで良い
  ・「話す力」と「聴く力」を伸ばせば、「考える力」が伸びる
  ・知識が増えれば、行動力が向上する
  ・コーチングを簡単に活用する方法
 
【セミナー開催概要】
  ●開催日:2016年7月28日(木)13:30~17:30
  
  ●開催場所:東京都千代田区内神田3-4-11 サニー南神田ビル
        http://s-kaigi.jp/access/index.html

  ●費用:19,800円
     ※6月末までにお申し込みの方は、20%OFF(19,800円→15,840円)
  
  ●特典:参加者全員の方に、講師の中西が執筆しました、
    『小さな飲食企業が成長するための「すごい仕組み」』
    ~飲食店のマニュアル作成、教育の仕組み作りがわかるマニュアル~
    http://www.food-business.jp/manyual/
    を、プレゼントさせていただきます!
  
  ●詳細、お申し込みはこちら↓
    http://www.food-business.jp/seminar/ 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。