言葉で伝わる心のブログ 笑顔の看護師 りょうこ

ようこそ
楽しいブログ、優しいブログ、あなたはどんなブログが好きですか?
ため息は、心の深呼吸。
一緒に笑顔になりましょう。


テーマ:
ようこそ 札幌 笑顔の看護師 りょうこ です

一般的に頚椎症(けいついしょう)とは、椎間板(ついかんばん)の弾力がなくなってクッションとして働かなくなり、首の骨と骨が直接こすれあって起きてくる症状のことをいいます。
がこすれると、形が変わったり位置がずれたりします。
そのために、神経が圧迫されて、いろいろな症状が起こるのです。

しかし、本来は頚椎症自体は病気ではありません。
「頸椎に年齢的な変化が起こること」を頚椎症と言います。
これは、誰にでも自然に起こる老化現象です。
特別な病気ではありません。
正確には「変形性頚椎症」といいます。

頚椎症になったことで、脊髄(せきずい)や神経根(しんけいこん)が圧迫されて、痛みやシビレが出ると病気です。
頚椎症になっていても、神経が障害される症状が出ていなければ、それはまだ病気ではありません。

この症状の病名は、「頚椎症性脊髄症」または「頚椎症性神経根症」といいます。
「頚椎症」は、このふたつの病気の代名詞なのです。
そして、どちらかといえば「神経根症」をさす場合が多いでしょう。


2つの神経によって違ってくる症状

頚椎の中には、ふたつの神経があります。
脊髄(せきずい)
神経根(しんけいこん)

脳から脊髄がおりてきて頚椎の中に入ります。
脊髄はそのまま頚椎を通って、胸椎や腰椎の中を進み、足の方へ向かいます。
脊髄から頚椎の外へ神経根というものが出ていきます。
神経が枝わかれして、手の方へ向かいます。


神経根症
脊髄から外へ伸びた神経根が圧迫されて起きる症状は、首から肩や手に限られています。足へ行く神経(脊髄)に障害がないので、腕の症状だけが起こります。
 手のシビレ、痛み
 
首から肩や腕にかけてのシビレや痛み
 
手の指が動かしにくいなど、腕や指のマヒ

脊髄症
圧迫された脊髄の場所によって、手だけでなく足にも症状が出ます
手に行く神経が圧迫されると、手の指が動かしにくくなったり、肘や肩が動かしにくくなります。
足の神経が圧迫されると、足がシビレたり歩きにくくなります。
階段の昇り降りが不安定になったりします。
ひどくなると、膀胱直腸障害(ぼうこうちょくちょうしょうがい)になって、尿や便が出にくくなったり、もれたりするようになります。


頚椎症性神経根症の治療

脊髄症は手術で治療することがありますが、神経根症はほとんど手術をしません。
「保存療法」で治療します。

腕や指の強い痛み、シビレなど、とても不快で苦痛な症状です。
発症した直後の症状は重いのですが、安静と薬の治療で楽になります。
手術をしない保存療法だけでよくなることが多いので、手術は必要ありません。

症状が強い時は、ステロイド剤の内服をすることがあります。
これは、副作用があるし薬のやめ方にも注意が必要なので、慎重に考えるようにします。
最近は「神経性疼痛(とうつう)」専用のとてもよい薬ができています。
商品名は「リリカ」というかわいい名前。
発売当初は、武田鉄矢がCMに出ていました。

内服薬で効果が少ない時に、神経ブロックという治療を行います。
神経ブロックは、内服薬で症状が改善しなかった人や、シビレや痛みだけでなくマヒがある人に行います。
整形外科では、このような順番で保存療法をおこなうことが多いようです。

わたし自身の患者体験では、ステロイドの内服は選択肢にはありませんでした。
麻酔科にも勤務しているので、内服よりも先に神経ブロックを行います。
即効性があって、副作用が少なく、安全な治療です。
できるだけ症状が出てからすぐに神経ブロックを行うと、悪化を防止するだけでなく、すみやかに症状が改善します。

ただし、すべての症状が神経ブロックでよくなるとは限りません。
人にもよるし、わたし自身も効果がある時と、それほどでもない時がありました。
けれど神経ブロックは、悪化防止と治りを早める効果が高いので、わたしや麻酔科医は、治療の第一選択として勧めています。
うまくいけば、薬を飲まずに済むからです。


神経ブロック

神経ブロックには、2つの方法があります。
星状神経節ブロック(せいじょうしんけいせつぶろっく)
深頚神経叢ブロック(しんけいしんけいそうぶろっく)


いずれも、熟練した麻酔科医が安全に行います。
どちらも注射ですが、見えないところにあてずっぽうに注射をするので
、手技の上手下手や、その時によって効果が一定しないことがあります。
それを改善して、いつでも最高の同じ効果を再現できるようにしたのが、エコー下神経ブロックです。
エコー=超音波で、筋肉血管神経目で確認しながら、最適な場所に注射をすることができます。
この神経ブロックを行うには、専用の機械を使いこなして治療できる麻酔科医がいなくてはなりません。

その他に、トリガー・ポイント注射というのがあります。
これは、単純な肩こりや、帯状疱疹(たいじょうほうしん)後の神経痛などで、実際に痛む場所に直接麻酔薬を注射します。
普通の筋肉注射とあまりかわらないので、誰でも安全に行うことができます。
ただし、局所麻酔で一時的に痛みを弱めているだけなので、薬の効果が切れると元に戻ります。
応急的な一時しのぎなので、根本的な治療にはなりません。
神経根症の症状を起こしている場所は、頚椎のすぐそばです。
神経の末端の痛みを感じる場所に注射をしても、原因となる神経の炎症部位には届きません。なので、直接的な治療にはならないのです。
苦痛をやわらげる補助的なものです。

神経ブロックが、どうして効果があるのかというと、炎症を起こしている神経に直接麻酔薬をしみこませるからです。
麻酔薬には、知覚をマヒさせるだけでなく、圧迫されて炎症を起こしてヒリヒリと腫れ上がっている神経をやさしく鎮める作用があります。
リラックスして周囲の血流をよくし、炎症の治りを早めます。


痛みやシビレだけの場合は、麻酔薬を単独で使用します。
わたしは、最初の神経根症と再発は、「星状神経ブロック」と「リリカ」の内服で治しました。
3度目の神経根症の再発で、それまでのC6(第6頚椎)からくる親指のシビレではなくて、新たにC4(第4頚椎)の範囲に知覚マヒが起きてしまいました。
首から鎖骨の周囲~肩までが、足が正座でしびれた時のように、感覚が鈍くて、触ったりお湯がかかるとビリビリと痛むようになったのです。

今回は神経の場所も変わっているし、炎症がいままでよりもかなり強く起きていました。
それで、深頚神経叢ブロックの注射液に、麻酔薬とステロイドを混ぜて使いました。
ステロイドの消炎作用はとても強いので、1回の神経ブロックで、不快なマヒが完全になくなりました
リリカの内服も必要ありませんでした。
ステロイドは、内服で全身に作用させるよりも、局所の使用の方が副作用が少なく安全です。そして、とても効果的


安静-枕の効果

内服や神経ブロックなどの薬を使う治療のほかに、もっと重要なのが「安静」です。「姿勢」といってもよいでしょう。
頚椎の骨の位置によって、神経の圧迫の度合いが変わります。
圧迫の少ない位置で安静にすることで、神経へのダメージを減らし、を促します。

起きて活動する時には、頚椎カラーが有効な場合があります。
わたしも、食事の支度や除雪の時には、頚椎カラーを付けていましたが、とても楽でした。(アマゾンで購入したものです)

    


わたしは、これを買いました。すみません、画像はリンクしていないです。
冬には最適でした。


よくない姿勢は、うつむきと反り返ることです。

  


そして、もっと大事な安静が「枕」です。
1日の約1/3を過ごすのです。
この時間に、必要な「安静」が確保できれば、治りをよくし再発防止にも効果があります。
重い頭がい骨の負担をなくすだけでも首にはよいのですが、その姿勢によっては悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

「枕」と一口にいっても、性別年齢体型首のカーブ寝具など、様々な条件によって選択が変わります。

わたしが使っているのは、ホームセンターなどで普通に売っている低反発枕です。
それを2個横に並べています。
どちらに寝返りをうってもいいように(笑)

   


高いほうを首のカーブに合わせます。
首が浮かないように、スキマをなくすのがポイント。
高さは、タオルなどをたたんで下に入れることで調節できるので、自分に合った高さを根気よく見つけていきます。

 高さ調節パッド付のものもあります。


   


横向きで、背骨がまっすぐになるのが理想です。


こんな風にタオルで試すこともできます。
今お使いの枕でも、じゅうぶん工夫できます。
いきなり高価な枕を買う必要はありませんね。



厳密に考えると、仰向けの時と横向きの時では高さが違うはずです。
そういう形状の枕も、高価ですが売っています。
どれがいいかは、実際に使って試さなければわかりません。
オーダーメイドの数万円もする枕もありますね。

自分のからだが納得する「枕」を、ぜひ見つけてください。

「枕」は、五十肩の治療と予防にも効果的です。
わたしは、寝返りをうてないほどの重度の五十肩になりましたが、その時は「枕」「星状神経節ブロック」で治しました。


第5回 頚椎症性神経根症/頚椎症性脊髄症

ありがとうございます


いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

言葉で伝わる心のブログ 札幌:笑顔の看護師りょうこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります