社民党佐賀県連など同党地方組織の代表者は9日、阿部知子政審会長を党本部に訪ね、同氏らがまとめた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設案に佐賀空港など国内の候補地が盛り込まれたことについて「あくまでも国外移設を求めるべきだ」と申し入れた。
 訪れたのは東京、北海道、福岡、長崎、佐賀、鹿児島の6都道県の幹事長ら。会談で徳光清孝佐賀県連幹事長は「沖縄県内はもちろん、国内移設にも反対だ」と強調。阿部氏は「(国内案提示は移設先が)沖縄に戻る流れを止めるためだ」と理解を求めた。会談には重野安正幹事長が同席した。 

【関連ニュース】
野党の挑発に乗らない=普天間で再び「覚悟」触れる
移設先検討、与党の理解得る=平野官房長官
報告書、国民の視点に立たず=我部政明琉球大教授
核の「あいまい戦略」制約に懸念=密約調査公表は静観
非核と抑止力、どう両立=密約「清算」なお課題

<ニイウスコー粉飾>日本IBMを強制調査 証取監視委(毎日新聞)
六本木の不動産取引で脱税容疑=社長2人を告発-東京国税局(時事通信)
<阪急電鉄>大型ジオラマ 開業100年記念(毎日新聞)
雑記帳 納豆の早食い世界大会…350gを30秒97で(毎日新聞)
<自殺>鹿児島で中2男子死亡 遺書なく学校で原因調査へ(毎日新聞)
AD