野党は菅内閣の発足で夏の参院選の流れが民主党に一気に傾くことを警戒している。各種世論調査で菅直人首相への支持は軒並み高く、「菅氏くみしやすし」(自民党幹部)という当初の楽観論は吹き飛んだ。終盤国会で小沢一郎前幹事長の「政治とカネ」の問題を引き続き追及する構えだが、「小沢隠し」批判に頼る姿勢には、新内閣への攻め手を欠く苦悩が透ける。

 自民党の麻生太郎元首相は8日、東京都内で行われた同党参院選候補者の応援演説で「『あなたは静かにしてちゃいかん。堂々と説明すべきだ』と言ってはじめて、『小沢を抑えた』と言えるのではないか」と菅氏の「脱小沢」路線を批判。「本格的左翼政権が今日スタートする」とあおった。

 谷垣禎一総裁も7日、出張先の高松市で「左翼的な色彩の政権」と懸念を表明したが、8日の記者会見で「何が左翼的なのか」と問われ「漠然たる印象だ」と釈明。逆に「ためにする批判」という印象を強めてしまった。谷川秀善参院幹事長は会見で「上手に内閣を交代した。参院選を前に真剣に受け止めないと、えらいことになる」と述べ、焦りをにじませた。

 公明党の山口那津男代表は、菅内閣が鳩山内閣の閣僚の大半を引き継いだことを挙げ、「『ミニ鳩山内閣』と言わざるを得ない。脱小沢色を演出して表面を飾ったに過ぎない」と指摘。社民党の福島瑞穂党首も「事業仕分けで活躍した人たちが出てきた『事業仕分け内閣』だ。国民の生活を切らないようにきらりと目を光らせる」と陣容を批判した。みんなの党の渡辺喜美代表は「中身はまったく変わっていない。バラマキ路線は今後も継続する」と述べた。

 国会会期中に予算委員会が開催されるかどうかは野党の死活問題になっている。共産党の市田忠義書記局長は「幹事長や首相を辞めた人であっても、国会で真相を解明しないとクリーンとは言えない」と強調。たちあがれ日本の園田博之幹事長は「予算委員会を開かないまま選挙に突入させてしまったら、野党がだらしないことになる。結束して会期延長させる」と語った。【中田卓二、岡崎大輔】

【関連ニュース】
菅首相:秘書官は6人体制
菅首相:副大臣4人内定 17ポストは再任
菅首相:補佐官に寺田氏ら2人 4人体制に
菅首相:官房機密費 使途公開検討も
菅首相:「財政再建に全力」記者会見で表明

トイレ監禁の次男「試食で腹満たす」 母は目の前で酒飲み鍋料理(産経新聞)
<奈良県警不祥事>不動産会社社長が県や組長ら提訴(毎日新聞)
患者負担でHIV検査 院内感染防止で聖隷横浜病院(産経新聞)
81期棋聖戦 棋界初“盤寿のタイトル戦”(産経新聞)
<申告漏れ>日光の3宗教法人が5億円 国税局指摘(毎日新聞)
AD