【ワシントン時事】核安全保障サミットに出席した鳩山由紀夫首相は13日夕(日本時間14日午前)、政府専用機で帰国の途に就いた。これに先立ち、首相はワシントン市内で記者団に「核テロの脅威に世界が協力し、情報を共有しようということができ、大変意味があった。日本はしっかりと存在を示すことができた」と同サミット参加の意義を強調した。
 また、首相は「オバマ米大統領が指導力を発揮できたことは意味がある」と述べ、「核なき世界」を掲げる同大統領の核軍縮努力を後押ししていく考えを示した。 

狩野探幽の障壁画をデジタル再製 京都・一休寺(産経新聞)
無免許で高速道路逃走、最後は駆け足(読売新聞)
海で胴体部分発見=女性会社員との関連捜査-福岡県警(時事通信)
調査捕鯨の鯨肉 値下げし販売へ(産経新聞)
<公訴時効見直し>刑事訴訟法改正案が参院通過 衆院へ送付(毎日新聞)
AD