追悼かまやつひろしさん

追悼かまやつひろしさん

ということでかまやつさんの曲を歌ってみたくなっていろいろリサーチしていた。

 

しかし、いい歌が多い。演奏もハンパではない。

 

"バン・バン・バン"

"どうにかなるさ". . .この2曲は大昔バンドで演奏したな

"のんびりいくさ"

"我が良き友よ"

"ゴロワーズを吸ったことがあるかい"

井上順の"なんとなくなんとなく"

ときて、そうだ、はじめ人間ギャートズの歌もかまやつさんだったな、と思ってYou Tubeを検索。

 

何十年ぶりに聴く"やつらの足音のバラード"

歌が入った瞬間に涙がブワっと溢れて。

 

別に曲に絡む思い出があるわけではないしアニメにもそんなに思い入れはない。

 

なのになぜ

 

歌詞とメロディの完璧な合致というか. . .

おそろしく単純な言葉でおそろしく壮大な情景を語る歌詞(原作者の園山俊二作詞)と、飄々としてせつないメロディ。

冒頭の「なんにもない〜」でジワっときて、「暗い宇宙に〜」のAmで涙ダー。

 

聴き込むうちに、遠い過去に同じことをしていたのを思い出した。

小学生だった俺も、この歌を聴いて涙を流していたのだった。

 

子供なりの感性で、シンプルな歌詞の中に、肌がヒリヒリするように切実な「寂しさ」「希望」「安心」「期待」を感じ取ったのだと思う。

 

「なんにもない」ところに

「星がひとつ 暗い宇宙に生まれた」のが、本当に嬉しかった。

「やがて草が生え 樹が生え」たのが嬉しかった。

とにかく、心を揺さぶられたのだ。

 

なぜだ。

 

 

結局昨日のセッションでは、"我が良き友よ"と"どうにかなるさ"を歌わせてもらった。

ところが、"やつらの足音のバラード"を歌いたいというひとがその場にいたのだ。

ドキっとした。

とまどいながら演奏した。泣くことはなかったが、嬉しかった。

 

ひごちゃん、女性のお客様、どうもありがとう。

なまちゃん、YAYAさん(いつも)ありがとう。

AD