4月1日、会長選挙に続いて投開票が行われた日本医師会の副会長選挙(定員3人)は8人の争いになり、唐澤・森の両陣営が推薦した中川俊男氏(北海道医師会)と横倉義武氏(福岡県医師会)、どの陣営からも推薦を受けなかった羽生田俊氏(群馬県医師会)の3人が当選した。

 得票数は、中川氏が174票、横倉氏が173票、羽生田氏が165票。代議員総数は357人、欠員および欠席は2人、投票総数は1065票、無効票は0、白票が59票、有効投票数は1006票だった。



【関連記事】
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利
森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに
唐澤・森両陣営の役員候補重複を批判―埼玉県医・金井次期会長
日医会長選、3候補が岡山で政策演説会
唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選

留め具が屋内用、劣化し通信線垂れる…JR停電(読売新聞)
谷町線で保守中ケーブル切断 15万人影響(産経新聞)
元社保庁職員に逆転無罪=共産党機関紙配布-東京高裁(時事通信)
普天間移設、政府2案を与党・沖縄県に提示(読売新聞)
家族3人殺害、女に無期判決=責任能力認める-さいたま地裁(時事通信)
AD