ちえぞー専用

テーマ:
もちろん、ダーリン♪
そして、だーりん専用なちえぞーです♪


こんなんで許してくれるかな?

みなさん、けっこう、私専用がありますね。羨ましいです。

あ、でも我が家では、女の子は、ちえ一人なので、
女の子のものは、全部、ちえ専用かもしれないなぁ。f^-^;
AD

痛いっ!!

テーマ:
やばい!6:30だよ。ダーリン起こさなきゃ!!
コーヒーだけ、入れておいてと…。

ちえ『ダーリン、起きてぇ。6:30だよぉ』
ダー『やばっ。』

ダーリン布団をガバッとのける。
背が高いダーリンなので、横になっているとでかい。

つい、そこへ、飛び込んで、
ちえ『あ~ん、かっこいいっ!!』
ガツンっ
ちえ『痛いっ!!』

ダーリンが起きようとしたところだったので、思いっきりひじ鉄を
頭に浴びてしまいました。

ダー『急に来るからだぞ。』
ちえ『だってぇ、大好きなんだもん。コーヒー入ってるよ♪』

と朝から、楽しいモード全開です♪

AD

マリッジリング

テーマ:
結婚指輪は二人ともしている。

ダーリンがしてくれたのは、とっても意外でした。
そんなのしないと決め付けていただけに、感動したのを覚えてます。

ちえが大好きな『4℃』のものです。
しかし、刻印が 『6.29 K to C』となっているの。
年号が入らないと聞いたときはショックでした。
「数字を半角にして年号もはいりませんか?」と祈る気持ちで店員に
お願いしましたが、ダメでした(涙)

でも、もう時間もないし、大好きなお店のだし…。ということで、
すごくシンプルなこの指輪を選びました。
買った時は、あんなにピカピカだったのになぁ。

指輪の交換をしたときは、本当にドキドキしたなぁ。
これから、本当に最愛のダーリンとずっと一緒なんだって(*^-^*)


今も、もちろん幸せ、Love×2です♪


モモさん、トラバさせていただきます♪
AD
職場や子供つながりの親によく言われる一言。

血液型って人間を4つのタイプに分けただけだよ。
統計学的に当たることもあると思うけど、どう思いますか?

話のきっかけになるって言うこともあると思うけど、
なんとなく、『BやO』ってどういうイメージで言ってるのかな?
と深読みしちゃうんです。

しかも、違うから、本当の血液型を教えると、
『え~っ、見えなぁい。』
ずいぶん慣れっこになりましたが、あんまり良い気分じゃないです(怒)
気にするなー、と思う?うーん、そうかぁ。
でも、この一言を仲良くも無い人に言われると、ちょっと嫌だな。

ね、相手を攻撃するような言い方には気をつけようね。と思うのでした。

ちえのお気に入りブログでも『B型の逆襲』ってのがあります。
ぜひ、読んでみてね。

http://blog-b-gatanogyakusyu.ameblo.jp/

昴さん、勝手に、リンクしちゃったけど許してね。
かっこいいっ
とにかく、ちえのタイプです。他の方がなんと言っても、
ちえは、もうメロメロです。

過去に言われたのは、中村トオル、トヨエツとかこの辺ですね。

実際はかなり似てないと思いますが。。。どうでしょうね(笑)

結婚して7年目になりましたが、
手をつなぎたいし、Kissしたいし、くっついていたい。

結婚した実感がイマイチないんですよね。子供もいるのに(ーー;
早く、ダーリンに帰って来てほしいなぁ。
今朝、『いってらっしゃい』したんだけどね♪

きり番2222!

テーマ:
ジャンルランキングで2222位になりました♪

日常のことを、ただ書いてるだけなのに、
立ち寄ってくださったみなん、本当にありがとうございます。
きり番っていうのが、かなり気分、良いですぅ♪

これからも、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

ちえぞー

年賀状は年明けに

テーマ:
毎年、親戚と来た人にだけ出してます。
しかも年が明けてから…。
だって、面倒なんだもん。

今までは、家族の写真をパソコン使って自分で加工して、作ってました。

今年は
親戚には今まで通り、家族写真。
会社の人は友人には、普通に作る。
と2通り作ろうかと考えてます。

宛名については、いつも手書きです。中途半端なんです。ごめんなさい。


まだ、考えてるだけですけど(ーー;)

確かに、年々、数は少なくなってます。

過去最大級の通風

テーマ:
今週、ダーリンは過去最大級の通風に襲われている

言っておくけど、太ってもいないし、成人病とか贅沢病とか関係ないからねーっ。

昨夜は、あまりの痛さで、眠れなかった様子。
なんども、叫び声を聞いたし、そのたびに、背中や腕をさすってあげた。

幹部を触るなんて、自殺行為。
間違いなんて許されないっ!!
家族中、腫れ物を扱う感じですよ。あー、怖い。

本当は、仕事もお休みして欲しいけど、そうもいかないと、
痛い足を引きずって、出勤する姿を胸キュンしながら見送るのです。

早く、痛みが引いて欲しいよ。

同じ悩みを持つみなさん、ご自愛くださいね。
運命の出会いから、1年以上経ったころ。
もう、そんな『あっ、すっげータイプ』なんていう想いも
すっかり忘れていたんだよ。

そのころは、『同じ仕事をやる仲間』という認識しかなかった。
そして、最高に楽しい職場だった。
だいたい、同じ年齢くらいばっかりが集まって、学校みたいなノリ。

するってーと恋話や仕事の話で盛り上がるんだよね。飲み会とかやっても。
そのころの、ちえは彼とはうまく行かなくなってきていて、
『好きなのに別れるなんてできないよ』と落ち込んでおりました。

で、毎度の話なので、『ちえぞーのまた始まったぞ』という感じ。
そんな中、なんとなくいつも、聞いていたのが、運命の男なのだが…。
今考えると、聞き流されていたような気もしなくもない(アホだなぁ)

運命の男とは、残業仲間でもあり、会社の近くのデ○ーズとかでご飯を食べていた。
とにかく、デートとかそんな意識はまったくなく、『今日もお疲れ!何食べる?』
とそんな感じよ。

ちえも運命の男の彼女の話なんか聞いて、
『へぇ、大変だねぇ。』なんてまじで
やってましたから(笑)

ただ、仕事ができるというよりも、いろいろ知ってる人だなぁ。
とういう印象はあったのね。
ちょっと、周囲の人とは違う雰囲気を持っていたな。

出会い

テーマ:
9年前の夏に入る少し前、仕事の進捗でチームリーダから発表があった。
『来月、新しい人が入る。関連からの異動だ。』

そんなことも忘れていたある日、
ヨレヨレのスーツを着たヒョロっと背の高い少し前かがみに歩く
見たことのない男性が入ってきた。

視界の端で確認した瞬間、『あっ。すっげータイプだ!』と直感した。


その時のちえには4年くらい付き合っていた彼がいたので、
タイプだからどーしよーとかそういうことは少しも考え付かなかった。
それに、その男性にも長年お付き合いしていた彼女がいることが分かり、
ちえの心の波はあっという間に消えていきました。

何より、たくさんの仲間がいたので仕事が楽しくて仕方の無い時でした。

でも不思議な事に、記憶力が全く無いちえの脳みそには、(爆)
事務所に入ってきたこの光景がいつでもリアルに再現できるようになっている。
9年も経ったというのに…。

あの日のほんの一瞬の出来事を、
一生、忘れない、忘れられないで生きていくんだろうなぁ