W杯日本代表を応援するサポーターが11日夕、成田国際空港から南アフリカに向けて続々と出発した。

 日本航空機には青色の日本代表ユニホームを着た約30人のツアー客が乗り込んだ。FW岡崎慎司選手の兄崇弘さん(25)は「慎司は3点取ると言っていた。きっと決めてくれると思う」。母富美代さん(50)は「きっともがき苦しみながら戦っていると思う。日本代表としての活躍を、この目にしっかり焼き付けたい」と話し、搭乗口へ向かった。

 98年のフランス大会以降、毎回W杯会場に足を運んでいるという川崎市の会社員、鈴木宏尚さん(42)は「走り負けずになんとか予選を突破してほしい」。夫婦で代表ユニホームに身を包んだ千葉県松戸市の自営業、桜井明則さん(70)は「見に行くからには勝ってほしい」と期待をこめていた。【斎川瞳】

【関連ニュース】
南アW杯:「虹の国」素顔は…日本の交流組織が多彩な計画
南アW杯:くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪
南アW杯:ライオンはどこの国…神戸でオリジナルカクテル
南アW杯:競技場でキックオフコンサート…今夜開幕
日本航空:南アW杯チャーター機ゼロに

荒井国家戦略相、職員に訓辞も疑惑説明せず (産経新聞)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(4)(産経新聞)
牛・豚肉卸値、平年並み=口蹄疫、影響せず―農水省調べ(時事通信)
「すべての命を大切に」=池田小児童殺傷で追悼式―大阪(時事通信)
平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
AD