1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-17 15:24:20

●毎日仕事に「一生懸命」だからこそ・・・

テーマ:メルマガ
●毎日仕事に「一生懸命」だからこそ・・・


私自身日々仕事をしていると、その時は一生懸命考えたことで「間違いがない」
と思って判断したはずなのに、時を経たときに、「なんでこんな判断をしたん
だ!」と後悔をすることがたまにあります。


そんなときは得てして、「目先の売上、目先の成長にとらわれ過ぎている」と
いうのが一番の理由。

そして、こうなるのは、「自分の仕事の目的やミッション、理念を見失ってい
る」ということが多いようです。


日々コンサルティングをしている中で、たくさんの経営者さんにアドバイスを
させていただいていますが、毎日一生懸命だからこそ、”ついついその場その
場の事例にのめりこんでしまい”、本来の目的から”ハズレた”判断をしよう
とされていることがよくあります。つまり、「自社が見えなくなっている」状
態ですね。


こんなときに、経営者さんに話すのはすごく難しいのですが、私はいつも

 「社長。この仕事の目的ってなんでしたっけ?」
 「うちは、そもそもどんな価値観で仕事をしているんでしたっけ?」
 「うちは、どんな会社を目指そうとしているんでしたっけ?」

と、会社の目指しているところ、会社の大切にしていることを思い出してもら
うようにしているのですが、それでもなかなか「会社の軸」に沿った判断をし
てもらうのは難しいものです。なぜなら、経営者さんが熱くなりすぎているか
ら。


しかし、経営者さんと一緒に作った経営方針書に書いてあることを話すと、
「確かに」と納得して、「会社の軸」に基づいた判断、目的に沿った判断がで
きているのではと感じています。


ちなみに、たまに「経営方針書にこう書いていますよ」と言っても、「それは
それ!」という方もいらっしゃいますが、こんなのは論外!

社員に約束したことを反故(ほご)にするわけですから、そんな経営者が社員
から信頼を得られるはずがなく、この先うまく会社がいい方向に向かうはずが
ありません。



こんな経営者さんの事はほっておくとして、誰しもついつい「目的」を忘れた
り、「会社の軸」から違った判断をしてしまうもの。

だからこそ、「私たちの会社はこういう会社です」「私たちのお店はこういう
お店です」という方針書をまとめ、会社全体で皆で共有すべきなのです。そし
て、時折、「うちの会社の方針はこうだ」と振り返ることもとても大切なので
す。



皆さんの会社には、自社の方向性(理念、ビジョン、価値観、スタッフのある
べき姿、店のコンセプトなど)をまとめた、方針書は存在しますか?


自社の「あるべき姿」を見失ってしまうと、いつの間にか、売上が低下したり、
社員が辞めてしまったりということが起こりやすくなります。

もしまだこの方針書があなたの会社に存在しないなら、この機会に作ってみませんか?

A3一枚に自社の「あるべき姿」を経営方針書としてまとめる方法、考え方が学
べる講座が、来月30日に開催する「経営指針策定講座」です。

※なお、今月中にお申込みいただけると、早期申し込み割引(20%OFF)が適
 応されます!
----------------------------------------------------------------------
★2016年6月30日(木)開催!
 今後、多店舗化を推進したい”飲食店経営者”のための、
                   「経営指針書」策定講座
~当社独自開発の経営指針書、
       ”72の視点からの経営マトリクス”の作成方法が学べる講座~
 http://www.food-business.jp/72matrix/
----------------------------------------------------------------------
【この講座の目的】
 当社独自開発した「72の視点からの経営マトリクス」を作成する方法を学ん
 でいただくことです!

【この講座はこんな人におすすめ!】
・経営理念をつくることが大切だと理解しているが、どのようにして作ればい
 いのかが分からない人
・多店舗化を推進しようとしているが、何から始めればよいのか、何をすれが
 よいのかが分からない人
・経営理念やクレドを店舗に浸透させたいけれど、どのように浸透させればよ
 いか分からない人
・経営計画書、指針書を作りたいと考えているが、どのように作ればよいか分
 からない人

【講座内容】
 1、経営理念の作り方
 2、理念とクレドの違い
 3、小さな会社ほど、行動指針を明確にしよう!
 4、店舗の質を維持するためには、「店舗コンセプト」を明確にしよう!
  a)店の提供価値を明確にする!
  b)ペルソナ像を確立することで、ターゲットを皆で共有する!
  c)消費形態を確立することで、店の問題点が明らかになる!
  d)商品開発の方向性を共有化するために、商品キーワードを確立しよう!
 5、自社の人材の「あるべき姿」を確立する方法
   →これができれば評価表が作れる!
 6、「ありたい姿」(5年後のビジョン)の考え方
 7、自社の強み、弱みを抽出する方法
 8、今後の課題、やるべきことを明確にする方法

【講座開催概要】
  ●開催日:2016年6月30日(木)13:30~18:00
  
  ●開催場所:東京都千代田区内神田3-4-11 サニー南神田ビル
        http://s-kaigi.jp/access/index.html

  ●費用:24,800円
    ※2016年4月中にお申し込みの方は、20%OFF(24,800円→19,840円)

  ●特典:参加者全員の方に、講師の中西が執筆しました、
    「飲食店から飲食企業に成長するための教科書」
    http://www.food-business.jp/tatennpoka-manyual/
    を、プレゼントさせていただきます!
  
  ●詳細、お申し込みはこちら↓
    http://www.food-business.jp/72matrix/
AD
いいね!(34)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-28 17:51:15

●3人のレンガ職人の話

テーマ:飲食店経営者のための経営指針書策定講座
●3人のレンガ職人の話

炎天下にレンガを積んでいる3人のレンガ積み職人のそばを、旅人が通りかか
りました。旅人は3人のレンガ職人に「あなたは何をしているのですか?」と
声をかけました。その問いに対する答えは三者三様でした。

1人目のレンガ職人はこう答えました。
「私は、親方の命令に従ってレンガを積んでいるんだ」

2人目のレンガ職人はこう答えました。
「私は、レンガを積んで、高い塀を造っているんだ」

3人目のレンガ職人はこう答えました。
「私は、レンガを積んで立派な境界を作っているんだ。この教会が完成すると、
施主や多くの人々はとても喜ぶだろう」


この3人の違いは仕事の「目的」です。
3人のレンガを積む目的を整理していましょう。


1人目のレンガ職人は、目的を持たずに、指示されたことをこなしているだけです。

2人目のレンガ職人は、高い塀を作ることを目的としています。

3人目のレンガ職人は、教会を造って、多くの人の役に立つことを目的として
います。


これは、「マネージメント」等で有名やピーター・ドラッガーが著書の中で述
べていること。
ドラッガーは、この3者三様の答え方から、仕事の目的やとらえ方によって、
仕事の取り組み姿勢が変わると述べているのです。



皆さんの会社、店のスタッフは、3人のレンガ職人のうちの誰のようになって
もらいたいですか?

言うまでもなく、3人目のレンガ職人のように、「多くの人の役に立ちたい」
という目的を持って仕事をして欲しいものですよね。


しかし、実際には、1人目や2人目のレンガ職人のような目的意識で仕事をし
ているのではないでしょうか?



人は目的意識の持ち方次第で、仕事のやり方、姿勢が変わります。

売上、利益だけを目的とした仕事のやり方をすると、お客様よりも自分たちの
ことを優先し、とにかく売上さえ上がればいいと思うことでしょう。
ただ、売上や利益やあくまで「結果」、つまり、お客様満足度の「結果」であ
って、お客様の満足度が向上すれば自然と売上や利益やついてくるものです。


会社によっては、「そうは言っても、売上や利益が一番!」
そう考えている会社、店もあるでしょう。


しかし、この目的だけでは、永く経営をしたり、仕事に楽しみを持てたり、仕
事に誇りを持つことは難しいでしょう。


もしあなたの会社、店が「永続的な経営」を、そして、社員・アルバイトが仕
事を楽しめる、仕事に誇りを持てるようにしたいのであれば、「我々は何のた
めに仕事をしているのか?」という会社の経営目的を明確にしましょう!


上記のような状態を目指したいのであれば、ぜひとも今すぐ、会社の経営目的、
会社としての仕事の価値観、会社としてあってほしいスタッフの姿、などなど、
会社のあるべき姿(軸)を明確にしましょう!




当社では、この会社のあるべき姿(軸)をA3、1枚のシートにまとめ、皆でこ
れを共有(浸透)させることで、皆が主体的に働ける会社作りを支援していま
す。


来月26日(木)に開催する「経営指針策定講座」では、普段のコンサルティン
グで行っている、軸(方針書)のまとめ方、考え方、そして、浸透方法につい
て詳しく解説しています。

永続経営を目指す、社員・アルバイトがイキイキと主体的に働ける会社作りを
目指している方は、ぜひ、この講座をご活用ください。


※なお、今月中にお申込みいただけると、早期申し込み割引(20%OFF)が適
 応されます!
----------------------------------------------------------------------
★2016年5月26日(木)開催!
 今後、多店舗化を推進したい”飲食店経営者”のための、
                   「経営指針書」策定講座
~当社独自開発の経営指針書、
       ”72の視点からの経営マトリクス”の作成方法が学べる講座~
 http://www.food-business.jp/72matrix/
----------------------------------------------------------------------
【この講座の目的】
 当社独自開発した「72の視点からの経営マトリクス」を作成する方法を学ん
 でいただくことです!

【この講座はこんな人におすすめ!】
・経営理念をつくることが大切だと理解しているが、どのようにして作ればい
 いのかが分からない人
・多店舗化を推進しようとしているが、何から始めればよいのか、何をすれが
 よいのかが分からない人
・経営理念やクレドを店舗に浸透させたいけれど、どのように浸透させればよ
 いか分からない人
・経営計画書、指針書を作りたいと考えているが、どのように作ればよいか分
 からない人

【講座内容】
 1、経営理念の作り方
 2、理念とクレドの違い
 3、小さな会社ほど、行動指針を明確にしよう!
 4、店舗の質を維持するためには、「店舗コンセプト」を明確にしよう!
  a)店の提供価値を明確にする!
  b)ペルソナ像を確立することで、ターゲットを皆で共有する!
  c)消費形態を確立することで、店の問題点が明らかになる!
  d)商品開発の方向性を共有化するために、商品キーワードを確立しよう!
 5、自社の人材の「あるべき姿」を確立する方法
   →これができれば評価表が作れる!
 6、「ありたい姿」(5年後のビジョン)の考え方
 7、自社の強み、弱みを抽出する方法
 8、今後の課題、やるべきことを明確にする方法

【講座開催概要】
  ●開催日:2016年5月26日(木)13:30~18:00
  
  ●開催場所:東京都千代田区内神田3-4-11 サニー南神田ビル
        http://s-kaigi.jp/access/index.html

  ●費用:24,800円
    ※2016年4月中にお申し込みの方は、20%OFF(24,800円→19,840円)

  ●特典:参加者全員の方に、講師の中西が執筆しました、
    「飲食店から飲食企業に成長するための教科書」
    http://www.food-business.jp/tatennpoka-manyual/
    を、プレゼントさせていただきます!
  
  ●詳細、お申し込みはこちら↓
    http://www.food-business.jp/72matrix/

AD
いいね!(43)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-04-18 19:48:11

●自分にとっての「当たり前」は、他人にとっては「当たり前」でない!

テーマ:メルマガ
●自分にとっての「当たり前」は、他人にとっては「当たり前」でない!


先日、私のスマホが水没してしまい、修理センターにスマホを持っていくと新
しいスマホと交換とのこと。保険に入っていたため、出費は少額で済みそうで
すが、金額より気になったのが、この日の修理センターのスタッフの態度。


「本日担当させていただきます、○○です」


と名前を告げていただいたのはよかったのですが、その後は、すべての態度・
言動が”不快”に感じてしまいます。


なぜだろう?って思いながら(もちろん、併せてイライラしながら・・・)、
彼の接客を受けていると気づいたことがありました。


それは、「確認書類などに目を通しておいてください」と言った後の彼の対応
を見てふと思いました。



彼は、毎日その修理センターでお客様の対応をしているのでしょう。

なので、毎日毎日同じことの繰り返し。
そのため、彼にはその日の私への対応も毎日毎日の仕事の中の一環。
だから、彼にとっては、「当たり前」のことばかり。

しかし、私は、スマホを水没させたのは初めてで、この修理センターを訪れた
のも初めて。

そのため、どれぐらい金額がかかるのか、水没したスマホはどうなるのか、デ
ータはどうなるのか、どれぐらい時間(新しいスマホの交換)がかかるのだろ
う、っと、こんな私でも緊張はしますよね。だから、すごい「不安」はわけで
す。


この気持ちが彼には分からず、接客してしまったために、私を「不快」にさせ
たのではないかなあ、と私は思いました。


普段の仕事においても、ベテランスタッフにとっては「当たり前」のことが、
お客様やアルバイトには、初めてであり、分からないことばかりあるはず。


それを「自分だけの視点」でお客様に対応すると、お客様を不快にさせるでし
ょう。


「自分だけの視点」で、アルバイトを教えてしまうと、アルバイトは?マーを
頭の中にたくさん浮かべながら仕事をしますから、つまり、不安な状態で仕事
をするでしょうから、出来る仕事もできないまま、最悪の場合やめてしまうア
ルバイトもいるでしょう。


特に「教える」際には、相手の立場に立って、相手が理解しているかどうか、
場面場面で確認しながら進めることが大切。



私たち飲食店の仕事は相手のニーズに応えるからこそ、喜んでいただける仕事。

だからこそ、自分にとっては「当たり前」でも、他の人には「当たり前」でな
い、「分からない」ことがたくさんあることを常に認識しながら仕事をしてい
きましょう。

それがお客様やアルバイト、部下を「笑顔にさせる」ことにつながります。

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◆◆

★こちらの講座。受講生募集中です!

----------------------------------------------------------------------
★2016年5月26日(木)開催!
 今後、多店舗化を推進したい”飲食店経営者”のための、
                   「経営指針書」策定講座
~当社独自開発の経営指針書、
       ”72の視点からの経営マトリクス”の作成方法が学べる講座~
 http://www.food-business.jp/72matrix/
----------------------------------------------------------------------.

◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◆◆◇◇◇◇◆◆◇◇◆
AD
いいね!(28)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。