一息×夢幻街×裏話

テーマ:
また前のブログから少し時間が経ってしまいましたが、今日はようやく夢幻街の裏話的なモノを書きます。



色々な所で触れましたが、夢幻街とは実際に台湾に在った「九龍街」という街をモチーフにした場所です。
その街は、調べて貰えると分かりやすいと思いますが、違法建築物が乱立した低所得者の棲むスラム街です。

この街を知ったのはMONDO GROSSOというアーティストの「ラビリンス」という曲のPVを見た事がきっかけです。

「シンプルに混沌が表現されている街だ」と思いました。



そのうちに、この街の不思議な魅力に取り憑かれ、自分の思考の迷宮に入り込んでいきました。
まさに、「ラビリンス」と言った所でしょうか。
多分、まだ迷っています笑。



さぁ、実際に本編の裏話を書きますが
一度おさらいをしておくと、この「夢幻街の観測者」はある一つの選択で分岐した二つのパラレルワールドが舞台になっております。

そのある選択とは「光に誰かが消える」というものです。
「少女が消える」か「少年が消える」か…。
その光は所謂、人智を超えた力で僕は「神の悪戯」と呼んでいました。


少女が消えた世界と、少年が消えた世界
この二つの世界が舞台になり、メインは少女が消えた世界。
その世界で少年は20年かけ、少女を探して学者になり神の悪戯に挑み続けています。

その世界を繋ぐ光をゲートと呼んでいましたが、そのゲートを少年は探していました。
その過程で弟子になりたいと申し出る人物がいる程の学者に少年は成長していきます。

長い上に説明不足感は否めないのですが、此処からその設定や裏話に触れていきます。


まず、作中で少年はそのゲートを探していますが
クライマックスで光も無くいつの間にか世界が繋がっている描写がありました。

原因は、その弟子になりたいと嘆願して来た青年がもう一つの世界の自分だった事にあります。
同じ世界に同じ人間が二人存在出来ないというタイムパラドックスの設定を使ったもので、その瞬間に二つのパラレルワールドは急接近してしまったのです。
二人の少年が会う事で世界は一つになり始め、その後、二人の少年に会った住人達は少しずつおかしくなります。
ただし、此処でおかしくなるのは、光に呑まれた事件が起こる前の少年を知っている事。
今作ではボン婆と篤子がその該当者です。
小雪は産まれていないので、少年達の影響を受けません。
そして篤子はもう一人の少年と会っていない。
よって作中で二つの世界の記憶が混濁するという現象が起きたのはボン婆だけだったのです。


書いてて複雑にし過ぎたなと段々反省してきました。
でも、今日はもう一つだけ

実は先程の二人の少年の邂逅は序盤に有り、かなり早い段階で世界は繋がっていたのですが
その影響を受けたのは向こうの世界にいるはずのアッシュ赤川とマダム・アッシュの二人

何気なくストーリーに出て来ていましたが、実は大きな裏話があります。
まず、アッシュ解体という解体業者の名前は邂逅以前には出て来ません。
初めに夢幻街を壊しているのは名も無き解体業者です。

そして、前半にだけ出てきたローブ姿の浮浪者。
僕らは「ヤバ男」と呼んでいました。
このヤバ男、実はメインの世界のアッシュ赤川なのです。
向こうの世界のアッシュは光に飛ばされた少女に出会った事で大成しました。
こちらでは出会えなかったので、浮浪者になってしまったんです。

ボン婆のセリフに「人生何が起こるか分からない」というセリフがありますが、この話はそういう話でした。

長くて読み辛かったかもしれませんが、此処まで読んで頂きありがとう御座います。

もう少し、次の記事で触れますが
また興味がある方はチェックしてみて下さい。

質問などが有れば、お答えしていければと思うので何らかの形でコメント下さい。

今日は以上です、ありがとう御座いました!
AD

夢幻街×終演×ご挨拶等

テーマ:
ブログでのご挨拶が遅くなってしまいましたが
劇団『昇心ハートブレイク』第五回公演
『夢幻街の観測者』が終演致しました。
半年間という長い期間を経て制作して参りましたが、無事に形にでき胸を撫で下ろしています。

本当に団員、携わって頂いた方達、そしてご観劇頂いたお客様、本当にありがとう御座いました。


{5FE4C3E9-8CD0-4E43-937C-AED2F4D6D3DE}




そして、今回の公演の裏話…ではないか
僕の独り言の様なものですが、公演を終えての想いを。



今回の公演は、僕の本当に作りたかった物を自分達の団体の実力で試したかった。
むしろ、そうでないと僕は納得出来なかったんだと思う。

勿論、此処まで色々な作品を作って、それは全て作りたかったものだった。
でも、今作は今までの作品とが違いテーマがない作品だった。
錆色のパルスの「生きる為に闘う」、銀火ヨミ物堂の「情報の取捨選択」、始まりは海の中での「踏み出す一歩」…
そういうものと違う、僕が30年生きてきた世界のありのまま…「人生」と言うのだろうか、説明会では「Imaginary」直訳すると「虚」と話した物。
これを表したかった。
いや、本当はその一歩先「虚の中で残る何か」だったのかもしれない…。


自分の中でも確かじゃないものにチャレンジするのは本当に怖かった。
でも、今やらなければ一生出来ないとも思ったから作った。
完成したのは、団員、参加者、そしてハトブレを応援してくれる人達の力が大きかった。

終わってみて思ったのは、とにかく僕の非力さ。
きっとこの公演を終えた今、作り始めた頃から実力的には何も変わっていない。
それどころか、自分の小ささが分かって縮こまった事の方が大きい気がする。

僕は非力だ、それが分かっただけでも個人的には充分だと思っているが…。



そんな僕が、それでも最後までやり切れたのは
参加者の存在が大きかった。
プレッシャーを上手くかけ続けてくれた人や、楽しんで参加してくれた人、そして高校生三人組が居てくれた事。
高校生の最後の想い出、静岡を離れる子もいる中で、何としても成功させたかった。
幸せな想い出にして、これからの人生を歩んでいって欲しいと思っていた。

その思いは団員もよくよく汲んでくれていた。
僕はポンコツだけれど、団員が最強なのがハトブレの良いところだ。

当日スタッフを手伝ってくれた人も丁寧な接客を意識してくれた様で、今日僕のお客様から褒めて頂いた。本当にありがとう御座います。



夢幻街の観測者は、僕の此処までの人生だった。
意味の分からない理不尽も、大切な人の死も、呆気なく人を殺す武器を振り回す人も、お金というモノの正体も、何気ないすれ違いも、側にいる人の存在も、笑いながら生きる大切さも、心の支えも、死に向かって生きていくことも…。
全て僕の人生で出逢ったもの。


出し切った。
間違っている事もあったかもしれないけれど、それはまた学んでいきます。
その時間は沢山あるから。

次の作品は、夢幻街とは全く違うハートフルな作品をやります。
昔、事務所にいた頃に東京で書いて上演した作品です。
勿論これも僕の人生の一つ夢幻街とは全く違うお話です、是非お楽しみに。

それでは、本当にありがとう御座いました。
近いうちに本当の夢幻街裏話書きます。

{4C398D06-53EC-4C3D-A74E-2C616F78ABDD}


AD

新年×惑い×断ち切り

テーマ:
もうだいぶ経ちましたが
新年、明けましておめでとう御座います。
ご挨拶が遅くなってしまいましたが、どうぞ今年も宜しくお願い致します。

昨年から作り続けている来月の公演「夢幻街の観測者」に熱中していたら、いつの間にか年が明けていました。
挨拶もしないで!ろくな大人じゃねぇな!と思ったりもしますが、この歳でやりたい事に没頭している辺り、まだまだ若いじゃないと自分を甘やかして有耶無耶にしてしまいたいです。
本当にごめんなさい。



さて、気付けば本番まで一月
今日の稽古で新年に入って全員の顔を見る事が出来ました。
うん、いいね!
上手くエンジンがかからない人が何人かいるけど、そんなもんだ。
俺もグダグダだし。
でもさ、何でだろうね?不思議と余計な不安は無いんだよ。
まだやるべき事は山程残ってるから油断はダメなんだけど、大丈夫イケると思ってる。


結局物作りに不安なんて要らない
やりたい事やるのが表現
思いっきりいこう。
此処から、これからも。
余計な事は要らない。

楽しみにしててね、夢幻街!

↓懐かしのチラシ初期Ver.
(あ、募集締め切ってるからね)
{F2ECDF25-0786-4AD4-9E7F-65E32C5ED9C0}




さて、この一月くらいで夢幻街について思ったこと。

俺は今作に結構色んなものを詰めて、籠めて、賭けた。
俺が後悔しない為に書いて、作ってる。
演劇でも日常でもそうだけど、俺は昔から器用な人間じゃない。

一つの事しか出来なくて、自分なんか居なくても良いって思ってて、誰かが笑ってるのを少し離れた所で見てるのが好きな人間で。

でも、寂しがり屋で負けず嫌いで、良いカッコしいな男で。

本当に自分でロクなもんじゃねぇなぁって思ってる。

でもだからこそ、書ける作品が有るんだ。


{08FF4F23-B457-44E3-A8ED-5AAF53E0BADB}


自分が弱いのは重々知ってる。
だけど、この作品を作ってて、数年ぶりにせめてこの作品の間だけでも強くなりたいと思った。

泥だらけになっても全然良いから、前に進みたいと思ったんだ。

大事なものいっぱい捨てても、終わって何にも残らなくても、構わない。

生きようと思えた作品になった。


みんなのおかげでね!
今まで俺と関わってくれた人達、そして今俺と関わってくれてる人達。
そして当日観に来てくれるお客さん。



俺は生かされてる、生かされてるんだ。
まだ、やれる事が有る。


ふと、そう強く思えた年明けになった。
まだまだ、行ける。

{D0BA4E2A-2D67-4D6A-8AA7-DC3C3A935331}

AD