一般社団法人 フラワーフォトセラピー協会 代表のブログ 

フラワーフォトセラピーは、望む人生を妨げるこころの奥の感情を花の写真で0%にする心理セラピーです。協会がどんな活動をしているのかご紹介します

こんにちは。フラワーフォトセラピー協会の内藤です

たくさんのブログから ご興味をお持ちいただき、ありがとうございますブーケ1

黄色い花 ぜひ、7日間の無料メールセミナーにご登録ください音譜

  フラワーフォトセラピー協会のトップページで  ご登録  できます


⋆ 【お詫び】 一時、誤ってリンクされ、ご迷惑をおかけしました、

 現在、訂正しております。ご登録をお待ちしております。


とりあえず、気になる花の写真で

今の心の状態を写真でチェックしたい方は こちら   

愛の状態を写真でチェックしたい方は こちら     をご覧ください

 

クローバー 「花の写真で あなたの課題に潜む

感情のブロックの発見と解放が 1回で体験できる講座」

 ぜひ、ご参加ください

 体験講座・認定講座の日程 こちら  

黄色い花  各地のセラピストご紹介 こちら

黄色い花  協会代表のセラピーの希望はこちらから どうぞ



NEW !
テーマ:

こんにちは。フラワーフォトセラピー協会の内藤由貴子です。
 
 好きなことを仕事にのテーマで、何度か書いてきました。


 若干、辛口のお話をしたかもしれません。


 なので、今日は私がなぜ、こんな仕事をするに至ったか、
皆さんのお役に立ちそうなことを選んで、書いてみたいと思います。


 実は、今の仕事に入ったのは、

「他に生計を立てる方法を思いつかなかったから。」
というのが、正直なところです。(笑)


 考えてみれば、今、セラピストでは食ってはいけない、と思っている人が多いのに

「これでしか、食べていけそうもない」と思ったこと自体、今考えると、


「なんて、無謀な選択だったんだろう…!」と思います。(苦笑)


 そんな選択をした理由は、2つ。


 1、会社員として、採用されそうもなかった(笑)


 2、目の前に、セラピストを名乗って、食べている人がいた。


 1、について


 私の前職は、デパートのカルチャースクールでの講座開発でした。
 その仕事自体、大好きで、今考えると今の仕事とかなり同じだな、と思います。


  とりわけ、自分が開発した講座で、「受けた人の人生が変わっていく」体験をしたことが、何よりでした。
 
 私はその仕事をする人材としては、有能だったと思います。

お給料をいただいて、天職のような仕事ができるなんて、素晴らしい!と思っていました。


 そう聞けば、「なぜ辞めた?」と思われるでしょうか?

 私は続けたかったのですが、会社が、私のいたカルチャースクールの閉鎖を決めたからです。

黒字でしたが、そのスペースに違うものを導入したかったのだと思います。


 それでも、他のカルチャースクールのある店舗に異動をお願することもできたと思います。


 でも、当時、カルチャースクールのデパートの役割は終わったようなことを言われ、
異動先もまた閉鎖したら、その後、どんな仕事に行くのかわからない、と思いました。


 それにその1年ほど前には大病をして、休職したこともあり、病ではなく「休む」ことも魅力でした。自分を見つめ直すという意味でもです。

 それで、辞めるなら今、と思ったわけです。でも、ちょっと自分の力を過信していたかも。


 そして、辞める時のお休みで、自分でも講座のお願いをした先生によるオーラソーマⓇというカラーセラピーのライセンスを取る講座を受けました。97年のことです。


 その時は、自分へのご褒美くらいのつもりで、仕事にするとは思っていませんでした。


 だから、受講後に、やっと転職活動を始めて、愕然としました。仕事がみつからない…。

それでも、何とかもぐりこんだ会社は、1年足らずでお給料を払えないと言います。


 またもや失業…


 そして前職に近い仕事の企業を受けて、何度も呼ばれて、「受かるかな?」と思ったら、何故か不採用…


 でも、その間、オーラソーマの上のレベルは、受けることができました。平日で、普通ならありえないタイミングで、休みが取れたからです。


 99年になって、再失業をし「私はもう、会社員にしてもらえない」そんな感覚にとらわれ、


 では、「何をすれば食べられるのか?」と自分に尋ねたら、

「今、学んでいるオーラソーマでは?」  
と、実に消去法で導き出した、好きだから!とか 熱い思いもありません。

 「そこしかドアが開かれていない」、の思いで、その方向に行ってしまいました。


 仕事にするならと、講師の資格を取るために、99年には、イギリスまで行きました。

 

しかし、いったんそちらに道を決めると、面白いように仕事になって行きました。講師の資格も持っていたので、講師の話もむこうからやってきました。

 本当に用意されていたのかしら?と思われるくらいスタートが順調でした。

もちろん、ずっとそれで行けたわけではありませんが。


 2、は 私が学んだ先生たちは、それで食べていました。

 だから、成功例をみていたので、勝手に自分でもできると思っていました。


 これ、案外、大事かもしれません。「やっている人がいるのだから、私にもできないはずはない」というだけで、スタートしてしまったのですから。

 失敗例は、知らないのでフォーカスしていません。失敗すると思ってな買ったのがホンネです。


 「お役に立ちそうなこと」と書きましたが、無責任な内容だったかも。m(__)m


以上が、2つのことです


 ただ、今考えると、本当に不思議なんです。

 決めた道を進んでいると、見えない応援団が、力を貸してくれるような感じでした。

今、お世話になっているフラワーフォトセラピーの開発者の先生にお会いしたのも、99年です。


 そして、後から気づきました。「私は、好きなことを仕事にしている」と。


 そう言えば、好きと言う意識でもなく、カウンセリングや心理学の興味があったこと。

そんな仕事をしている人の記事をよく読んでいました。


 今で言うスピリチュアルもキライではなかったこと。


 実は、大学生の時、日本史学科で宗教史をやっていました。

しかしやっていたのは、民間信仰という、普通の人は選ばないジャンルでした。

 昔の人は、何にこころの拠りどころを求めていたのかを探っていました。

 江戸時代に、カウンセリングなんてありませんから。


 これは、今のスピリチュアルで、神社やお寺、神様にお参りするのと構造が同じだと、今にして思います。


  なにより、前職で「人の人生の変容に関われること」とセラピーや講師の仕事は同じだと気づいたのは、これを仕事にしてから数年たっていました。


 パズルのピースは自動的に、組み合わさっていったような感じです。

 

始めた時点で、会社員の過去は本当に過去になっていました。


 今、できることは何かをやって、今を生きることで精一杯でした。

 でも、未来は、今の延長にしかない。だから、今をより良く生きること。


 特に、お伝えしたいお役に立つことがあるとしたら、


「今、目の前にあることに懸命に取り組むこと。すると、何かが見つかるよ」。


 そこに好きなことの種はきっと育ってくるはずですよ
種は育ってから、気づくんです。芽が出て、特に花が咲くとね。 





 、、 


フラワーフォトセラピーを7日間で知っていただけますぜひご登録を!

※ メールセミナー7日間・無料受講の登録はこちら  


 フラワーフォトセラピー協会のサイトはこちら です


  最後に ↓ ぽちっとお願いします!
  



人気ブログランキングへ    、


 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。