2016年10月19日

新設コンクリートのひび割れ抑制の工程とは?

テーマ:再振動高密度コンクリート工法

では、今回は再振動の工法の流れを説明させていただきます。

 

 

まずは均しです。

 

 

バイブレーターはポンプ1台に対し2機用意して、

細かく、密実にバイブ掛けします。

 

 

粗均し後に硬化を待ってからとんぼ均しを施します。

 

 

基本的なことですが、土間コンクリートは均しが肝心ですよね!

 

均しが雑だと全てがダメになってしまうので

妥協しないで丁寧に丁寧に均していきます。

 

 

均し終えてからしばらくするとブリーディング(水浮き)が始まってしまうので

それより前に”再振動振動機(サーファー)”でコンクリートに再振動をかけます。

 

 

さて、このサーファーはコンクリート表面のタンピングだけでなく、

直下70cm前後までサーファーの振動を伝えることで

綿密なコンクリートができます。

 

 

おわかりいただけますでしょうか?

 

初めに念入りにバイブレーターをかけても、

サーファーで再振動をかけるだけで

こんなに気泡が出てきます…

 

不要な余剰水も浮き上がり

ひび割れの原因になる水ミチや空隙がなくなり、

除去された水が表面に上昇してきます。

 

何度も繰り返し言いますが

密度が上がるということは隙間がなくなり、

コンクリートの強度上昇につながります!

 

 

image

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

一級建築施工管理技士:又吉雄二さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿