岩手県一関市における集団ストーカー被害

もし、今もなお自分自身がこの経験をしていなかったならば…「集団ストーカーなんて妄想の産物だろう!?」…程度の認識に過ぎなかったことでしょう…。

集団ストーカー被害を受ける前の自分を知っているから、「すべてを信じてくれ!」とは言わない。ただ、もしあなたがある日突然、集団ストーカーの対象にされてしまったら…それを思ってみてほしい。

テーマ:
夏本番を迎えた今日この頃、創価学会による集団ストーカーもまた水面下で活発化し始めている。理由は、集団的自衛権の問題で、口でだけは『平和の党』を自称する嘘つき公明党が、国会内における存在感を失いつつあることと、これまた口だけは国際平和を唱えている嘘のかたまり創価学会が、国政における影響力低下を怖れているからである。
彼らヤカラは現在、特定ターゲットの監視を開始。その後、さらには盗聴まで至るという、やっていることは以前と同様、旧態然(笑)そのせいで前回の選挙も敗北に等しい結果であったことの反省など、喉元も過ぎると熱さを忘れる見本であろう(笑)バカだねぇ…つくづく。
彼ら創価学会は、様々な宗教やら組織に自分たちの間者(スパイ)を送りこみ、時には内部からの煽動で狙った組織を翻弄し、崩壊させ、乗っ取りを謀る。しかし、彼らがやっていることは“彼ら自身もやられる”という考えには至らない。何故か?それは、彼らには自分たちが絶対であるという傲りがあるからである。
はっきり言おう。『自由・平等・友愛』を掲げる私たちは、彼らの野望が肥えてきた段階で彼ら創価学会を危険視し、組織内部深くに間者を潜り込ませており、時に情報をリークし、時に煽動を図って彼らの内部からの崩壊を狙っている。知らぬはただヤカラばかりなのである。
また現在、与党自民党は公明党との連立解消を進展中である。当然のことといえば当然のことなのだが、今や公明党との連立はリスクこそあれ、何もメリットなどありはしない。議会では自民党単独過半数を越え、政策立案においては公明党自体が足かせになっている。また、創価学会が今まで行ってきた数々のカルト行為は、ネット環境の普及で国際的に知るところとなった。
もはや丸裸の創価学会はかつてのオウム真理教さながらである。さぁ、焦る創価がどう動くか……も、すでに私たちはシミュレーション済み。松葉会系の暴力団やら在日朝鮮人やらに実弾(現金)を渡して、得意の嫌がらせ尾行を行わせるわけだ(笑)それすら創価学会の専売特許ではないのに……(笑)実は自分たちもやられているとはつゆしらず、いい気なものだ。せいぜい、この程度のヤカラでしかないのから。
まずはあまり多くを語らない方が楽しみも増えるというものである。さぁ、制裁という名の、ちょっとしたエンターテイメントの始まりである。
私は決して聖人君子ではないので、私が大切に思っている人たちに対して創価学会から繰り返し行われた嫌がらせに対しては大鉈をふるって抗うつもりだ。そこにはいつもの優しい私はなく、情け心などもない。ただ阿修羅のごとき私が、創価学会という地獄の悪鬼を1人1人、薙ぎ払う姿が見られるだけである…

戦うことを忘れてしまった人たちよ。愛する人をどう守るのか。愛する国をどう守るのか。平和は戦いを忘れた人間が安易に与えられるものではない。かつて平和も民主主義も、人びとが望み、求め、そして戦かった末に手に入れた珠玉の至宝である。もちろん戦争を望む人間などいない。しかし、愛する人たちの平和、平等、友愛のためならば、私は剣を手にするだろう。人間としての名誉にかけて!
AD
いいね!した人  |  コメント(49)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。