2017-07-09 23:54:34

Last day

テーマ:Blog
本日の公演を持ちまして、無事に全公演が終了し、幕を閉じました。

千秋楽は

地元の友達や

劇メシ episode 04
『なんでもないトマトなのに』で共演した

きむやん(木村 竜也kun)や

劇メシのプロデューサーさん方が見に来て下さいました音譜+*

上演中

{3C8DC188-4994-4C96-99F1-B992FA6E6BE0}

週間(上演中)

{D18231AD-7BA6-43D7-958E-F85BC71DAE74}

週間

{122DDB90-D490-4E9F-A0B0-A674FD0E853E}

月間

{E15E36B3-FF34-4AA4-9342-410BA4B3C9CF}

皆様のお陰で、CoRich内にて、このような素敵な結果を残す事が出来ました。

それだけでなく、見に来て下さるお客様は勿論、全ての皆様から、こんなにも嬉しいお声を沢山頂いたのは正直、今作が初めてかもしれません。

とは言え、中には、直接私の目に耳に届いていないだけで、賛否両論や色々な意見もあると思います。

自分の人生経験によっては想い方や感じ方、捉え方が何十、何万通りもあるので。

それは見て下さる皆様も、演じる私達も。

が、それをも全て含めて、沢山の方に今作を見て頂けた事が何よりも嬉しく、幸せな事でした。

私が演じさせて頂いた貴子(高木 貴子)は、様々な感情を抱えて生きていた人でした。

抱えて、抱えて、抱えすぎて、上手く笑う事で…いや、上手く笑っているように見せて、心の中はぐちゃぐちゃでした。

事件が起きて、大切な妹がいなくなりさえしなければ、普通に、普通の人と何ら変わりない幸せな家庭だったのにね。

見に来て下さる皆様に、とてもしんどいね、悲しいね、寂しいね、辛いね、と、色々なお言葉を頂きました。

演じる私は確かにそうでした。

すぐにでも涙が溢れてしまいそうで。

でも、それは、私で、フォンチーであって、貴子ではないので。

貴子は、それを超えた域で、生きている人でした。

全部をも通り越して、無感、無痛だったんだよね。

それって、言葉では簡単に表現する事が出来なくて。

笑っていないと壊れてしまいそうで、笑っていないと崩れてしまいそうで、笑っていないともう、生きていけなさそうで。

最後まで自身とのたたかいでした。

貴子も、私自身も。

貴子。

15年。

長かったね。

長い間、よくたたかったね。

上手い言葉が見つからないけど、貴女は強くて弱い。でも、弱くて、強い。

強い人です。

現実から目を背けたくて弱さゆえに作ってしまった妄想の中では、恭介と真美と生きてて悲しい顔しないでただ笑って生きたかったんだよね。

幼馴染の篤君と付き合ってて大好きなケーキ屋でも働いてる真美がいて、親友の杏と付き合ってる恭介がいて、他愛もない事で笑い合ってる日常の幸せが欲しかったんだよね。

そんな普通の家庭が。普通の人生が。

この作品には、沢山の大事な事が散りばめられていました。

貴子には、改めて、沢山の大事な事に気づかされました。

普通の人生って、幸せって、当たり前に思ってるだけで、本当に身近にある。

こういうのに触れないと気づかされない自分もダメだし

人って欲張りな生き物だけど

家族がいる事が、友人がいる事が、恋人がいる事が、お仕事が出来る事が、そして、生きている事

そんな普通くらいの当たり前の人生が

死んでしまった人の生きたかった今日で

生きてる人がもっと一生懸命に生きなきゃいけない一日なんだ。

こうして綴っている今も、今作を想って、振り返って、自分の人生と重ね合わせて、幸せなんだって痛いほどに噛みしめる。

強く強く。

当たり前も、普通も、当たり障りのない人生なんて、ないんだ。

一分一秒がどうしようもないくらいに

全てが愛おしくて、儚くて、幸せなんだ。

貴子から。

岸 達也さん
真美を奪った事は許せない。一生。
でも、それが貴方なりの正義。だったんですね。
別の普通が、夢が、幸せがあったら違う人として出会えていたのかな。

吉岡 朱音ちゃん
私達の母を、最後まで本当の母のように大切に愛してくれてありがとう。

岡本 篤君
真美の為に、真美の為だけに、最後まで諦めないでいてくれてありがとう。

橋爪 杏
親友として私を、彼女として恭介を、最後まで見捨てずに一番そばで支えてくれて、一緒にたたかってくれて、叫び続けてくれてありがとう。

胡 宇春ちゃん
皆の中で胡ちゃんが一番、普通だったのかもしれない。
庵さんが言っていたように、胡ちゃんは凄いよ。
家族の為にブレない貴女は強くて凄い。

宇佐美 好美ちゃん
普通や当たり障りのない人生って時に退屈になるけど、それが欲しくても欲しくても手に入らない人だっているんだ。
でも、それが特別なことって気付けて良かった。
自分の人生、大事に生きてね。

佐藤 庵さん
庵さんがした事は間違ってる。のかもしれない。
だけど、それをも含めて全て恭介、私の為だったんですよね。
正しい事だけで誰かを幸せに出来る人間だったら良かったのに。
庵さん、沢山怒ってくれてありがとう。守ってくれてありがとう。…ありがとう。

真美
あの時、あの瞬間。もしも。
真美が生きていたら、真美が笑っていたら、どんなに幸せだったか。
妄想の中だけでも生きてくれてありがとう。
都合の良い真美を生きてくれて。
ごめんね、真美。こんなどうしようもないお姉ちゃんで。
お姉ちゃん、真美の分まで生きるよ。
強く、生きる。
真美、愛してたよ。

恭介
ごめんね。今までごめんね。
一人ぼっちにして。一人でたたかわせて。ずっと一人で。
最後までお姉ちゃんを信じてくれて。
これからは恭介の為に。生きるんだ。
恭介、ただいま。

ここからは私フォンチーから。

とても個性豊かな人達が集まった座組でした。

{96F8ED2C-6EEE-46AD-A0FD-65BD809BD2CD}

私は形状、主演でしたが、今作は皆が主演で、皆で作り上げたものだと思っています。
本来、ここにいるはずだったもう一人のキャストも。
最後まで気持ちは一緒だったよ。

{6C348F81-54C2-4F56-A551-632C142CA322}

この座組で、この作品を作れた事、幸せに誇りに思います。
ありがとう、みんな。

{08575B43-1D94-4E4F-BC75-6FFCF2D6040B}

思い出達。

裏はこんな感じ。
この階段を上って、下って、この先には沢山の物語が続いていました。

{BA08E79D-6DF7-4969-8932-616F3C53DFA4}

ここでは貴子が思い出を思い出したり、妄想に浸ったり、庵さんや杏がタバコを吸ったり。

{AACDE3E4-4DEA-4B2C-92CA-047791C61BF3}

ここを抜けると貴子がよくリンゴを剥いていた台所へ。

{6C38EDC7-F15E-4496-BF84-30914C269097}

更にその扉の向こうにはスナック女子メンバーのお化粧直しのドレッサーや酔っ払った好美ちゃんが寝たり。w

{D0793B74-69D8-43A9-8D2B-C19EE39700AC}

扉前の棚上は生活感が漂っていて。

{41A8CEE0-E414-4A92-8CCB-BFE4A1698A9B}

↑あ、もう一つの手前の扉はスナックへ続くんだよ。

更に更に反対側の扉の中は…

{2D1E362F-A42C-4CB8-9C0E-0A03D3206213}

おトイレ。

ここではみんなが色んな用途に使ってましたね。
貴子も考え事したり。w

{DC3C5F11-801B-4395-9638-38D972D02310}

その横の棚には何度目の共演か分からないパンダ先輩が堂々といたり。w

{29C42AD9-E4E0-4EC3-B5C5-F9D78D78B367}

そして、一番思い出の場所。

{CC8D8790-7F28-46CA-B038-661B50318A55}

この新聞一面の壁を見る谷さんの背中、色々物語っていますよね。

座っている恭介と真美も。

何気に好きな写真です。

沢山のありがとう。

{41F61BFB-15F9-4300-8411-12BEF1702DA2}

{0D786302-B021-4B0C-936B-EFDDA5C94DC6}

{A05EDF64-7922-4ADD-B307-A15D05E571FD}

いいもの見せてあげる。
お姉ちゃんも悲しい時に見たら元気になるとっておきのもの。

{F9D57573-0594-4C07-85DF-8561059230D6}

どんなに辛くてもね?どんなに悲しくてもね?
こうして光は当たるんだよ。

痛いほどにね。

忘れるっていう事は、逃げる事よりも遥かに痛いの。

だから、生きるんだ、痛いほどに。

これからを。

{A2F280E0-15FE-411C-9366-B0076F37BB5C}

新たに大事な財産が増えました。

出会えた事が宝物。

また明日からそれぞれが別々の道を歩きますが、また何処かで交わる事を祈って。

また一歩成長した自分で皆様にお会い出来るように、日々、精進してまいります。

これから先もずっとこの素敵な縁が続いていきますように。

そして、皆様の心の中で、今作が、皆が生き続きますように。

貴子、ありがとう。

恭介、真美、ありがとう。

皆、ありがとう。

以上。

{8DBD67AF-8BE1-4C2B-AE4F-015C3083BA7E}

フォンチー as 高木 貴子

でした。

P.S.

最後まで読んで下さり、ありがとうございました(*^o^*)

庵役のみかさんと胡役の彩華さんと公演期間中の早く終わった日にふらーっと寄って買ったお揃いのトップス。w

{D66D39CB-E05B-430F-AB06-B4E09E33C6C4}

二人共、歳上なのですが、居心地が良く、優しいお姉さん二人でした♪

Instagram:Fonchi1216

Twitter:Fonchi1216

chi phoneからの投稿














いいね!した人  |  リブログ(0)

フォンチーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース