一大(いちだい)のブログ

フルード工業株式会社の代表取締役社長 鈴木一大のブログです。
何気ない日常で、ふと感じたことを書いていきます。


テーマ:

ふだん草、あかざにつづき つるむらさきのおすすめです。

こちらはふだん草とちがいスーパーなどにも出ることが有りますのでご存知の方も多いかも知れません。

これはセイロンほうれん草の別名が有りますが、ほうれん草とはまったく無縁のもの。もちろん蓚酸は有りません。虫もまず付きませんので通常無農薬のはずです。

農家も虫が付かないのにわざわざコストのかかる農薬など使いますまい。

好みも有りましょうけど美味しさはふだん草に勝るとも劣りません。

つるっとした風合いはオクラ、納豆などと同じ貴重なマグネシウム(ミネラル)を含むからとのこと。

調理法はふだん草でご紹介したのと同じで良いですが、生でもきざんでオーロラソースなどを掛けても行けますよ。

お試しあれ。



栽培も簡単、種も割と種売場で見掛けます。

路地でもプランターでも、梅雨のころから夏場にかけて良く育ちます。つるも、花も食べられます。写真はこれも私の家のです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アカザは、野原はもちろん、空き地などにも良く自生しているのを見掛けます。

江戸時代には栽培されていたとのこと。これも大変美味しく、うちでは青野菜の夏の端境期には採って来て食べてます。レシピはふだん草と全く同じで簡単なものばかりです。

アカザの巣ごもりなどは野草料理の花形の一つでしょう。うずらの卵を乗せればよいのですから、私でも出来ちゃいます。自分でやった事はありませんけど。

実は前回ご紹介したふだん草の栽培も、私はやったことありません。家内にやってもらってます。家内でも出来るのですから、簡単ということです、ハイ。

ちなみに、アカザは葉脈の赤いアカザと白いシロザがあります。シロザの方が沢山分布しているとのこと、でも名前はアカザ。七不思議?いずれにも蓚酸は含まれず、結石の心配なしの優れものです。








 アカザの巣ごもり

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回 安心安全、美味、栄養豊富なお野菜であることをご紹介しました。

実は栽培も極めて簡単で、しかも虫が付きにくく。春蒔いとけば、良く発芽して良く育ち、春秋は云うに及ばず真夏も、真冬でも北関東あたりまでなら陽の当たりの良い所では、十分生育します。しかも2年に1度蒔けば良い2年草。

育ちが早く、良い季節には週2回位収穫出来てしまいます。ベランダのプランターで全くOK

でも、関西では流通してるのに関東ではスーパーでも八百屋さんでもまず見掛けません。では関東ではどのようにして手に入れたらいいでしょう。

答えは簡単、自分で育てればいいのです、プランターで育つのですから。種は種屋さん、農協などで見掛けますが、無いときは春早めに頼んどけば取り寄せてもらえると思います。

なお、急ぎ食べて見たい方、どうしても種の入手の出来ない方は私宛ご一報下さい。何とかして差し上げられるかも知れません。


私の家で育てているものです。ご覧の通りあまり陽当たりが良くなくても育ちます。








プランターで。







これも私の家で路地植えしているもの。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

野菜好きの私がおすすめする美味しくて栄養豊富な「ふだん草」のご紹介です。


安心安全

ほうれん草の仲間 アカザ科、でも蓚酸を含みませんからゆでこぼさなくても大丈夫。しかも虫が付きにいので通常無農薬です。


おいしい

関西では「うまい菜」の名称で流通している程くせが無く、実に美味しい。ですから色々なお料理に使えます。


栄養豊富

ほうれん草の仲間です、いわずもがな栄養豊富。ビタミン、ミネラル、しかも良質なファイバーも。



<調理法>

お好きなようにお使い下さい。

例をあげておきますね。

・お浸し     ・胡麻和え

・味噌汁     ・からし和え

・白和え     ・油いため(肉、ベーコンも)

・バター炒め   ・オーロラマヨネーズ掛け

・青汁      ・ケチャップ掛

 












ほっとくとどんどん大きくなりますので、青汁には良いですが、食べるのには手の平位が食べごろ。

困ったことに関東の八百屋さんではまず見掛けません、入手方法は次号で。


 


 


 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて前回に続き、 私の名前 もとひろ は親、親戚、小~中学の同級生まではそのままもとひろ と呼ばれていましたが、高校は私達の中学からは私1人だったので誰も知らず、最初からイチダイになってしまいました。その後は大学も、前の会社も皆イチダイ、そして今もイチダイです。偉くなりませんでしたけれど。

なお、謄本にはモトヒロのカナが付いていました、でも大学提出用の謄本を取りに行ったら、役所の人が、カナが付いてるとめんどうだから取る方が良いと言うので、では、と取ってもらいました。

家でこれを話したら、勝手なことをしてと、父は少々お冠でしたが、そのままになり、以来イチダイでもモトヒロでも勝手たるべしとなりました。

なお、私の名前の発端となった祖父の親友 巌谷一六さんは、明治期の書家として第一人者。泊まって行った折り、書いて下さった額が今も実家に残っています。

この方のご子息が一寸法師などの童謡、童話作家で有名な巌谷小波さんです。







巌谷一六さんのご子息 巌谷小波さん。この写真は、分福茶釜で有名な舘林の茂林寺に由来と共にありましたので、写しておいたものです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。