蜂坊主のブログ

ルアー・フライの釣りがメインのブログです。


テーマ:
擬似餌(ルアー・フライ)のキャスティングに於いて

専門誌には様々な釣り方の技術が

紹介されていますが

キャスティングの際のロッドの使い方を

詳細に書かれている記事は

ほとんど見当たりません。

擬似餌をトラブルなく遠方に

キャストしたいのは誰もが思う事ですよね?

最近のルアーロッドには

キャスト時に絡みづらいガイドや

より摩擦抵抗が少ないガイドリングなど

より遠くに、よりトラブルレスに

成ってきていますが

最新の高価なガイドを使用していても

ラインがガイドに絡んでしまう

トラブルって有りませんか?

キャスト時にラインがガイドに絡む

トラブルが出ると一番困るのは

ルアーのベイトキャスティングですね!

ベイトキャスティングに於いて

ガイドにラインが絡んでしまうと

ベイトリールの構造上

バックラッシュが起きてしまいます。

ベイトロッドのキャスティングのコツを知らないで

何も考えずに力任せにキャストしてしまうと

キャストの度にバックラッシュが起きてしまい

釣りにならなくなり

ベイトロッドは…と躊躇してしまいます。



最新のベイトリールは、技術の進歩で

バックラッシュ対策が施されていますが

ラインの放出スピードよりも

スプールの回転速度が上回ってしまうと

バックラッシュしてしまいますね⁉

ベイトロッドのキャスティングに於いて

ガイドにラインが絡んで

ラインスピードが失速しない様に

フリクションロスが無い様に

キャスト方向に対してガイドとロッドが

直線上に成らない様に

ガイドとリールを横にしてキャストをするのが

ベイトキャスティングの基本的なコツだと思います。

理にかなったキャスティングですよね?

そんなコツを知っているベイトキャスターも

スピニングロッドを持つと

ほとんどの方がキャスト方向に対して

ガイドとロッドを一直線上にキャストしています。

何故なんでしょう?

ベイトロッドを使用されない

スピニングリール愛用者のほとんどの方も

同様にです。



この記事を読まれている皆さんは?

ガイドにラインが絡みやすい

キャスト方向に対して

ガイドとロッドを一直線上にして

キャストしていませんか?



ロッドにラインを通して

ガイドの無い方向にロッドを曲げて見てください!

写真のラインは、見やすい様にフライラインを通しています。

遠くに投げ様と

ロッドを曲げれば曲げるほど

キャスト方向とガイドの向きが一直線上だと

ラインがロッドよりも後方に来てしまいます。



ラインがガイドに絡む

根本的な理由を知らずに

ガイドが悪い

ラインが悪い

ロッドが悪い     って

勘違いされてないですか?



キャスト切れが起きやすいのは

ガイドにラインが絡みやすい投げ方をしていて

ガイドに知らず知らずに絡み

ラインが劣化しているからが原因の一因では?



キャスト時にティップセクションの

上から3番目辺りのガイド部から

ポッキリとロッドが折れてしまうのは

そのガイドに何度も何度もラインを絡ませて

ブランクを傷めているのが一因では?



ラインを保持している指を

タイミング良く離せば

擬似餌は飛んで行きますが

なんとなく投げるのではなく

様々な効率を考えて

キャストしてみませんか?



最新のガイドが装着された高価なロッド

最新のテクノロジーの高価なリール

そんなタックルセットを何セットも持ち歩き

釣りをされているアングラーを多く見られますが

性能を十分に引き出せず

猫に小判・豚に真珠の状態の方が…大泣きうさぎ


何故ラインがガイドに絡むのか?

フリクションロスをどうしたら無くせるのか?

ロッドの性能をどうしたら引き出せるのか?

改めて考えてみませんか?


今回の記事は、ルアーのキャスティングの話と

思われてしまいますが

フライのキャスティング時にも

投げる方向に対してガイドの向きを変える事で

ルアーと同様に得られる効果が有ります。

ルアーもフライもロッドを介して

キャスティングしています。

感覚で投げるよりも

理論的にキャスティングしてみると

より疲れない・より遠くに飛ぶ

キャスティング技術が身に付けられるのに…


何故?

四方山話的な記事でした。m(__)m



では、またね(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
管理釣り場の元管理人の

管理釣り場四方山話⑧

四方山話シリーズも8話目に成りました。

今回のお題は

『放流』 です。

管理人として働いていた時に

お客様に一番聞かれたのが

放流は有りますか?

放流は何時ですか? でした。



放流魚は釣れる?


果たしてそうなのでしょうか?


何言ってるの?放流魚は釣れるでしょう!

と思われている方がほとんどですね!

しかしながら放流魚が釣れるとは限らないんです。


大量放流されてもまったくと言って良いほど

放流効果がなかった!

そんな経験は無いですか?



放流効果の無い放流とは?

放流された魚が放流された水環境にマッチしなかった(馴染まなかった)

と言う理由が一番です。

水質が違った

水温差が激しかった

etc.


特に顕著なのが養魚場さんからトラックで運んでもらっての直接放流が効果がなかなか出ずらいです。

運搬時のストレスも加わりますからね!


目の前でトラック放流されると

期待感が高揚しますが…演出としては最高です。


水に馴染んでくれれば喰い出すのですが…

当日の効果が、ほとんど無い場合も有ります。


ポンドと放流用の魚のストック池が

同じ水の管理釣り場の方が

放流効果が出ますので

管理釣り場を選ぶ基準にされると

良いと思います。


さてここで放流の良い所、悪い所を考察してみましょう!

放流の良い所

・釣り人のモチベーションアップ

・疑似餌を見ていないフレッシュな魚

・暫く回遊する

・既存魚も動く

・疑似餌の速い動きに反応する

では放流の悪い所は?

・棚が変わる

・派手なカラー、速いリトリーブで既存魚がスレる

・場所によっては魚がいなくなる(放流魚の回遊につられて既存魚が移動してしまう)


放流と言うと良いイメージが優先されがちですが悪い所も有るんです。

放流魚よりも既存魚の方が圧倒的に多いですので、せっかく把握した棚が変わるのはまた一から探り出さないといけなくなります。

水がクリアーなポンドだと活発にスクーリングしている放流魚が確認出来て棚をアジャストしやすいですが、マッディだと魚が見えませんので放流狩りに失敗する事に成ってしまう事も有ります。

放流に頼らずに既存の魚が喰う棚をしっかりと把握して釣果を伸ばす様に普段から心掛けておいた方が良いと思います。


多分、皆さんが聞きたい事で放流の量は?の声が上がると思います。

知りたいですよね?

σ(^_^)が管理人として放流していた量は

その日に持ち帰りされるだろう魚の量を放流の基準にしてプラスαして放流していました。
(プラスαは、リリースミスで死んでしまう量や翌朝反応する様にです。)

ポンドの魚の量をなるべく一定に成るように管理していました。

ポンドにいる魚の量が少ないと

疑似餌への反応も悪く成ってしまいますからね!

リリースされる魚は、死なない様に手で触らずに優しくリリースしてくださいね!


管理釣り場の元管理人の

管理釣り場四方山話

今回の話で、一端お休みします。


では、またね(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
管理釣り場の元管理人の管理釣り場四方山話⑦

今回のお題は

『エアーフィッシング』

決して誤字(ルアーフィッシング)ではありません!

エアーギターとかのあのエアーです。

フライフィッシングの大先輩に当たる方から

エアーフィッシングの話を伺ってから

究極の釣りは、エアーフィッシングだなぁ~!

と考えさせられました。


新しくルアーやロッドやらを購入すると

フライの方ならフライを巻いたりロッドやらを購入すると

これで釣れる!と妄想しちゃいますよね!

それもエアーフィッシングなのですが…

本日の四方山話はレベルアップさせてくれる

エアーフィッシングのお話しを…



まずは、家から釣り場に行くまでを妄想します。

釣り場に着いて釣りの準備をするのを妄想します。
(私は、忘れ物をしない様に大事な釣行ではこの妄想で忘れ物チェックをしています)

準備が終わった所で

さあ~キャストです。妄想してください!

何も考えずにキャスト妄想をするのではなく

行った釣り場の対象魚の食性や行動性や棚や天候や風など

かなりリアルに妄想してください。

さて、ここでリトリーブ開始なのですが
(色々な釣りのスタイルが有りますのでその釣りを開始します。)

普通の妄想だと釣れる良いイメージを想像してしまいますが

敢えて釣れないイメージでエアーフィッシングをします。

何故?釣れないのか?

ここで色々と考えます。

棚?

速度?

カラー?

場所?

疑似餌の選択ミス?

ライン?

etc.

思い浮かんだ一つをキャストからまたエアーフィッシング(妄想)します。

まだ釣れない!

また違う釣れない要因を考えて

更にエアーフィッシング

まだ釣れない!何故?

釣れない要因を考えられるだけ釣れないエアーフィッシングをします。


釣りを始めたばかりだと釣れない要因がなかなか出て来ません。

ベテランに成ればなるほど

釣れない要因を考えだすのが増えます。

いわゆる引き出しが多いのがベテランです。

しかしながら引き出しを多く持っていても

固定観念からその引き出しをしまっていたら?

釣れる魚も釣れないです。



考えながら釣りをする!

いざ釣り場で釣りを開始した際に

釣れない要因を考えた

エアーフィッシングを繰り返しやっていれば

直ぐに対応が可能に成ります。


エアーフィッシングと聞くと

安易に釣れるイメージでされてしまいますが

魚が疑似餌の後ろに付いた

追ってる追ってる!

プイッと反転 喰わない!

水中の中をイメージするなど

どんどん妄想を広げて

エアーフィッシングをしてみてください!

水中の中の魚の動きなどは

なかなかイメージ出来ませんが今なら

Youtubeの動画を検索すると見れます。

追尾してくるけど喰わない!

さぁ~どうする?

カラーを変える?

それともカラーは、そのままで

追尾したら手首の上げ下げで

疑似餌の棚を少しだけ動かして

魚よりも疑似餌が上が良いのか?

下が良いのか?

etc.  エアーフィッシング



釣りをしている最中は、なかなか悪いイメージで考える事は出来ないのが普通です。

しかしながら釣れないのには必ず何かしらの理由が有ります。

レンジキープをしているつもりでも

何らかな理由で出来ていなかったり

自分のやっている事の間違いになかなか気付けません。

釣れない理由をどんどん掘り下げて

理論的に考え修正し

頭の中に知識として

イメージとして収納して置けば

ベテランと言われる人達の引き出しの数に近付けます。

既に頭の中に入っていれば

現場(釣座)でも直ぐに身体が反応出来る様に成ります。



如何ですか?

究極・至高の釣りは、エアーフィッシング!

そう思って来ませんか?


管理釣り場の元管理人の管理釣り場四方山話

『エアーフィッシング』

皆さんの釣りのレベルアップになれば幸いです。


では、またね(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。