.

.


テーマ:

『価値あるものと見なされるこの世の全ての楽しみと比べてみても魚とり
これに勝るものはなし』

『説教する人、物書く人、宣誓する人、戦う人。利益の為か、娯楽の為か、
いずれにしても最後の勝利者これ魚とり』
By トーマス・ダーフィー 「釣り人の歌」
-----------------------------------------------------------

しょうぶです。


最近、ある分野の本を立て続けに買いまくっています。
ここ1~2か月で50冊近くいくと思います。


分からないことが分かっていくというのは、やはりめちゃくちゃ面白いです。
はまると、激流のような勢いでのめり込んじゃうんですよね。

フライフィッシングの時もそうでした。
2日に一回釣りに行ったり、ヨーロッパの競技に出たりと。


でも、こういうエネルギーは止めずに、爆発させた方が人生は豊かになります。

誰に遠慮なんかいらない。


どこかでブレーキを掛けすぎて、不完全燃焼が一番つまらない。
ブレーキを強く掛けながらアクセルを踏んでいませんか?


「ワクワクすることは、全てやれ!」という考え方があります。


全てやる、というのがミソです。



それでは今号は、
ここ数か月にDVD教材を買っていただいた方からの感想をご紹介します。





【ヨーロピアンニンフィングDVDを購入して頂いた方からの感想】



■群馬県Sさん


10年以上FFをしていなかったので、
久々に今シーズンはやってみようと思っていたところ、これまでの経験上、
フライでは太刀打ちできないと思っていた水深のある瀬や
トロでのニンフでの爆釣という部分に、衝撃を受けました。

アウトリガーではあまり釣れない(釣れる気がしない)と思っていたので、
映像やヨーロピアンニンフィングというメソッドに釘付けとなってしまいました。

HPの文面を拝見する限り、
文脈や表現などからこのメソッドに対する思いや情熱が伝わってきます。
お人柄かと思います。

自分にとって、この釣り方は新鮮に移り、
これまでのFFの概念を超えたものであることには間違いありません。

ぜひ、今年は実行してみようと思っており、実釣が楽しみです。
その上で、また、疑問点等が生じたときには、どうかアドバイスをいただけますよう、
お願いいたします。




・しょうぶ返信


ありがとうございます。


色々な釣りを探求されていますので、
Sさんのような方が、一番応用が効くのかもしれません。

好奇心に溢れ、楽しい釣りをしている姿が想像できます。

ぜひ、このニンフィングでも会心の釣果を上げて頂ければ、
私も嬉しいです。

ユーロニンフィングも、こうでなければいけないということはありませんので、
餌釣りのやり方を取り入れてみたり、色々やってみてください。

ハッチしている虫にドンピシャのフライを使った場合、
ワンキャストワンフィッシュに近い状態になったこともありました。
(C&R区間ですが・・)





続いて、



■千葉県 Sさん



一年ほど前メルマガで、知りました。

TopWaterのバス釣りをやっていたので、
ニンフィングだけの教材には興味が湧かないというのが、第一印象でした。

HPの長文については、失礼ながら、セールスのサイトではよくあるので、
特に違和感は有りませんでした。

もしかしたら、値段に比して内容の悪いものだったら‥
という不安は多少ありましたが、

全体を読み通して、面白いかも知れないと思ったのと、
フライフィッシングをもっと掘り下げて見てみたいと考えたからです。

ラインシステムについては、かなり詳解されているので、理解し易かったです。
メンバーズサイトは、テキストの補完的な内容という感じです。
細かい技術的な内容で、役に立ちます。




・その後、Sさんからスプリングクリーク○野での実釣報告を頂きました。


こんにちは、Sです。
メンバーズ通信の配信、ありがとうございました。

当方、山梨県の○野へ、解禁明けの最初の週末に行ってきました。
彼岸の連休だったこともあり、ルアー・フライともに人出が多く、何処もいっぱいでした。

それにも関わらず、いつもよりずっと良い釣果を得ることができたのは、
ユーロニンフィングのDVDやテキストを見て、実践したからですね(^^)

まだまだ全然出来ていない、ことばかりだと思っていますが、
これからもトライ&エラー?で楽しく頑張っていこうと思います。

フライの方が分が有りますが、時々釣れてる人も見かけますね。
先日の釣行では、ルアーで釣れてる人は見ませんでした・・


少々質問です。
○野はウェーディングできない場所がほとんどで、魚も超スレています。

ロングリーダーニンフィングをメインに考えていますが、
どのくらいの距離まで出来るものでしょうか?
もちろん、キャストできる範囲なら出来るんじゃないか?とは、思っていますが、

実際に15mくらいの距離だとかなりの難しさになると思うのですが・・

ラインシステムや、釣り方などご教示していただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。




・しょうぶ返信


ロングリーダーは、9mのフレンチリーダーで、
リーダーキャスティングして釣ります。

ロングキャストも出来ますが、最初はちょっとやりづらいかも知れません。
よければ、試してみて下さい。

ヨーロピアンニンフィングのロングディスタンス(遠投)は、
一つの未来像であり、可能性も秘めていると思いますが、
まだまだ、試行錯誤の段階ですね。


近いうちに、メンバーズサイトに、

フレンチリーダーの使い方や、レベルラインニンフィングの
やり方等も書いていこうかと思っています。

結局、私が思うに、
ニンフィングを極めようとすると、
サイトニンフィングやダイレクトニンフィングに行きつく気がします。


~~~ここまで~~~


お待たせしていますが、
近々、メンバーズサイトにダイレクトニンフィング等の情報をアップしますので、
楽しみに待っていてください。


ところで、メンバーズサイトは、
サラッと読んでしまえばそれまでなんですが、

実は、一番のキモや可能性を書いています。


この辺を分かって貰えるかどうか?
可能性をビシビシと感じるかどうか?


分かる人は、分かっていると思います。
釣りが飛躍できる匂いがプンプンしているサイトです。


メンバーの方はぜひ、今までとは違う感性を身に付けてください。





ということで、今号はこの辺で。


次回も、メンバーの方からの感想や釣行報告を紹介したいと思います。

お楽しみに。


Tight Line!






■編集後記


最近、チェックニンフやフレンチニンフのカラーリングやタイイング方法が
日本でもジワジワ広まってきていますよね。


雑誌とか見ても、ホットスポットを使ってるニンフフライが増えました。(笑)
数年前、私がDVDを出した当時は全然でしたけど・・。


今までのニンフフライとは明らかに違ってきています。


インスパイアーされ、それをシェアーし、フィードバックを貰う。

こういう循環で、物事は進化していくんだと思います。


私が、ユーロニンフのタイイング方法に大きな可能性を感じているのは、
ニンフだけでなく、ドライやウエットにも即効で生かせる考え方があるからなんです。







・ヨーロピアンニンフィングとは?
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/whyEN



・フライキャスティングスクール
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?castingschool



・ニンフィングタイイングセットコンプリート
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/TyingCompleteSet







私に何か聞いてみたいことがありましたら、お気軽にご連絡ください。
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?contact


フライフィッシング私的大全(もっと遠く、もっと広く!)
「Complete Angler」
http://www.flyfishing-japan.com/shop



■伝えたいこと

本当は・・
私たちはもっともっと本来の自分の求めているライフスタイルを実現するべきなんです。
そのことが、生きる意味だとも思います。

少しだけ今までより半歩前へ踏み出すだけで、
それは実現へと向うのは分かっているのに、何となくやらないでいるだけです。

フライフィッシングをライフスタイルの中に取り入れましょう。
沢山の喜びと癒しと学びを、得ることができるでしょう。

あなたの人生を、自身の手で心地よく作り上げていくには、
フライフィッシングというスタイルはとても素晴らしい選択の一つであることは、間違いありません。

そのことを、伝えていきたいのです。
フライフィッシングのイデア(理想、哲学)を表現していきたいのです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
価値あるものと見なされるこの世の全ての楽しみと比べてみても魚とり
これに勝るものはなし』

『説教する人、物書く人、専制する人、戦う人。利益の為か、娯楽の為か、
いずれにしても最後の勝利者これ魚とり』
By トーマス・ダーフィー 「釣り人の歌」
-----------------------------------------------------------

フレンチニンフの可能性、都心の管釣り


大井しょうぶです。

今号は、「フレンチニンフの可能性、都心の管釣り」です。

詳しくは編集後記で。



■売れ筋商品情報



・バンブーロッドセット
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?Bamboo%20rod%20set

定番の人気です。
シルクラインの仕様が若干変わり、
ラインエンドがループになりました。



・ヘンズGPXツーインワンロッド
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?Hends%20Rod

9フィートのドライフライキャストは、
とても軽快にタイトループキャスティングができます。
9フィートだけでも、完成度は高いですね。気に入っています。
そして、10フィートで攻めのニンフィング。変幻自在です。



・タイイングセットコンプリート(セットだとリーズナブルです)
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/TyingCompleteSet

美しいヨーロピアンニンフでフライボックスをいっぱいにしましょう。
眺めているだけで、心は充足されていくし、
さりげなく人に見せちゃったりすると、その人「とて興味津々」です。
今まで見たことのない煌びやかさに、思わずうっとり。

フレンチのジグメイフライニンフは、管釣りでもその威力を発揮します。



・ヨーロピアンニンフィングDVD教材
http://www.flyfishing-japan.com/shop/fwd3/DVDTeachingmaterial

誰も教えてくれないニンフの釣り。
人とは違うことが好き!という人には最高の釣り方です。
そして、人以上に釣れちゃいます!
人と同じでは、同じ結果にしかなりません。






■編集後記


たまには、気軽な管釣り釣行記を。


先日、東京へ所用で出向いた時、
せっかくなので、どこか管釣りでサクッと釣りでもしようと思い立ち、
調べたら、豊島園で今の時期釣りが出来るんですね~。

そこで、3時間ほど釣りをしました。


何故、都心近くで釣りをしようと思ったかというと、

・ユスリカのハッチはあるのか?
・ハッチが無くてもイマージングメソッドは通用するのか?
・フレンチニンフはプールの管釣りで通用するのか?
・他の釣り人のリサーチ。


などが、目的としてありました。



キャリーケースをカラコロ引きながら、到着。
電車での釣行もなかなかおつなものです。


遠浅のプールになっていて、
他の人は、ラバーブーツを履いて少し立ち込んで釣りをしていました。

私は、普通の紐ブーツでしたので、水際からロングキャストで攻めます。


タックルは、6番にWFフローティングライン。


案の定、ユスリカのハッチはありません。
標高の低い場所では、「やはりそうか」と再確認。
よって、ライズもありません。

しかし、この時期のこういう管釣りなので、
ユスリカで反応を見ようと
まずは、ユスリカのサイケデリックイマージャーを結びます。


表層は難しいと即判断できたので、
シンキングリーダーにティペットを足し、
イマージャーで中層をハンドリトリーブしてみます。

ほぼ、フルラインキャスト。


数等しましが、無反応。

ここは、波打ち際は流れがありなかなかライン操作が難しい。



一番、水通しが良く流れのある場所が空いたので移動し、
数等キャストを繰り返し、中層をイマージングさせてみると、

グングンと、ダイレクトコンタクトがあり、
20cmほどのニジマスが釣れました。


ここまで、釣り開始から30分ほど。


暖かい日が続いた後の寒い日です。魚の活性は良くない。
周りは、誰も釣れていません。

どういう釣り方をしているか観察してみると、
皆、大きなマーカーを付けてじっと待つような釣り方。

やはり、こういう釣り方が定番のようですね。



ルアーエリアには、十数人が立ち込み、
ひたすらルアーをキャストしていましたが、釣れていません。


私は、その後も数匹を同じ釣り方で追加できました。


しばらくすると、反応が悪くなってきたので、
今日のもう一つの検証課題である、フレンチニンフでの釣りに切り替えます。


フレンチのタングステンジグメイフライニンフをキャストすると、
すぐさま、ゴンゴンとアタリがあり、ニジマスを追加。

今までとは、反応が違います。

こういう場所でも、フレンチニンフが好反応であることに、
新鮮な発見を感じますね。


何が、違うのか?
他の人と、何が違うのか?
狙っている層なのか?
フライそのものなのか?
サイズなのか?
ホットスポットの威力なのか?
アクションなのか?
ロッドさばきなのか?


色々と、思案をめぐらせます。

周りが薄暗くなってきたので、
フライを少し大きめのフラッシュされたジグニンフに変えます。

夕方、反応が上がり、対岸のマーカーの人もようやく釣り上げていました。


私は、水車の手前のピンポイントに
フライからガツンと着水するように直撃弾キャスト。

フライが着水すると同時に、ガボッと魚がフライをひったくりました。

35cmほどのブラウン。

ブラウンは、こういう場所でも際に潜んでいました。


お隣では、初心者のおじさんがスペイキャストを繰り返していましたが、
フライは5m先でいつも落下。

ラインがこんがらがって、何度も結びなおしていました。
でも、楽しそうな顔していましたね。それで、良いのです。


ということで、
まあまあな釣果を得て、キャリーケースをカラコロ引きながら帰りました。




今回思ったことは、


冬期は、どんな場所でもユスリカのイマージングで何とかなるということ。

それと、フレンチニンフは中々いい反応があり、
渓流での釣りには最高ですが、こういう管釣りにも素晴らしく使えるということ。
湖でも、いけるでしょう。


それと、都心近くで電車で釣りが出来るというのは、
気楽に楽しめて、私はこういう身軽な釣りもとても好きですね~。
ありそうでなかった釣りスタイルかも。



それでは、今号はこの辺で。



Tight Line !!






私に何か聞いてみたいことがありましたら、お気軽にご連絡ください。
http://www.flyfishing-japan.com/shop/index.php?contact


フライフィッシング私的大全(もっと遠く、もっと広く!)
「Complete Angler」
http://www.flyfishing-japan.com/shop







■伝えたいこと

本当は・・
私たちはもっともっと本来の自分の求めているライフスタイルを実現するべきなんです。
そのことが、生きる意味だとも思います。

少しだけ今までより半歩前へ踏み出すだけで、
それは実現へと向うのは分かっているのに、何となくやらないでいるだけです。

フライフィッシングをライフスタイルの中に取り入れましょう。
沢山の喜びと癒しと学びを、得ることができるでしょう。

あなたの人生を、自身の手で心地よく作り上げていくには、
フライフィッシングというスタイルはとても素晴らしい選択の一つであることは、間違いありません。

そのことを、伝えていきたいのです。
フライフィッシングのイデア(理想、哲学)を表現していきたいのです。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。