大阪大の卒業式が23日、大阪市中央区の大阪城ホールで行われた。一昨年までは吹田キャンパスで行われていたが、大学院学位記授与式との同時実施で会場が手狭になったため、今年初めて大阪城ホールで開催された。卒業生たちはスーツや華やかな着物に身を包み、晴れやかな表情で式に臨んだ。

 今年は11学部で3435人が卒業し、修士・博士あわせて2751人が大学院を修了。年々増える同伴の父母のために、この日は3千席が用意された。

 式辞で鷲田清一総長は「異分野の人たちと深く交わるためには、自分の知識や能力を見通せる『教養』が必要。社会のさまざまな現場で、『教養』と『責任』の意識をしっかりと持ったプロフェッショナルになってほしい」とはなむけの言葉を贈った。

政府、米と地元に移設案を非公式打診へ(読売新聞)
核密約 笠井亮議員「討議記録を知っていたか」(産経新聞)
自転車共同利用 富山で本格導入 150台で環境に貢献(毎日新聞)
伊勢湾フェリー 9月末で廃止 利用客が激減(毎日新聞)
<仏像展>新潟展会場 市美術館から県立近代美術館に変更(毎日新聞)
AD