テーマ:
長いこと続けてきたアメブロですが、今後はこちらで更新していくことにしました。
http://mayanozaki.blogspot.be/

かと言って、更新頻度に期待できるわけではありませんが(笑)
たまーにのぞいてもらえると嬉しいです。

もちろん、このブログは思い出がいっぱいなのでこのままにしておきます。

それでは~♪
maya
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月末から10日間ほどコンクールのために一時帰国をしていました。

日本で唯一の古楽コンクール、憧れではあったものの、まだ自分には早いかな…なんて思いながらの挑戦でした。

結果は3位をいただきまして、今やっていることが認められた嬉しさと、今までやってきたことは間違っていなかったという自信に繋がりました。

ただ、本選を終えた瞬間に「絶対に一位ではない」と自分でわかってしまうような演奏で、この詰めの甘さが今後の課題だなあと思っています。

3位というのは嬉しさ半分、悔しさ半分、で今のわたしには丁度よかったのかもしれません。

応援、協力してくださった全ての方々に感謝します!
本当にありがとうございました!


ブリュッセルに戻ると試験期間真っ只中で、日本に帰ったことが夢だったような感じ(笑)

容赦ないリハーサルとレッスンの量…
これらのおかげて鍛えられてきたんだなぁ…しみじみ。

特にわたしはブリュッセルに来た時から語学が不自由で、そのおかげか先生方の動きやたまに口ずさむ短いフレーズなどを拾っては糧にしてきました。そこら中に落ちているヒント、そんな環境にも感謝です。


来年は受賞者コンサートに出演させていただけるということで、楽しんでいただけるようまた一年頑張ります!

{9BB05E7E-E66B-47DC-8A7C-009653212BF2:01}



AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お久しぶりです…

明けましておめでとうごさいますから更新してませんでした…

あれから今までで大きな出来事と言えば、マタイ受難曲の本番と第二回5本のフルートを使ったコンサート、といったところでしょうか。

マタイは礼拝としての演奏ということで、お通夜のような空気の中で始まり拍手もなく、この日の重さを感じることができました。演奏後の気持ちとしては、役割を果たした、と言う感じでしょうか。貴重な経験でした。
{BBC064DB-152A-4385-8CD0-241759A77316:01}


次の記事で山梨のコンクールの事を書きます!!
では!

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ふ…もう2月(笑)
色々なことが慌ただしくすぎて、ホッと一息…と思ったら2月に突入してました。


年明けは元旦ミサで演奏。
気持ちがキュッと引き締まりました。
{1B34FF73-0676-4131-88E3-41DF50DCED2D:01}


教会に向かう途中でとった元旦のブリュッセルの空。珍しく青空。

{40F01B6B-5CFE-4BBD-AD1A-3D9A2A25B2C4:01}



一月は本当に盛りだくさんで、Marten Root氏のマスタークラスがあって古典派に取り組んだり、通奏低音のクラスコンサートがあってついにチェンバロデビューしたり(笑)
{F0C90827-E92D-4672-BF96-1409E58177CC:01}



月末には前期室内楽試験。
どのグループも良いメンバーに恵まれてやりきった感があります。面白いアイディアをくれる人たちと演奏するのは本当に楽しい!

こちらはテレマンのターフェルムジークから序曲を演奏したグループ。集まると毎回パーティー(笑)
{73AC33FF-D3CB-40CF-9E25-3FE924760682:01}




そしてコンソートのコンサート。
ルネサンスとフランスバロックという大好物のプログラム。
{D4C9D5CF-3844-451F-91E1-2544D4C172D7:01}




そしてオーケストラスタディーとして企画されたバッハのマニフィカトの合奏。
ティンパニやトランペットが入ってとっても華やか!!バッハが書いて聴いたはずの響きなのか!と興奮しました。


こんな感じで年明けからノンストップ。

今後も初のピッコロでのコンサート出演や、これまた初のルネサンスフルートでの室内楽試験、8キーフルートでクラシカルにも挑戦します。トランペットやクラリネットとの初共演がとても楽しみ!

そうそう!4月3日の聖金曜日には近くの教会でバッハのマタイ受難曲を演奏します。夢にまでみたこの日の演奏。本当に嬉しくて楽しみです!!!!


ブリュッセル3年目、少しずつ演奏の機会が増えてきて、日本にいたときもそうだってけれど、改めて自分は友人や周りの人たちに恵まれているなぁと感じます。とにかくわたしはそれに感謝しつつ正直に誠実にコツコツとやっていこう。
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
コンサート、無事に終わりまして昨日ブリュッセルに戻りました。

友人の家での4泊5日の珍生活。合わせはもちろん、お料理を作るのも楽しかった~!
シャワーが壊れていて浴びられなかったり、冷凍庫が壊れて買ってきた大きなアイスを一気に食べなければいけなくなったり、トイレが流れなくなったり、最終日には電気が使えなくなり部屋が真っ暗だったり。。。トラブル続きでしたが「この家は問題が多いの~」と動じない友人。わたしももっとたくましくならねば!!(笑)


コンサートは2回。とても好評だったようで嬉しいです。演奏後は何人かのお客様が楽器を見にきたり触ったりと、興味を持ってくださった様子。

ただ、ルネサンスから古典派まで、一度にやるということは想像以上にハードで脳みそが疲れ果ててしまい、終演後の写真はゲッソリ(^^;;

{08EAA430-87AE-495F-956F-B98A9AC2A582:01}

ただこうして吹き比べて、各フルートに新しい発見があったりして、それは良かったなぁと思っています。


少し街を歩いたりもしました。
リールはフランスですが、建物や名物などからフランドルと呼ぶのがふさわしいという印象を受けました。
{1E5866C7-7A76-4432-8809-C4D5B912C6BC:01}


リール駅近くの教会に飾られたクレッシュは独創的で美しかったです。
{6FC5346E-49C1-4E2A-BB60-8011370D83B7:01}


年内全ての行事が終わって気持ちよく年越し。
明日は元旦のミサで演奏する仕事があります。初めて大きなオルガンと。わくわく♪

音楽で終わり音楽で始まる一年。
幸せ。


今年は本当にたくさん思う事がありました。
特に演奏する側と聴き手の関係について考えさせられました。
スペインに行ったことは大きな出来事で、マドリッドでみたフラメンコの静かな場面、あまりの緊張感に息もできない客席、その空気を感じて、芸術とは表現する側と受ける側、両方があって成り立つものなのだなぁと実感しました。その後ソフィア美術館でみたピカソのゲルニカもそうでした。大きな絶望的な絵をみてどうしようもない気持ちになりました。その絵を展示してある広い会場には沢山の人がいるはずなのにシーンと静まり返って、なのに心のザワザワが伝わってきて、本当に泣いてしまいそうでした。いや、たぶん泣きました(笑)

こうして芸術は受ける側がいて完成するものだとしたら、表現する側は受ける側の心をつかまなければならないし、そういった演奏をすることが自分の目標なのだと思います。

新しい一年、また成長したいです。


それではみなさま、良いお年をお迎えくださいね(*^^*)



さて、わたしはこれからお蕎麦を調達しに日本食スーパーへ(笑)
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。