東京電力福島第1原発での作業などで被ばくし、がんの一種の多発性骨髄腫になったとして、大阪市の元プラント建設会社社員、長尾光明さん=07年に82歳で死亡=が東電に約4400万円の賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は23日付で、長尾さん側の上告を棄却する決定を出した。原告敗訴の1、2審判決が確定した。

 厚生労働省は被ばくと骨髄腫の因果関係を認め04年に労災認定したが、1、2審判決は「因果関係は認められない」として原告の請求を棄却していた。【銭場裕司】

【関連ニュース】
プルサーマル計画:福島県知事が受け入れ表明…条件付きで
東電:作業員被ばく量対策チームを設置
プルサーマル計画:福島県知事が受け入れ表明
原発:作業員被ばく量、対策チーム設置--東京電力
プルサーマル計画:知事、受け入れ表明 安全確保の徹底を /福島

石巻3人殺傷 犯行時の上着押収 元交際相手「刃物で刺した」(産経新聞)
採点に女子学生同席、満点に=担当講師を懲戒免職-埼玉県立大(時事通信)
ACSA交渉開始を確認=岡田外相、ラッド豪首相と会談(時事通信)
消防機関からAED不具合の疑い事例報告328件(医療介護CBニュース)
変わる百貨店1階にスイーツ売り場 デパイチ登場(産経新聞)
AD