山梨県警が07~08年の2年間、自動車専用道を一般道と勘違いし、交通反則切符(青切符)を交付すべき違反者250人に交通切符(赤切符)を誤交付した問題で、甲府区検は24日、うち14人について検事総長が最高裁に確定判決の取り消しを求める「非常上告」をしたと発表した。最高裁で審理後、罰金の略式命令が破棄され、罰金は返還される見通し。

 昨年12月の誤交付発覚後、同区検の調査で、250人のうち不起訴の1人と少年6人を除く243人が非常上告の対象になることが判明した。残りの229人についても順次、非常上告していくという。該当者に改めて青切符を交付するかどうかについて、県警交通指導課は「今後検討する」としている。

 非常上告は判決確定後、審理に法令違反があったことが分かった際の申立制度。【中西啓介】

【関連ニュース】
交通違反:同僚妻見逃し 署課長ら8人送検 2人は停職
信号無視容疑:検問突破の女、衝突事故後もなお逃走 札幌
交通違反:反則金未納付者、悪質な41人逮捕--県警 /兵庫
図師県議の無免許運転:検挙の県議に辞職勧告 賛成多数で決議可決 /宮崎
アーバン5作戦:冬季の事故撲滅へ展開--千葉市内5署と県警交通機動隊 /千葉

両陛下の公務日程、官報に誤掲載=国立印刷局のミスで-宮内庁発表(時事通信)
高校生2人、痴漢取り押さえる=150メートル追跡-茨城(時事通信)
【こども】利き手とどう向き合うか 矯正の心的負担かけず見守る(産経新聞)
普天間、複数案を地元と米側に打診か…防衛相(読売新聞)
<少年犯罪>検挙率が6年連続減少(毎日新聞)
AD