昨夜リビングの長イスでうたた寝して、12時頃「寒い」と思って起きたら喉がイガイガして風邪っぽい。嫌だなと少し思ったが、寝る前にFESのヤローエンバイロメンタルソリューションとマゼンタセルフヒーラーをワンタッチスプレーだけして寝てしまった。

今朝、6時半に起きたが喉のイガイガは治っていた。よかった!

リビングに行ったら、何とまたハイビスカスが元気に咲いていた。下は今朝のハイビスカスの写真。

赤いハイビスカスはこのところ1、2日おきに咲いている。ファイヴフラワーとマゼンタマントルがきっと効いている。

嬉しいなぁ
{81626FA6-EAD0-49BC-8EAC-6F674972A140:01}

AD
何だか忙しく最近ブログ書いていませんでした。が「千の花束」のブログを書いているミルフィーのブログを読むといいなあと思って私も刺激を受けてもっと書こうと思いました。

実は今年6月に買ったハイビスカスが、1昨日と昨日も咲いていたのですよ。今月になってからも毎日ということではなくポツリポツリと咲いていていたのですが10月も20日にもなって咲くハイビスカスの真っ赤な花には感激しました。

もちろん昨年買ったハイビスカスも花は今は咲かないけれどとても元気。

私は窓際にある花には毎朝、エッセンスが入った水をあげています。以前はバッチのレスキューを薄めたボトルから1、2滴全く適当に1リットルの水差しに入れてお花にやっていました。

がFESのレンジオブライトシリーズのエッセンスを入れた水をお花にあげると開花期が長く、咲かなかったお花も元気よく咲くという経験をしたので、以来レスキューにプラスしています。

エッセンスの効果など知らない我が家の花たちがもし話せたら、私に以下のように言うでしょう。

「フラワーエッセンス、私たちも大好き!」



AD

めまいとエッセンス

テーマ:


暑くて、多忙な日々で、私は、
先日、朝ベッドから、起きようとすると頭がくらくらして、なんだか歩けない感じになってしまいました。脳が見ている方角が2つあって、一つの方向に進めないのです。「まいったなあ」と思いました。ふと天井を見上げると少し、ぐるぐる回っているようでもあるし~、で取り合えず、薄めたレスキューを飲んで、こめかみ、両手首につけると長椅子で、新聞を読もうかな?という気持ちになりました。しかし、このままでは、いけないと思い「めまい用のエッセンス」のミックスボトルを作りました。ずいぶん以前に私は「メニエール病」になり、長い間、元気のない生活を送りましたのでその時の症状を思い出したからです。

ここでプラクティショナーとしての知識が役立ちました。午後からほぼ普通の生活に戻り、翌日は朝から講座にたち、その他の仕事や旅行をし、今この原稿を書いています。私たちの体は、相対的なバランスの峰に健康と病気が、シーソーゲームを楽しんでいるようです。こんな時で
も、病気とエッセンスの基本的な知識があれば、長引かせることなく、自分や家族そして、人々を健康の峰に向けてきっちりサポートしていけることは幸せなことだと本当に思いました。
ちなみに以下はそのとき私が選んだエッセンスです。

☆レスキュー(緊急用に欠かせません)☆エルム(症状が激しい場合に)☆アスペン(自律神経のバランスに)☆スクレランサス(一つの方向に定まらない時に)☆スターオブベツレヘム(ショックな気持ちに)





AD

詩人の茨木のり子さん

テーマ:
今日のお昼頃から世田谷文学館に詩人の「茨木のり子」展に出かけました。私の講座の資料にも茨木のり子さんの詩をよく使っています。

私の好きな詩に「汲む」があります。

汲む   

大人になるというのは
すれっからしになるということだと
思い込んでいた少女の頃
立居振舞の美しい
発音の正確な
素敵な女の人と会いました
そのひとは私の背のびを見すかしたように
なにげない話に言いました

初々しさが大切なの
人に対しても世の中に対しても
人を人とも思わなくなったとき
堕落が始まるのね 堕ちてゆくのを
隠そうとしても 隠せなくなった人を何人も見ました

私はどきんとし
そして深く悟りました

大人になってもどぎまぎしたっていいんだな
ぎこちない挨拶 醜く赤くなる
失語症 なめらかでないしぐさ
子どもの悪態にさえ傷ついてしまう
頼りない生牡蠣のような感受性
それらを鍛える必要は少しもなかったのだな
年老いても咲きたての薔薇 柔らかく
外にむかってひらかれるのこそ難しい
あらゆる仕事
すべてのいい仕事の核には
震える弱いアンテナが隠されている きっと……
わたくしもかつてのあの人と同じぐらいの年になりました
たちかえり
今もときどきその意味を
ひっそり汲むことがあるのです
昨年の夏に買った真っ赤なハイビスカスの花が冬を越し今年もすでに2つ目の花を咲かせました。
2階の窓辺にシクラメンの鉢と一緒に置いて、朝おきると冬の間もペットボトルにいれたレスキュー入りの水を気がついたらやっていました。

葉は貧弱で、茎だけは高く伸び、明らかに世捨て人のような雰囲気なので5月の半ばに最初の花を見つけた時にはビックリ!花は太陽に顔を向け、私には背を向けて咲いていましたが、「人生楽しいじゃん」と言っているようですこし私もウキウキ。

FESにハイビスカスのエッセンスがあります。わが家の貧弱なハイビスカスの花からさえも健康なセックスアピールを感じました。

以前夫婦の問題でカウンセリングにご相談に来られた方にお勧めしたエッセンスの1本がハイビスカス。人生辛いこともあるが、楽しいこともあるよ、だから愉快に過ごそうよ!と2人に呼びかけてくれたのでは?