Flying Walrus Live at Black & Blue

 一昨日はFlying Walrusのライヴ。台風18号「マニー」がそろそろやってこようか、というところ。
 幸い家を出る時はそれほどの雨でもなく、帰りもほとんど降っていなかった。
 今日は、RCサクセションのカバーバンド”天極”と、山梨より参戦のストリートスライダーズのカバーバンド”Sister Morphine”の「国産2大バンドカバー対決!」の前座をやらせてもらうのだ。場所はもちろん吉祥寺Black & Blue。
 天極さん。いわずと知れた日本一のRCサクセションのカバーバンド。タイマーズのドラマー章二丸さんひとりでも超強力だが、ストリートスライダーズのドラマーZUZUさんが加わってから更に重厚になったビートに、舞台巧者のベーシスト宇野さんのウネりのあるラインが加わって醸し出す最強のリズム。それに乗って縦横に跳ねるクワさんの太い音のレスポール、確信犯的にジェフ・ベックしているリッキーさんのストラトがアンサンブルをガッチリと構築、その上で結婚式の司会進行役のようなモミさんのMCが冴える。そんなバンドです。
 あ、歌もすごいよ。
 Sister Morphineさん。俺は初めて見ます。渋い佇まいで、これまたスライダースの渋い曲を演奏する。あんまり渋すぎて、ZUZUさんも「これ何て曲だっけ?」と言い出す始末。おおわらい。
 さて、我々は今回はTOPでした。逆リハなので、我々のリハーサル順は最後です。ギターのカトキングが仕事の都合で来られないので、3人でリハ。とそこで急遽我々のナンバーを1曲ZUZUさんが叩くことに!
 以前も何度か競演して頂いたことはあるのですが、その時より、我々のナンバー「ピアノ」を気に入って頂いたらしく、リハで我々が演奏すると、「叩かせて」と言ってくださいました。恐縮です。嬉しいです。
 「ピアノ」ですが、何年か前より、ある企業のプロモーションビデオに使用されています。先日、東京ビッグサイトである展示会が行われ、件の企業も出展していたのですが、ブースでプロモーションビデオをずっと流していたそうです。そうしたら、会社の内容とともに、曲について問い合わせてくれた来場者さんがいたらしいです。特に歌詞を褒めて頂いたとのこと。この話を聞いた時、本当に嬉しかった。褒めてくださった来場者のかたはもちろん、その話を俺にしてくれたその企業の社長に対しても、感謝でいっぱいです。
 この曲をレコーディングした時も、当時一緒にやっていたギタリストに、「よく作ったな、この曲」と言われて、嬉しかったものです。
 脱線しました。
 そんなこんなで急遽セットリストを変更、新曲”Restless”からライヴはスタート。まだ充分にしみ込んでいなかったため、見事にコケました。この曲は今のメンバーそれぞれが出したアイデアの塊です。アレンジ的なひねりが多いわりにメロディがちょっと弱いのかなという気がしないでもないですが、エージ、たけだ、カトキング、俺で練り上げた初めての曲ですね。
 Love、不埒と続いて、毎回ほぼ必ず1曲は演奏しているカバー曲のコーナー。今回はスライダーズとRCの対決ということで、RCのギタリストの仲井戸麗一と、スライダーズのギタリスト蘭丸が組んだユニット”麗蘭”のナンバーを演らせてもらいました。結構ギリに演奏が決まった曲ですが、意外と上手くできたかな。しかしMCはカミまくりで(いつものことですが)反省。ゆっくり喋ろうとしてるんですけどね。
 後半は”エンジン”でぶっとばします。定番の”Cold Beer & Crazy Beat”で煽り、いよいよZUZUさん登場!我々のステージに出演することで、結果的に今日出演の3バンドで叩いたZUZUさん。
 ZUZUさんのドラミングは、パワフルであるとともにとても正確です。ため過ぎず、突っ込み過ぎず、歌のノリのいいタイミングでバックビートを打ち出してくれます。ここぞ!という時のアクセントは、歌い続ける勇気と安心をくれます。
 われらがエージくんのドラムとの絡みを冷静に聞けるほど余裕はなかったのですが、パワフル&スリリングなビートでお届けできたと思います。

$Cold Beer & Crazy Beat!~ FLYING WALRUS AKIHIのBlog-fw&zuzu
Flying Walrus & ZuZu

 SIster Morphineさん。冒頭にも書きましたが、選曲が渋い!俺もスライダーズは全曲知ってる訳ではないので、追いきれない曲もありました。個人的のツボだったのは、”Dancin' Doll”と”チャンドラー”ですね。Walrusのたけだっちが参加しているスライダーズのカバーバンド「ストレートサイダーズ」でも、この2曲はやってなかったんじゃないかな?やって欲しいものです。
 Vo/&のジンさんはホンモノのテープエコーを使ってました。こういうバンドにはアナログなエフェクターが良く似合う。
 後半はホンモノのスライダーズ、ZUZUさんが参加して演奏。”Tokyo Junk”良かった!メンバーの皆さんは、嬉しいとともに、かなり緊張しただろうな. . .

 さて天極さん。既に会場は満員。しょっぱなから気合いが入る。はいりすぎてたたらを踏むひと約1名。このへんは俺も冷静に見てないんで、細かいことはあまり覚えてない。トランジスタ・ラジオや、君が僕を知ってる、スローバラードなど、わりと王道の選曲でグイグイ見せる。
 章二丸さんのドラムを聞いていつも感じるのが、「気持ち」曲の気持ち、歌い手の気持ち、演奏者の気持ち。それぞれの持ってる気持ちを、そっと、あるいはあからさまに後押しする。後押しされた側は、気持ちが増幅されて、どんどんその気持ちを前に出す。とても気持ちよい相乗効果を生み出すドラムだ。ほんと、魔法。そして、笑顔。視線で通じる、「気持ち」。経験を積んだプロのドラマーだから、と言ってしまったらミもフタもないが、ドラマーとはこうあるべし、ってなドラマーなんですよ。
 俺も幸いにして何度か章二丸さんと演奏する機会に恵まれましたが、「気持ち」には「気持ち」で対抗しないと萎縮してしまうんですね。セッションの時でも、いつも章二丸さんと演奏する時は、襟を正す思いで歌ったりギター弾いてます。

 ライブは、”Jump”で終了。納得の、安心のステージでした。欲を言えば、RCもスライダーズも、あれも聞きたいこれも聞きたいとあるんですが、言っていたらきりがない。満足のイベントでした。

 終演後、Par no Barセッションにてウクレレの弾き語りでおなじみのミズヨさんDJによるラジオ番組、”1/48”が流されました。なんと、全面的にBlack & Blueをフィーチャー!B&Bに出演するバンドのナンバーをかけまくった!しかし、何とも吃驚なのは、声質、話し方ともにプロのパーソナリティーではないか。声を仕事にするひととは常日頃一緒に仕事をしてますが、ほんと、プロにひけを取らない、マイクのりのいい声と滑舌の良さでした。Good Job !
AD

コメント(6)