• 20 Jan
    • 健康への秘伝 その2 歩け歩け

      これは以前に一部ふれていますが大変大事で効果的なことですので、整理してもう一度お伝えします。歩け歩けから私も最初は1日1万歩歩けと言われそのようにしてました。これは相当前、未だお酒を毎日けっこう“たしなんで”いた時代からです。しかしそのころは毎日缶ビールを片手に帰路寄り道(店)をしながら夜道をのこのこ歩いてました。無くなるとまた自販機に。その頃は自販機にもお酒が有り便利でしたから。それでも歩くことは良いことではあったと思います。でも、のこのこ歩きレベルで歩くのでは効果も限定的であることを知り、また飲みながらは大変心臓に危険との注意を受け、その後改善、つまり飲まずにしっかり歩いて現在に至っておりますが、これはこの次以後で順次。ではまた。  昼間は中々時間が取れないので、昼休みの20分位 歩いてるのを除けば、帰路夜道となります。 

      テーマ:
  • 11 Jan
    • 健康への秘伝 その1 ハーブ鯖・オリーブハマチってご存知?

      昨今グルメばやりで、色々な食材が出来てます。ハーブ鯖・オリーブハマチと言うのは種類では無く、ハーブやオリーブで養殖すると、独特の生臭みが無く、お刺身でもおいしく食べられるとのこと。早速試食してみました。なるほどでした。この他、鯛も養殖で餌によっては黒っぽい鯛になってしまい商品価値が下がってしまうとのこと、赤くなる餌をやるのだそうです。鯖や鯛が人間様の健康にどのように関係するか?いや、事々 左様に食べ物によって体は変わる、大きく影響を受けると言うこと。人間様も食べ物に注意して厚労省が推奨している食のバランスを守り、脂肪の取りすぎに注意し、カルシウムも毎日600㎎、年齢の多い人は800㎎とのこと カロリーに注意し、BMI(体重㎏÷身長㎡)を22に押さえ込んでおく、健康への効果は大変大きいと思います。私は良いことを学ぶとすぐ実行、そして守り、続けてます。この効果は実感出来てます、先ずはお勧めです。このあと、歩け歩け、風邪を引かないコツ、お腹を壊さないコツなど実際に自分でやってすごい効果有りと感じてるものを報告して参ります。健康寿命日本一をめざし、ぜひ続けてお読みの程。 先日食べたオリーブハマチの刺身

      テーマ:
  • 01 Jan
    • 頌 春

      皆様お揃いで良いお正月をお迎えのこととお慶び申し上げます。旧年中は色々お導きいただきまして 誠にありがとうございました。新しい年も引きつづきご指導たまわりたく、よろしくお願い申し上げます。皆様には明るいお幸せな良いお年でありますよう、また世界中が平和な年でありますよう、心よりお祈りする次第です。 2017年 元旦  以前、お取引先の鋳造会社様からいただいた今年の干支の置物です。

      テーマ:
  • 28 Dec
    • 本年もありがとうございました

      世界中で色々なことのあった2016年も暮れていきます。本年もお世話になりましてありがとうございました。新しい年もよろしくお導き下さいますようお願い申し上げます。 第九合唱団と東京交響楽団の第九 友の会と東京交響楽団の上を向いて歩こう 他 桶川市市民ホールのリニューアルオープン記念公演が有り、行って来ました。第九合唱他でしたが、第九が暮れの定番となっているのは日本だけとのこと。黒柳徹子さんによれば、父君が現東京音楽大学卒の演奏家で、楽団のもち代稼ぎに始めたものだと言って居られたのだと。なるほど今もそうかも。以前、今回の第九合唱団の指導をしている妹に話したら、大変お冠の風情でした。と言うことは当りかも。

      テーマ:
  • 15 Dec
    • 大笑

      私共のフルード工業では、毎週一度社員一同で大笑と言う“行事”を行っております。これは技術屋主体の会社のせいか社員達が割りと静かで、かねがねもうちょっと活発さをと思っていました。たまたま新卒募集の説明会の折、社員をもっと元気イメージにしたいと、リクルートの人に話したら、社員一同で大笑をやっている会社が有る、やってみてはとのことでした。早速取り入れてみると効果有り!以来もう7年を越えますが続けております。その後続けるかを社内で聞いてみたところ、続けるべしとなり今も若手のリーダーを先頭に皆で大笑をし、毎回元気にトップを選び、次回はその人が皆の前に出て大笑します。皆様もおやりになって見ては?たまたま、新聞店の若旦那とのご縁で取っている東京新聞に800年の歴史のある笑講のことが出てました。新聞社にはお断りしてませんが、転載させていただきます。ご不都合の折はご一報の程、すぐ取り下げます。なお、東京新聞て、うまくコンパクトにまとめられていて読みやすく、気に入ってます。家内も読みやすいと言ってました。東京新聞もお勧めです。 笑い講の記事(東京新聞から)これ以外にも笑いヨガなどと言うのも有るとのこと。 会社の40周年記念パーティーの折、大笑の音頭をお取引先の東京精器工業株式会社の渡辺昇会長様にお願いしました。元全日本学生応援団連盟の副会長をされた方です。

      テーマ:
  • 05 Dec
    • 最近若い若いと言われてご機嫌です

      ここ1か月ほどの間に中、高、大の同期の会が三つありました。ほとんど平日昼間やってくれるので、私にとっては大変忙しい日々となります。でも、どの会でもお前が一番若いなあと言われました。大学は理工系で、当時は女性は居なかったので奥さんを連れて来る人達も居ます。その奥さんからも、若いわね、ほら、他の人達と比べてごらんなさいって。訪ねてきた甥っ子も年齢を聞いて若いですねえって。お世辞も有りましょうけど、全部が全部お世辞でもありますまい、少しはホントかも。次回からその秘訣を公開!そんなの見ても仕方ないかも。でも参考になるかも。  のまん会という もう60年近く続いている同期の飲み仲間の会。どうです?私だけが若いということはなさそうです。しいて言えば、中央の頭もジャンパーも白いのが私(一大)ですが、写真には写らない動きの点にあるのかも。

      テーマ:
  • 21 Nov
    • 生まれて始めて先日 脳神経科へ検査を受けに行って来ました

      事の始まりは、家内が置いた所を忘れたり電気を消し忘れたりするので、アルツの始まりかも、早い時期に発見して対処しないと大変だと脅したら、本人も心配になったらしく、さっそく専門医の検診を申し込みました。すると先方はわからなくなった人に話をしても始まらないからだと思いますが、私にもついて来いと。仕方なく今年春、桜の咲く並木道を往復2時間歩いて行って来ました。結果は問題なく、平均よりずっと良いとのことでした。ご主人も参考に受けて見てはいかがですか? 一度見ておくと先々の変化が比較出来ますし、病院の収入にもなりますからと笑いながらおっしゃり、あげく私も半年後行くことに。で、この秋また歩いて2時間往復しました。結果、私も大変良く、記憶を司る海馬も充実し、盛り上がってますよと。まずアルツになる心配はないでしょう、かつ全体に大変良いと励まされ、すっかりいい気分で帰って来ました。家内も大変ご機嫌、事情は私と違い当分世話はしなくて済みそうだからだと。  診断を受けた旭神経内科リハビリテーション病院

      テーマ:
  • 11 Nov
    • ふだん草がCO2削減に?!

      この夏、おいしいふだん草のおすすめを書きましたが、これは二年草ゆえ来春も楽しみです。下の妹の亭主に この話をしたら、そうそう あれはCO2 を吸収するんですよねと。たまたま彼は園芸屋で若いとき研究室で色々な野菜のCO2 吸収量の測定をしていて、ふだん草がダントツに良く吸収するので、記憶していたというのです。なるほど生育が良いふだん草は炭酸同化作用も活発で、CO2も良く吸収して育つということなのでしょうか。CO2を吸収するということはCO2削減にも寄与するということ、みんなでふだん草を食べれば少しは温暖化防止になるのかも。でも工業が排出する方が圧倒的に多いから、やはりそちらの削減が先決かも。そのうえで、世界中でふだん草を沢山食べると良い、ということになりますかね。  ふだん草

      テーマ:
  • 02 Nov
    • 夜道、酔っ払いの爺さんに危い!としかられてしまいました

      お月見の日の夜、もう人通りも無くなった夜道を家に向かってケイタイを眺めながら歩いていたときです。小さな脇道から出て来て、危ないじゃないか、ぶつかる、気を付けろ!と。いけない。済みませんを言ったのですが聞こえないようで、ぶつぶつ言いながら通り過ぎたので、もう一度、ご免なさいを言おうと振り向くと、おや!昔々からの飲み仲間。1~2歩戻って肩に手をやると、びっくりして、お前がいけないじゃないか、下向いて歩いてたらぶつかるじゃないかと。彼はからまれたと思ったようでした。俺だよ俺だよと顔を近づけると更にびっくりした顔をしましたが、気づくと、もっとびっくりした顔をしたあと、安心した顔になって、ニコニコ顔になって、やあ 、これはこれはと抱き付いて来ました。よほど安心したのでしょう。こんどはあちらから、済みません済みませんと。爺さんと言っても私より若く、彼はその後も通い続けています。飲むのをやめた私は、たま~にちょこっと寄って見ると、必ず昔通りのお気に入りの一番隅で飲んでいます。焼酎一本は空けないと帰らない人でかつては給料を、今は年金をホントに全部飲み代にという人。人生のんびりと、それが彼の幸せ。ひとには色々な幸せが有ります。  トミさんといいます。トミさんが通いつづけている安い飲み屋街。私もお酒をやめるまではこの安い所へ行ってたのですが…。

      テーマ:
  • 13 Oct
    • おれおれ詐欺は無くならないそうです、ひっかからないことが大事

      先日の敬老会での松戸東警察署生活防犯課長さんのお話最近は振り込め詐欺が減り、取りに来るやり方が増えているとのこと。で、千葉県警では名称をオレオレ、振り込め詐欺から電話de詐欺に変えているとのこと。手口はまず前週末(大抵は金曜日の夜)に息子から電話のNo.が変わった、風邪引いちゃったと。週が明けて、会社の小切手500万円入ったカバンをJR(など)に忘れて来ちゃった。もしJRからTel.があったら聞いといてと。そのうちJRからTelが来ます。中身は無いが空のカバンを取りに来るようにと。また息子からTel 、うち300万は上司の課長さんが負担してくれるけど、あとの200万円は払わないと、ほっとくと自分が会社から訴えられてしまう。困った困った、参った参ったと。びっくりした親が支払いOKすると会社の人が受け取りに来る。おわり。よく考えてみると、そもそも息子が会社の小切手などを持って歩く分けが無かろう。この他、息子から女性に妊娠させちゃった、困った困ったと。これもよく考えてみると、うちの息子はそんなことできる才覚は無いだろうって。ハハハ。こんなことだそうです。で、息子さんの居る家へ来るそうで、流出名簿などから名前もしっかり把握して来るのだと。ワタシワタシ詐欺と言うのは無く、お嬢さんだけの所へは来ないそうです。還付金、これも税の督促こそすれ、役所が還付の連絡など親切なことするわけないって。なお、これからも10年後もこの犯罪は増えても無くなることは無いだろうなぜなら、他のに比して率が良いからだと。空き巣もひったくりも1件当たり1~2万円から数万円程度、一方こちらは1件当たり100万円、200万円が・・・。と言うわけで、まずそんなのが来たらあわてず一旦電話を切る。警察へ連絡する。これが大切ですと。  千葉県警の電話de詐欺の冊子課長さんも言っておられましたが、大変良くできてます。

      1
      テーマ:
  • 29 Sep
    • 生まれて始めて敬老会に行って来ました

      松戸市のきよしガ丘町会のです。まずは市長さんの祝辞から他を廻って来られてるため少々遅れて見えましたが、おめでとうから始まり、パラリンピックに松戸市ゆかりの選手10名が出場、銅も取れたと嬉しそうでした。パラリンピックは私達にも力強い思いを与えてくれてます。終わるとそのまま退場、次へ向かわれました。次は警察署防犯課長さんのお話、オレオレ詐欺を中心に話され、声の大きさ、話がきちんとしていて分かりやすく、上手だったことも有り、少々長時間でしたが皆さんしっかり聞いておられ、大変参考になりました。また、折を見てこのときのお話を報告したいと思います。乾杯の後は次々と演技のご披露で、皆さん上手でしたが中には私のほうがうまいなアと思う方々も。へへへ。 途中で帰りたくなるようなこともなく十分楽しめましたが、では来年も行くかと言うと・・・。でした。   敬老会の風景

      1
      テーマ:
  • 15 Sep
    • 満洲開拓青少年義勇隊に行ったもう一人の人

      こちらは全く知らない人ですが、これも72年の昔小学校に入る前のことでしたが、春先 母に連れられて家の近くの川の土手へ、飼っていたうさぎのえさの草取りに行ったときのことでした。木綿の霜降りの学生服を着た高等小学校くらいのお兄さんと出会い、明日満洲へ行くのだと言っていました。母は「一人でえらいね」と言い、「頑張ってね」と言って別れました。きっと、今まで富士山を背に遊んだ故郷の野辺に別れを告げに来たのでしょう。 後に思えば、満州開拓青少年義勇隊だったのです。当時8万余の青少年が送り込まれ,ほとんどの人達が帰らぬ人となったとのこと。その後 その人の姿を見ることは有りませんでしたが、顔も姿も今も憶えています、深く心に刻まれることだったのでしょう。国は戦争だけでなく、余計なことを一杯してくれたものです。 小学校に入る前の小さなとき、うさぎのえさを取りに行ってたときの思い出です。

      1
      テーマ:
  • 01 Sep
    • 青い空に赤とんぼが飛び始め コスモスが咲くころになると

      未だ小学校に入る前、70余年前の淋しい思い出が頭に浮かびます。家にいた最後のねえや おせつの一人息子が、父親はもう亡くしていたのですが今思うと満州開拓青少年義勇隊に行くことになったと、おせつに連れられてあいさつにやって来ました、多分一張羅の焦げ茶色の上下の服を着て。満州へはそれを着て行ったのでしょう。その頃家の裏に一杯咲いていたコスモスの花を取って、竹トンボのように秋空に飛ばして遊んでくれました。そのコスモスの色、着ていた服の焦げ茶色、そしてその日のことを不思議によく覚えています。そしてそれが最後となり、帰らぬ人になり、子供心にも淋しい思い出として心に残ることに。おせつも淋しげでした。一人ぼっちになったおせつはときどき着物を着て、下駄をはいて、一時間かけて山を下り、一時間田んぼ道を歩いて往復四時間の道のりをタケノコが採れたりすると風呂敷に入れ、たすきに背負ってやって来ました、淋しそうな笑顔を浮かべる人でした。 私は東京に来てしまい、その後を知りません。 コスモスの花が咲くとその日のことを思い出します。

      テーマ:
  • 22 Aug
    • おいしいつるむらさきのおすすめ

      ふだん草、あかざにつづき つるむらさきのおすすめです。 こちらはふだん草とちがいスーパーなどにも出ることが有りますのでご存知の方も多いかも知れません。 これはセイロンほうれん草の別名が有りますが、ほうれん草とはまったく無縁のもの。もちろん蓚酸は有りません。虫もまず付きませんので通常無農薬のはずです。 農家も虫が付かないのにわざわざコストのかかる農薬など使いますまい。 好みも有りましょうけど美味しさはふだん草に勝るとも劣りません。 つるっとした風合いはオクラ、納豆などと同じ貴重なマグネシウム(ミネラル)を含むからとのこと。 調理法はふだん草でご紹介したのと同じで良いですが、生でもきざんでオーロラソースなどを掛けても行けますよ。 お試しあれ。 栽培も簡単、種も割と種売場で見掛けます。 路地でもプランターでも、梅雨のころから夏場にかけて良く育ちます。つるも、花も食べられます。写真はこれも私の家のです。

      1
      テーマ:
  • 10 Aug
    • ふだん草の本家 大変美味しいアカザのこと

      アカザは、野原はもちろん、空き地などにも良く自生しているのを見掛けます。 江戸時代には栽培されていたとのこと。これも大変美味しく、うちでは青野菜の夏の端境期には採って来て食べてます。レシピはふだん草と全く同じで簡単なものばかりです。 アカザの巣ごもりなどは野草料理の花形の一つでしょう。うずらの卵を乗せればよいのですから、私でも出来ちゃいます。自分でやった事はありませんけど。 実は前回ご紹介したふだん草の栽培も、私はやったことありません。家内にやってもらってます。家内でも出来るのですから、簡単ということです、ハイ。 ちなみに、アカザは葉脈の赤いアカザと白いシロザがあります。シロザの方が沢山分布しているとのこと、でも名前はアカザ。七不思議?いずれにも蓚酸は含まれず、結石の心配なしの優れものです。  アカザの巣ごもり

      テーマ:
  • 29 Jul
    • ふだん草のおすすめ <育てやすいです>

      前回 安心安全、美味、栄養豊富なお野菜であることをご紹介しました。 実は栽培も極めて簡単で、しかも虫が付きにくく。春蒔いとけば、良く発芽して良く育ち、春秋は云うに及ばず真夏も、真冬でも北関東あたりまでなら陽の当たりの良い所では、十分生育します。しかも2年に1度蒔けば良い2年草。 育ちが早く、良い季節には週2回位収穫出来てしまいます。ベランダのプランターで全くOK。 でも、関西では流通してるのに関東ではスーパーでも八百屋さんでもまず見掛けません。では関東ではどのようにして手に入れたらいいでしょう。 答えは簡単、自分で育てればいいのです、プランターで育つのですから。種は種屋さん、農協などで見掛けますが、無いときは春早めに頼んどけば取り寄せてもらえると思います。 なお、急ぎ食べて見たい方、どうしても種の入手の出来ない方は私宛ご一報下さい。何とかして差し上げられるかも知れません。 私の家で育てているものです。ご覧の通りあまり陽当たりが良くなくても育ちます。 プランターで。 これも私の家で路地植えしているもの。

      テーマ:
  • 21 Jul
    • ふだん草のおすすめ <美味しいです>

      野菜好きの私がおすすめする美味しくて栄養豊富な「ふだん草」のご紹介です。 安心安全 ほうれん草の仲間 アカザ科、でも蓚酸を含みませんからゆでこぼさなくても大丈夫。しかも虫が付きにいので通常無農薬です。 おいしい 関西では「うまい菜」の名称で流通している程くせが無く、実に美味しい。ですから色々なお料理に使えます。 栄養豊富 ほうれん草の仲間です、いわずもがな栄養豊富。ビタミン、ミネラル、しかも良質なファイバーも。 <調理法> お好きなようにお使い下さい。 例をあげておきますね。 ・お浸し ・胡麻和え ・味噌汁 ・からし和え ・白和え ・油いため(肉、ベーコンも) ・バター炒め ・オーロラマヨネーズ掛け ・青汁 ・ケチャップ掛   ほっとくとどんどん大きくなりますので、青汁には良いですが、食べるのには手の平位が食べごろ。 困ったことに関東の八百屋さんではまず見掛けません、入手方法は次号で。        

      テーマ:
  • 01 Jul
    • 続 私の名前

      さて前回に続き、 私の名前 もとひろ は親、親戚、小~中学の同級生まではそのままもとひろ と呼ばれていましたが、高校は私達の中学からは私1人だったので誰も知らず、最初からイチダイになってしまいました。その後は大学も、前の会社も皆イチダイ、そして今もイチダイです。偉くなりませんでしたけれど。 なお、謄本にはモトヒロのカナが付いていました、でも大学提出用の謄本を取りに行ったら、役所の人が、カナが付いてるとめんどうだから取る方が良いと言うので、では、と取ってもらいました。 家でこれを話したら、勝手なことをしてと、父は少々お冠でしたが、そのままになり、以来イチダイでもモトヒロでも勝手たるべしとなりました。 なお、私の名前の発端となった祖父の親友 巌谷一六さんは、明治期の書家として第一人者。泊まって行った折り、書いて下さった額が今も実家に残っています。 この方のご子息が一寸法師などの童謡、童話作家で有名な巌谷小波さんです。 巌谷一六さんのご子息 巌谷小波さん。この写真は、分福茶釜で有名な舘林の茂林寺に由来と共にありましたので、写しておいたものです。

      テーマ:
  • 15 Jun
    • 私の名前

      人の名前をネーミングとはあまり聞きませんが、一大のブログに使っている私の名前の出自です。 自分の名前につきましては、物心が付いたときから、犬が名前を呼ばれると自分のことだと分かるように、私も自分のことだと思って何の気なしに過ごして来ていました。 大人になってからふと祖母にその所以を聞いたら、父が祖父に相談しつつ付けたと言ってました。 家には名前の辞典のようなかなり分厚い古くからの本が有り、何やら頼まれると近所の人や、自分ちの子供の名前やらを付けていました。 私のはそれにも照らし、かつ祖父と親交のあった巌谷一六と言う人の名前が気に入り一六にしようと思ったようです。でも、真似るようなのもどうかと、一太にしようか、ちょっと変かなと一大になったとのこと。 祖父は昔々、当時日本で一番若く20代で村長になり、日本で一番長く村長してて私の生まれた頃までやっていたため、自分の名前がむずかしくて選挙のたびに大変だったとの思いがあり、一大なら簡単でよいと賛成だったとのことです。 ただ、一大だと偉くなったときは良いけど、成りそびれるとちょっと気が引けて可愛想と言うことでモトヒロとカナを振り、一件落着、親心。それで“モトヒロ”となったそうです。(つづく) 偉くなりそびれた私。

      テーマ:
  • 06 Jun
    • プリモフレックスの想い出

      トプコンフレックスから名前を代えたら良く売れるようになったプリモ、私の父もこのカメラを後生大事に使っていました。 ときが経ち、私共のフルード工業が始まった頃、お金が今よりさらに無く、古くなりもう使われなくなっていたこのカメラを借りて来て、家でも会社でも使っていました。 初期のフルード工業の広告やカタログ写真は、このカメラによるものです。もうシャッター速度は油切れから全く狂っていて、音の感じで写す羽目に。普通の方には少々むずかしいと思いますが、私は未だモノクロASA40(現JIS)時代中学で写真部の部長屋さんをして居り、露出も今のようにシャッターを押せばよく写る時代ではなく、空を眺め明るさを読み写していた時代に“鍛えられ”ていましたので、音でシャッタ-速度を感じ取れたんです。それで、なんと、ちゃんと、写ったのです。でも、少し小遣いも出来たので一度メーカーに持ち込んでオーバーホールをと、板橋の東京光学へ持ち込み、守衛室へ行ったら年配の守衛さんが偉く懐かしそうに、感慨深げに今でも使われてますか~って。 停年になり守衛室に来る前はこのカメラのシャッター速度の調整をやっていたとのこと。 昭和20年代中頃、未だシャッター速度も測定器は無く音で聞いて調整をしていたので、もうこれの調整の出来る人は居ないです、音で分かるならそれで良いとのこと。仕方なく持ち帰り、その後中版のマミヤプロSを買う日まで使い続けました。 そのときの守衛さんが慈しむような眼差しで古いプリモレフを手に持ち眺め続けていた姿は今も目に焼き付いています。半世紀近く昔のことです。 シャッター速度が全く狂ってしまったプリモレフで写した写真です。写真屋さんに露出計なしでシャッター音を聞き分けつつ写している話をしたら偉く驚いて、勘と言うものは鍛えると神業が出来るものなんですねと。初期のカラーフィルムはラチュードが非常に狭く、露出計なしは無理で、まして狂ったシャッターでは大変だったのです。 この写真、当時は色鮮やかに写っていたのですが、その頃のカラーの品質に加え、何分にも50年近くの年月が経っているため、アルバムを開いたらかなり劣化が進んでました。腕自慢がお目にかけられず残念です。

      テーマ:

プロフィール

一大(いちだい)

自己紹介:
フルード工業株式会社代表取締役

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ランキング

総合ランキング
655142 位
総合月間
385142 位

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。