海上保安庁は4日、中国の国家海洋局の海洋調査船「海監51」が3日午後、奄美大島北西沖約320キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、海上保安庁の測量船「昭洋」に接近、約3時間45分にわたり追跡してきたと発表した。海監51が調査の中止を要求したため、日本の外務省は4日、中国政府に厳重抗議した。

海上保安庁によると、現場は日本のEEZ内で、地理的中間線から日本側に約40キロの東シナ海。同庁の測量船が活動中に外国船に接近され、調査中止を求められたのは初めてという。

昭洋が地殻構造調査を行っていた3日午後2時ごろ、海監51が徐々に接近。最接近時は約1キロ弱の距離になった。同3時半ごろには、海監51が無線で「この海域は中国の規制が適用される海域だ」と主張し、昭洋に調査を中止するよう呼びかけた。

昭洋は「日本の大陸棚であり国際的に正当な調査を行っている」と応答したが、その後も海監51は追跡をやめず、調査継続に支障が出たため、昭洋が予定を変更して奄美群島方向に向かうと、同5時45分にレーダーから消えたという。

先月8日と21日には、中国海軍艦艇の艦載ヘリコプターが公海上で海上自衛隊の護衛艦に接近し、外務省が中国側に抗議している。

【関連記事】
ヘリ接近、再発防止策必要 高村氏、中国党幹部と会談
中国ヘリ異常接近 中国軍拡の見方に濃淡 産経は「国益」にも言及
中国海軍の動向分析 北沢防衛相が表明
胡主席、上海で金委員長と会談 総書記訪中協議も?
主権回復の日 守りたい領土と海洋権益

ホリエモンの有料メルマガ 読者急増で1億円ゲット間近(J-CASTニュース)
普天間移設 社民・山内議員、官邸前で抗議…くい打ち反対(毎日新聞)
検証 医療ツーリズム元年(2)「検診へのニーズどれだけ」(医療介護CBニュース)
働き盛りの近視怖い パソコンなど悪影響 深刻な視力障害注意(産経新聞)
<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
AD