日立製作所は26日、自治体向けの「クラウドコンピューティング」事業を強化すると発表した。自治体内のクラウド環境の構築・運用サービス「SUSTINAD(サスティナード)」の提供を4月1日から開始し、新規開拓や他社からの乗り換えを促進する。

 クラウドは、ネットワーク経由でソフトウエアを提供する新しいパソコンの利用形態で、導入によってサーバー管理費などIT(情報技術)コストの削減が期待できる。

 サスティナードは、住民情報や介護・福祉などの基幹業務から、財務会計など内部事務を含むほぼすべての自治体業務アプリケーションを「SaaS(サース)」型で提供するサービスなどからなる。SaaS型は月額48万円からで、クラウドサービスを利用することでコストを約30%低減できるとしている。

 日立の全国公共ソリューション本部の福岡康文担当本部長は同日の会見で「自治体のコスト削減要求などが強まる中で、コスト削減を実現できるとして利用を訴えていきたい」と述べた。日立は、今後5年間で300自治体への導入を目指す。

【関連記事】
統一ベア要求見送りが“敗因” 問われる連合の存在意義
日立、11年春新卒採用850人 前年と同数に抑制
「選択と集中を継続」 日立次期社長の中西氏
NEC・カシオ・日立の携帯合弁、1カ月延期
電機9社決算 本格的な回復にはなお時間
あれから、15年 地下鉄サリン事件

ニコン、「Wii」と「YouTube」で動画配信、カメラや半導体の技術を紹介
阿久根市議会、竹原市長の問責決議を可決(読売新聞)
<遺体解剖>別人と取り違える 東京都監察医務院(毎日新聞)
<商店街火災>「中島廉売」で全盲写真家がイベント 函館(毎日新聞)
<原研機構>もんじゅ安定まで理事長を特例再任(毎日新聞)
AD