SASUKE、ときどき磯釣り。

テーマ:
twitterでSASUKEの完全制覇者 漆原裕治くんとファイナリスト常連の又地諒くんが時々夜釣りに出かけていると知り…
「俺も交ぜろ」と絡んだのをきっかけに
秋の初め頃、横浜で夜釣り中の二人とちょっとだけ合流した。
アジング(アジをルアーで釣る流行りの釣り)で全く反応無く、2人からもらった餌で1投。
ハゼ (笑)
その夜、家系ラーメン総本山「吉村家」でラーメンを食べながら
「堤防とかじゃなくて一緒に磯釣りをしてみないか?」
と誘ってみた。
ちょっと特殊な釣りなので、磯釣り用の道具を揃えてもらう。
磯釣りには地続きの場所から釣る「地磯」釣りと
港から船に乗り、沖にある岩に瀬渡しをしてもらう「沖磯」釣りがある。

で、僕達は西伊豆 小下田へ。
港に到着すると風が強い…船長も
「まぁ、波っ気があるで、スズメでやって」
小下田の沖磯群の北端にあるのがこちら
スズメ。
沖磯には日本全国、ひとつひとつに名前があるのです。
なぜここがスズメ、なのかは分かりません。 
さて漆原くん、又地くん、初めての沖磯にテンションが上がりますが…
波が高く、釣りができる場所が限られてしまいました。
でも…
ポツポツと釣れ始めました。
やっぱりSASUKEで成績を出しているだけあって、言われたことを理解するスピードも早いし、2人ともコツを掴むのが上手いんですね〜
おまけに
なんと又地くん、クロダイを釣り上げました。
お見事!
僕も久しぶりに40cmオーバーのメジナの引きを満喫しました
その後、お昼過ぎには風も強くなり…船長が見廻りに来て早終わり。撤収。
又地くんは「まだ全然足りないですね…」と。
いや〜 でも充分に楽しめました。
この秋、気付けば6年半ぶりに渡船しての磯釣り…唯一の趣味なのに6年半ぶりとは。
11月アタマから ここぞとばかりに釣りへ行き倒しました。
年始の特番のスタンバイもいよいよワシャワシャ始まり
釣りの予定も年内あと一回。
なんとなくですが…来年の秋以降まで釣りに行けないような気がします。
仕事でキツイなぁ…となったら、この秋の釣り三昧を思い出して
「あんなに釣ったんだから文句言わず働こう」
と思うことにします。
※下は前々回の釣行写真です

AD
阿佐ヶ谷にある超人気焼肉店
SATOブリアン

以前、ゲッターズ飯田さんからお誘いをいただいて初訪問。
以来、月イチペースで予約をなんとか取って伺っている。
facebookの記事だかtwitterだかを見た、
今や「世界一の謎界の王」、リアル脱出ゲームの生みの親、SCRAP代表 加藤隆生から
「俺もSATOブリアンに連れてけ」
と連絡があり…情熱大陸に出演した世界的クリエイターと一緒に行くメンバーをどうしようか…と。
結果、2013年の元日深夜に始まり
「テレビとネットの融合を果たした唯一の番組※異論は認めない(笑)」である「リアル脱出ゲームTV」に関わるメンバーにしよう…と。
で…
SCRAP加藤氏、やついいちろうさん、某放送作家、僕、というメンツになった。
初訪問に浮かれる情熱大陸出演世界的クリエイターとSATOブリアン佐藤社長。
ポン酢と大根おろしで
イチボをいただきます。
シャトーブリアンのカツサンド。
パンも大阪を代表する人気のパン屋さん"ル・シュクレ・クール"のパンで挟む…
シャトーブリアンです。
ニンニク、バター、醤油にくぐらせて
ごはんの上にシャトーブリアン、ウニ、キャビアが載っています。
これは完全に犯罪です。

SATOブリアンさんは肉・食材の選び方、こだわりはもちろん素晴らしいのですが
お客さんへの「プレゼンテーション」が凄いのだと思います。
店主佐藤社長の笑顔とプレゼンテーション、いつもヤラれます。

AD

10周年

テーマ:
20年来の付き合いの美術プロデューサー 小美野くんから
弊社10周年のお祝いを頂いた。
10年前、仕事ゼロの弊社。
事務所の調度品を揃える金も無く…

小美野君、大道具会社部長、美術デザイナーがお祝いだと言って狭いワンルームで使えるよう手作りで調度品を作り、
さらに色調を統一する為に北欧から家具を輸入…
3人で組み立ててくれた。

そして10年後、もう一度手作りのお祝い。

感謝

AD

テレビよりもオモシロイコト

テーマ:

昨夜、事務所で原稿を書いていた。

風邪をひいた為、昼間は病院。

薬のせいで少々頭がボーッとしながら…

PCでTwitterのタイムラインを見ると

俳優の金剛地武志さんのUSTREAMが配信中とある。

金剛地さんには先日、吉井宇希のUSTREAMにゲスト出演して頂いた。

配信を見ると、MCの方が去年中国で買った「iPad」のニセモノ、

「iPed」なるものを金剛地さんが弄って楽しそうにしている。

昨夜はapple社からiPad2が発表されるというタイミング。

そこで中身はAndroidというニセモノiPadを弄る楽しさ。

なかなかいう事を聞かないニセモノ。それをアレコレ触ってみては爆笑。

楽しい時間だった。


またTwitterのタイムラインを見ると

今度は松尾貴史(キッチュ)さんが下北沢の小さな店から

岡本太郎さんのモノマネでUSTREAM配信をするらしい。

早速覗いてみる。

これまた爆笑。

あっという間に終わったので

またTwitterへ

すると…

J-WAVEの生出演が終わった、今話題のハイパーメディアクリエイター

高城 剛くんがそのままラジオのスタジオからUSTREAM中継で

MC相手に好き勝手に喋りまくっている。

それは視聴者数が2000を越えていた。

Twitterのタイムラインで知った人々が次々とUSTREAMに雪崩れ込んで来たのだ。

およそ三時間半USTREAMを見続けた。


テレビでその時間にやっていた番組より面白かったかどうかは分からないが

自分はテレビではないものを選択し、それを見て爆笑した事は事実だ。


色々な制約の中、必死に番組を作っている我々。


制約の弛い場所で、

その時間に「そこでやっている」という「情報」でさえも

SNSからしか手に入らないのに

テレビよりも楽しいコンテンツがガンガン流れている
コンプライアンスとかいうケッタイな押し付けが

テレビから「オモシロイコト」を奪った事は間違いない。


ツイッターでこういった話を呟くと

あるディレクターが反応してくれた

「我々テレビ屋も真剣に考えねばならない時期なんですよ」と


確かに…


昨夜、テレビが失った「オモシロイコト」を見てしまった



「The」Facebook

テーマ:
映画「ソーシャルネットワーク」を観た。

TW上でも話題に上る事も多く…

また何よりもfacebookの創始者の話。

昨年年頭、Twitterを始めた時

同時にfacebookも始めたのだが

Twitterよりも面倒で

時々開くものの勝手も解らず…

たまに来る友達リクエストに応えるだけ…

Twitterと同期する機能を使って

Facebookには書き込まず、

また、友達検索もしない。

つまり、ほぼ日ならぬ、ほぼ放置である。

それが映画「ソーシャルネットワーク」のお陰か…

Facebookを始めた知人も増えてきた。

なんかやっぱり時代はFacebookか。

…で 件の「ソーシャルネットワーク」鑑賞というわけだ。

…で 感想だが、


「いいね!」

である。


講師してきます

テーマ:
今日、このあと16:30から
あの田子千尋氏も所属する
ナレーター事務所「ベルベットオフィス」主催、

ナレータースクール「スクールバーズ」

アドバンスコースのレッスン、講師してきます。

Ust生中継は→http://ustre.am/rx90

詳細はhttp://ow.ly/3IgBY
見てね~

放置してるのか・・・

テーマ:
10月末からブログ更新してないのか…

既に閉鎖状態…だな(笑)

編集の合間、たまには書こうか


現在お正月3日からオンエアされる民放BS放送10周年記念番組

「ヒューマン・コラボレーション 湘南より愛を込めて

加山雄三 ✕ TUBE ✕ キマグレン」の編集中。

大晦日の格闘技、TBS「Dynamite!!」の準備中

相変わらず深夜番組「カタリダス」も編集、MAに付き合っている。

以上の事で割と忙しい年末だ。


BSの特番は音楽番組、実は20年ほど「音楽」番組を演出していない。

演出家の杉本 達さんから「音楽特番やんない?」「ほい」

という訳で引き受けた。


三組のアーティスト、ライブ収録以外にそれぞれの湘南ロケをした。

普段、タレントや芸人さん、スポーツ選手と収録する事が多いが

所謂「ミュージシャン」とのロケは非常に楽しかった。

彼らは「『面白い事』をしなくていい人達なんだ。

それが衝撃だった。

楽曲を演奏する時は勿論「プロ」である。

今回、三組のアーティストの所縁ある場所、

「茅ヶ崎」「江ノ島」「逗子」を訪ねるロケで

「素」を撮影したのだが皆、「自然体」だ。


特に「キマグレン」の二人とは親しくさせて頂いた。

素晴らしい2人だった。

ありがとう。ライブに行かせて頂きます。


さて、年末ギリギリまで収録、編集に追われている。


仕事があるって素晴らしい!


頑張りまーす!












いよいよです

テーマ:
TBSにて

来る10月28日、今週木曜夜7時~9時

生放送!ドラフト会議SP
「壮絶ドキュメントお母さんありがとう!母と子…運命の瞬間」

放送されます。

ここ数ヶ月に亘り地道に会議と熟考を重ね

やっとオンエアを迎えます。

番組では話題の「ハンカチ王子」こと斉藤投手は勿論登場しますが

この「ドラフト会議」の日に
プロ確実視されている若者だけではなく

家族の運命をも左右する日を迎えた数組の母子に焦点を当て、

プロ野球選手の一員となる瞬間を生放送でお届けします。

亡き父の想い、重圧を背負い続けた少年、

死亡率九割の難病を母子で乗り越えた少年、

母子家庭という環境の中、深夜アルバイトを続けながら投げ続けた大学生、他

この驚くべき母子の数奇な運命を、ご紹介します

果たして家族の夢は叶うのか…

結果は全て生放送中に行われているドラフト会議如何です。

そしてこの番組は

プロ入りが確実視されている選手ではない若者に

敢えて焦点を当てています。

どうでしょう…

我々スタッフも不安です。

でも我々は彼らが夢を叶える瞬間に、

同時に涙し、喜びを分かち合えるよう

ドラフト一位指命確実の選手には焦点を当てませんでした。

放送としては…
もしかしたら我々が取材した全員が指名無し…なんて事も有り得ます。

そんな事が無いように祈りたいのですが、

こればかりは如何ともしようがありません。

ただ、プロを夢見る若者達とその母が

どんな人生を歩み、どんな奇跡を見てきたのか…

どうか是非皆さんにご覧頂きたい。

これは野球だけに限らず、困難に直面した時、

どうやって母が息子を支えていくのかを

一緒に見て

考えて頂き、

夢を叶える為の「勇気」の礎として

明日からの新しい第一歩のエネルギーになれば幸いです。


正直に言えば、小生は野球ファンでもなんでもありません。

この番組に携わるに当たり、

僕を含め、野球に興味が無い方々にも

共感して見て頂ける事を第一に考えて創ったつもりです。


演出家の末席にいる小生ですが

この番組の演出に関われた事を誇りに思います。


一年に一度だけやって来る「運命の日」


是非、番組が喜びの笑顔に溢れる事を祈ります。



尚、最後にお知らせですが再現VTR中

選手の母親役で吉井宇希が登場致します。

小生は番組統括という立場ですが

そのVTRのみ監督を努めさせて頂きました。

御目汚しですが、そちらもご覧下さい。