フォニコさんの居場所&スバルアウトバックユーザーリポート

Amebaブログ開設時からの古参ユーザー!
いかにしてSEOで這い上がるか!
ローカルネタを書きます・・・・
ムービー撮影が大好きです。
HPサイトの勝手リフォームや勝手意見をしています。


テーマ:
フォニコさんの居場所&スバルアウトバックユーザーリポート-SN3O0130.jpg

原発数機の為に
安定感無い毎日が続いている。�
それにしても日本人静かです、あれだけ表参道でデモ行進が有っても報道もしません。�恐らく世界一従順なお坊っちゃま君。なジャーナリスト達なんだろうね。�
今の関東地方はスクープだらけなのにね。
シラケるなぁ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


原子力損害賠償法により東電は、免責。義務無しかよ。
5/23 20:09

チェルノブイリ級という事は、汚染範囲は半径700kmに及ぶはず・・・
5/24 23:31

原子力発電所の稼働率は、おおよそ50%以下と伝わってきている。そうなると火力発電所のほうがエコなんだなあ!
5/24 23:41

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オーランチオキトリウムという藻を利用して日本を産油国にしようとしている渡邊教授。

これは、絵空事ではない。

琵琶湖2万平米を培養プールとして利用すると

世界の石油およそ半分が産出できる事になる、しかも

この培養は休耕地でも可能なのだ。

日本各地で培養できれば、日本オイルメーカーが出来る。

素晴らしい。

藻石油村を作ろう。

http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/backnumber/20110529.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
福島原発からの贈り物が

ここ埼玉県まで毎日十分に届けられている。

さいたま市の県庁にもモニタリングポストがあるらしいが、

高さ4階のビルの上、

毎日定点計測する分には、何も言うことはないのだが、

やはり人間の身長で計測してほしいと思うのは

僕だけなのだろうか?

地表で測ると大変な事になっているらしい。

http://www.youtube.com/watch?v=UF5Qdhaethk&feature=related
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「スイスでフクシマのような事故が起きても、許容される年間の放射線量は1ミリシーベルトだ」とスイスの連邦保険局 ( BAG/OFSP ) 放射線防護課主任、クリストフ・ミュリット氏は強調する。

http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=30189670

そうなんだよね。

このままだと、日本政府は危険区域である東日本の国民に線量計を配布しなければならなくなるからね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
木村 盛世(きむら もりよ)氏のブログより転載します。

http://www.kimuramoriyo.com/the_tohoku_earthquake/20110520.html

上記URL記事より転載

※注意※
特に承認を得ていません、問題ある時はすぐに削除します。


 すでに3月30日に、放射能の危険に関する欧州委員会 ( the European Committee on Radiation Risk, ECRR ) の学術部局長、スウェーデンのクリス・バズビー博士が発表した福島原発事故の影響に関する報告書では、以下のような結論と勧告が示されている。

1.ECRR の危険評価モデル(危険率モデル)を、福島原発惨事から半径100キロメートルの範囲に住む300万人に適用した。これらのひとびとが1年間同じところに 留まると仮定した場合、予測される癌増加数は今後50年で約20万人、そのうち10万人は今後10年以内に診断されることとなる。即座にこの地区から退避 した場合、増加数は著しく減少する。事故原発から100~200キロメートルの範囲に暮らす700万人について予測される癌増加数は、今後50年で22万 人を若干超えるものとなり、今後10年に約10万人が発症する、とみられる。この予測は、ECRR の危険評価モデル、ならびにチェルノブイリ事故後のスェーデンにおける癌危険率に関する調査結果に基く。

2.国際放射線防護委員会 ( ICRP ) のモデルを用いた場合、半径100キロメートル範囲に住む人間の癌増加数は2,838となる。従って、最終的な癌増加数が ECRR と ICRP の危険評価モデルの優劣を決める新たな試験となろう。

3.日本の文部科学省が公表したガンマ線量に基く計算値を使い、認知されている科学的な方法により、計測地点の地表汚染を逆算することができる。その結果が示すのは、国際原子力機関 ( IAEA ) の報告は汚染レベルを著しく過小評価していることである。

4.放射性同位体による土壌汚染の計測を早急に行い、注意を喚起してゆくことが求められる。

5.福島原発から100キロメートル圏内で、北西地域の住民は即座に退避し、この地域を危険区域(立ち入り禁止)とすることが求められる。

6.ICRP の危険評価モデルを使うことはやめて、すべての政治判断を「放射能の危険に関する欧州委員会」の勧告に従って下すべきである。www.euradcom.org これは「2009レスボス宣言」に署名した、放射線の危険に関する著名な専門家の出した結論である。

7.故意に情報を一般市民から隠した者に対する捜査と法的制裁を行うべきである。

8.報道においてこの事故が健康に与える影響を矮小化して伝えた者に対する捜査と法的制裁を行うべきである。

 この7は東電と保安院に対して、8はマスメディアの情報操作に対して向けられたものである。このECRRの勧告に対比すると、政府が現在取ってい る措置は、広島原爆投下後の政府・大本営の状況認識および対策との差とあまり違いがない。米国と文科省が共同で行った地上1メートルのセシウム137(半 減期30.3年)の汚染度を見ると、原発から北西の方向に半径30キロを超えて、300万~1,470万ベクレル/平方メートルという超高濃度汚染ベルト が広がっている。(チェルノブイリ事故の汚染は避難地区がわずか13万5,000ベクレル。事故処理に当たった労働者の平均被爆量が165ミリシーベル ト)。福島では、原発から40キロ離れた飯館村でも外部被爆線量が年間26ミリシーベルトになる。10年住めば、厚労省の「緊急被爆基準値」の250ミリ シーベルトを超えてしまう。

ともかく放射能汚染度が、チェルノブイリ事故を超えていることは間違いない。政府はそのことを率直に認め、住民に安易な帰宅計画の希望などもたせず、「広 島、長崎と同じことが起こったし、いまも続いている」ことを告げるべきだ。広島長崎の被爆者も「核兵器廃絶は原子炉廃絶なくしてありえない」ことを自覚すべきだ。

 半減期というのは放射能が半分になることで、1,470万ベクレルのセシウム137は30.3年経っても735万ベクレルになるにすぎない。 100年経って元の4分の1=367万5,000ベクレルだ。チェルノブイリの13万5,000まで落ちるのに何百年かかるか?相馬市、いわき市、福島市 に挟まれた広大な無人の荒野を想像すると、寒気がしてくる。


---------------------------------------------

という内容なのだが、我が埼玉県熊谷市は200km圏内なのである。

避難区域という事になります。

この上、浜岡原発や六ヶ所村にて事故が起これば、日本いや世界(地球)には住めなくなる事を意味しています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここのところ暖かかったからSEVの腹巻きしなかったんです。

でもね、顎の状態が最悪のロックでして、すがる想いで腹巻きをして睡眠。

騙されたかと思ったよ。2ヶ月余り改善が見られなかったのに。

少し顎が動くんだよ。

完治迄には程遠いけど。

睡眠時間はSEVだと思いました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。